スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き算の美学

日本の文化は引き算にある

なぜ引き算の美学が本質にせまる考え方なのか。
それには、 
 日本独特の文化にその答えがあります。

たとえば
 日本の料理は
  素材本来の旨さを引き出す調理法です。

素材の中にある
 苦味や臭みなどの
 余計なものを取り除き、
 素材そのものの旨みを引き出すために
 調味料を使います。


一方で、
 欧米諸国の調理法は
 「足し算」です。

素材の
 苦味や臭みを補うように
 ソースをたっぷりとかけます。

もちろん
 すべての日本料理、
 欧米料理がそうであるとは限りません。

日本の文化には、
 引き算の美学を語れるものがたくさんあります。

一歩引いた謙虚な姿勢もまた、
 心の中のこだわりを削ぎ落とすことです。





足し算では息苦しくなる

足し算とは、
 消費生活そのものを差します。

今の日本は、
 モノに溢れかえっていることは
 誰もがご存知だと思います。

どんなに仕事を頑張ってたくさん稼いでも、
 消費そのものを見直さないかぎりは、
 心豊かに生活はできません。

「あれが欲しい、これも欲しい」
「やっと手に入った!でも次はこれが欲しい」
「あれもいいけど、これも捨てがたい」

自分の生活に足りていないものばかりに目がいってしまうと、
 このように欲しい欲しいと足し算の生き方になります。

そうして、
 果てはローンを組むような
 息苦しい現実をつくってしまうのです。

僕も多額のローンを組んで
 お金に苦労した時期がありました。

そして、
 世の中は誘惑で溢れ返っています。

コマーシャルや広告など、
 なんども刷り込まれるように情報が入ってきます。

足し算の息苦しさを断つには、
 入れる情報を削ぎ落とす必要があります。



僕たちは、
 健康のために食材の栄養には気を使いますが、
 目には見えない心の栄養には、
 案外うといものなのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: