スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報告と連絡の違い

どんな会社でも、
 ほうれんそう(報告・連絡・相談)が
 大事だと教えられます。


しかし、相談は別としても、
 報告と連絡の違いは何かと尋ねられると、
 答えに窮するかもしれません。

報告と連絡の境界線は非常に曖昧です。

報告と連絡の違いは辞書を引いても、
 その明確な違いを特定することはできません。


ビジネスで一般的な解釈は、
 
報告とは、
 命令や指示を受けている仕事について上司に結果を伝えることです。
 伝える対象者も上司などに特定されていて、
  主に組織の縦方向に伝えられます。

連絡とは、
 報告よりも広範囲で相手が特定されず、
 組織の縦方向だけでなく、横方向にも伝えられます。


飲み会における「連絡」と「報告」を考えるとその違いがより明確になります。

飲み会における「連絡」というのは、
 これから行われる飲み会の日時や場所のことについて誰かに伝えることです。

ところが、
「報告」とは
 飲み会を実施したあと、
 みんな盛り上がったのか、
 有意義だったのかを誰かに伝えることです。


たとえば、
飲み会の真っ最中に本日の欠席者に電話して
 「いま、盛り上がってるよ」と伝えることは、
 状況"連絡"とはいわず、
 状況"報告"という言葉が適しています。


また、火事が起きたとき、
 「どこそこで火事が発生しました。
  至急、消防署に"報告"してください」とはいいません。

この場合、
 消防署に"連絡"してください、
 が正しい表現でしょう。

このように
「連絡」とは、
 これからのことを伝えることであり、

「報告」とは、
 既に起こったことを伝えることです。


両者を厳密に区別する必要はありませんが、

「連絡」は
 未来について、

「報告」は
 過去について、


 と覚えておくとよいでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

分かりやすいですね。納得しました。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: