スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営者から担当者まで、全てのビジネスパーソンにとっての必須知識「企業ピラミッド」

コンサルタントが世界一やさしく教えるビジネス思考(21)
太期 健三郎 だいごけんざぶろう
ワークデザイン研究所 代表

「企業ピラミッド」という言葉を聞いたことはありますか? 企業経営に必要な要素をピラミッドに喩(たと)えたものです。企業理念、ビジョン、経営戦略、オペレーション、スタッフ各自のアクションと、抽象度の高いものから具体的なものへ繋がっていきます。
企業で働くビジネスパーソンにはぜひ知っておいてほしいビジネス思考です。同時に、仕事を離れた一人の人間として幸せに、充実したLIFE(生活、人生)をおくるためにも役立つ考え方です。

■企業ピラミッドを構成する要素

エジプトのピラミッドが何層にも石が積まれているように、企業ピラミッドもいくつかの階層で構成されています。



1. 頂点にあるのは企業理念です。企業理念は、企業の存在意義や使命(ミッション)を普遍的な表現で示すものです。

2. 二段目のビジョンは、経営理念に基づいて、ある時点までに(例えば10年後までに)「このような姿になっていたい」と目指す状態、イメージです。

3. 三段目には経営目標がきます。経営目標は、経営理念を実現するための目標を定量的(数値)、定性的に示すものです。長期的なビジョンに比べると、3カ年、5カ年など中期の目標を策定します。中期経営計画と呼ばれることもあります。

4.四段目は経営戦略です。経営理念、ビジョン、経営目標を実現するための方策です。経営戦略は、全社的な視点(全社戦略)、個別事業の視点(事業別戦略)、機能ごとの視点(機能別戦略)という三つの視点で策定されます。


① 全社戦略

どの領域(事業ドメイン)で戦い、どのように事業を組み合わせ(事業ポートフォリオ)、経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報)を配分するかを決定します。複数の事業を推進する場合、企業全体の視点で全社最適を計らなければなりません。

② 事業別戦略

各事業において競争に勝つために事業戦略を考えます(※注)。例えば、総合飲料メーカーでは、清涼飲料事業、健康飲料事業(お茶、ミネラルウォーター)、アルコール飲料事業など、事業ごとに戦略を策定します。事業戦略では各事業の個別最適を追い求めてしまいがちです。そこで、前述したように、全社戦略で事業間のシナジー(相乗効果)、経営資源の配分などの全体最適を考えるのです。
※注:単一の事業しか持たない企業では、全社戦略=事業戦略となります。

③ 機能別戦略

事業別戦略を実現させるために、人事、財務、マーケティング、研究開発、生産、営業、情報、など機能ごとの視点で策定されるものが機能別戦略です。

5.最後の五段目にはオペレーションがきます。オペレーションは戦略を実現するための戦術で、具体的な行動計画(アクションプラン)に展開していきます。部門別、個人別に行動計画として落とし込み、一つひとつを確実に推進していきます

経営目標、経営戦略が十分に実現されている企業はオペレーションがしっかりしています。一番下の土台が本物のピラミッドを支えているように、企業ピラミッドもオペレーションを行う現場の人たちの働きが支えているのです。

20170202 1401

『ビジネス思考が身につく本』(太期健三郎著 明日香出版社)の図表を基に作成 (クリックして拡大)

■整合性、一貫性はとれているか? シナジーは?

企業ピラミッドを構成する要素は、一貫性と整合性を保たせる必要があります。

一貫性、整合性とは、縦の一貫性(企業理念からオペレーションまでの階層)、横の整合性(事業間、機能間)、全体での整合性、そして、時間軸での一貫性、整合性です。

長い時間成長し続けている企業は、一貫性、整合性が保たれているのです。

そして、経営目標、経営戦略、オペレーションなどは策定するのが大事なのではなく、確実に実行されることが何よりも重要です。そのために、各階層でPDCAサイクル(※注)を廻(まわ)していくことです。計画し、実行し、計画通りに進まなければ軌道修正をします。その上で、各活動プロセスと成否の結果を振り返り、社内にナレッジとして蓄積します。そのような愚直な企業活動を続ける企業は、強い企業として成長していくのです。

※注:PDCAサイクルPlan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(修正)の頭文字をとったもので、業務の品質の維持・向上や継続的改善を推進するマネジメント手法です。



ビジネスパーソンとして、自分が働いている企業のピラミッドを考えることはとても意義のあることです。各構成要素の内容、そして、全体としての一貫性、整合性が保たれているかを一度、考えてみましょう。これを行うことにより、目の前の仕事を処理するだけでなく、自分の仕事、所属する部署の役割、業務が、企業の中でどのような位置にあり、機能しているのかということが分かります。

それを行った後は、顧客企業や、競合企業などの企業ピラミッドを同様に考えてみてください。

それらの思考プロセスを通して、仕事における中長期的な視点、大局観を得ることができます。



■自分ピラミッドを描くと、人生は幸福で充実したものになる

企業ピラミッドについて理解してもらえたと思います。これは、個人のLIFE(生活、人生)にも使えるものです。

企業理念、ビジョン、経営目標、経営戦略、オペレーション。これらを個人のLIFEに置き換えるとどうなるでしょう?

企業理念は、あなたの価値観、信条(ポリシー)、行動指針などに該当します。

ビジョンと経営目標は、個人に置き換えれば、10年後、20年後、何をやっていたいか、どのように生きていたいかというイメージ、目標、計画となるでしょう。

経営戦略は、上記の目標、計画を実現するための方策です。企業での事業別戦略は、個人ではいくつかの役割と考えてみると良いでしょう。個人としての役割、仕事人の役割、夫もしくは妻の役割、親としての役割など、それぞれの役割ごとに戦略を策定しましょう。

機能別戦略は、戦略を実現するための手段、方法として「健康戦略(健康と体力)」「成長戦略(学びと成長)」「財務戦略(文字通りマネープラン)」「生産戦略(仕事の生産性)」「キャリア戦略」などが挙げられます。

オペレーションは上記戦略を実現するためのアクションプランです。具体的な行動計画に落とし込み、一つひとつ実行していきましょう。

自分の個人ピラミッドを考えることで、企業ピラミッドをリアルに理解することができます。同時に、幸福で充実した人生をおくる一助になるのではないでしょうか。



(今回のコラムは、以下の書籍を参考にしました)

『仕事が10倍速くなる ビジネス思考が身につく本』 (太期健三郎著 明日香出版社)

『知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100』 (永田豊志著 ソフトバンククリエイティブ)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: