17条の憲法

604年、17条の憲法は、
 聖徳太子(しょうとくたいし)によって定められたといわれている
 日本で最初の憲法です。

この17条の憲法は、
 今の憲法とはちょっと違い、
 役人が守るべき決まりごとを定めた憲法です。

17条というくらいだから17の項目から出来てるよ。
分かりやすいように簡単な現代語訳もつけときますね。


1)和(わ)を以(も)って貴(とおと)しとなし・・・

 (和とは平和の和だね。
  つまり、簡単にいってしまえば
  みんな仲良くしろよってことですね。)

2)篤(あつ)く三宝(さんぼう)を敬(うやま)え・・・

 (三宝とは仏・法・僧のことなので、
  仏様、またその教えやお坊さんを大切にしなさいってことですね。)

3)詔(みことのり)を承(う)けては必ず謹(つつし)め・・・

 (詔というのは、天皇からの命令のこと。
  天皇の命令は絶対従うように)

4)群卿百寮(ぐんけいひゃくりょう)、
 礼をもって本(もと)とせよ・・・


 (群卿百寮っていうのは、
  天皇に仕える役人の人、
  その人たちは礼の精神を持ちなさい)

5)餮(あじわいのむさぼり)を絶ち、
  欲(たからのほしみ)を棄(す)てて、
  明らかに訴訟(うったえ)を弁(わきま)えよ・・・


 (饗とは、お酒やおいしい食べ物のこと。
  これらやお金や物の物欲を棄てて、訴訟を厳正にしなさい。
  まぁ、賄賂とかに惑わされちゃダメよってこと)

6)悪を懲(こら)し善を勧(すす)むるは、
  古(いにしえ)の良き典(のり)なり・・・


 (悪を懲らしめ、善を勧めるのは、
  昔からの良い風習です。
  ここは、そのまま読んでもわかるね)

7)人各(おのおの)任有り。
  掌(つかさど)ること宜(よろ)しく濫(みだ)れざるべし・・・


 (人には、それぞれ任務がある。
  その任務をやるには忠実に全うし、
  権限を乱用してはダメよ)

8)群卿百寮、早く朝(まい)りて晏(おそ)く退け・・・

 (群卿百寮は、4)にも出てきたけど天皇に仕える役人でしたね。
  役人は朝早くに出社して、夜遅くまで仕事しなさいね)

9)信はこれ義の本(もと)なり。
 事毎(ことごと)に信あれ・・・


 (信とは、誠実、信用、真心みないなもの。
  これは人の道の根本である。
  何事にも、この信が無ければいけない。)

10)忿(こころのいかり)を絶ち瞋(おもてのいかり)を棄(す)て、
  人の違(たが)うを怒らざれ・・・


 (心の中の怒りをなくし、表情に怒りを見せず、
  人が自分と違ったことをしてもあんまり怒らないように)

11)功過(こうか)を明らかに察して、
  賞罰必ず当てよ・・・


 (功過とは、手柄や過ちのこと。
  これを明らかにして、それに見合う賞罰をあてがうように)

12)国司(こくし)国造(こくぞう)、
  百姓(ひゃくせい)に斂(おさ)めとることなかれ・・・


 (国司や国造は、人民から勝手に税金をとるなよ・・・)

13)諸(もろもろ)の官に任ずる者
  同じく職掌(しょくしょう)を知れ・・・


 (役人たちは、同僚達がやっている仕事もちゃんと理解しておくように。)

14)群臣百寮、嫉妬(しっと)あることなかれ・・・

 (役人は嫉妬なんてしちゃダメよ。)

15)私に背(そむ)きて公(おおやけ)に向うは、
  これ臣の道なり・・・


 (自分の欲望などを棄てて、公務に向かうのが役人の道である)

16)民を使うに時をもってするは、
 古(いにしえ)の良き典(のり)なり


 (国民に何かを課すときは、時期をよく考慮するように。
  これは昔からのよい教えです)

17)それ事(こと)は独(ひと)り断(さだ)むべからず。
  必ず衆とともによろしく論(あげつら)うべし


 (重要なことは、1人で判断しないように、
  必ず皆で話し合って決めましょう)


17条の憲法はこのようなことが書かれています。
 ちょっと注目したいのが、
  1~3条。
  1条で和のことが書かれており、
  次に仏様のこと、
  その後にやっと天皇のことが書かれています。

 このように、聖徳太子が当時、
 いかに和や仏教を大切に思っていたかがわかりますね。
スポンサーサイト

十七条の憲法

聖徳太子が憲法を草案したのは
 推古天皇十二年(西暦六〇四年)です

きっかけは、
その六年前の冬のこと、越後の国の国司から「巨大な白鹿」を献上された時、
 角が十七支胯に分かれていたところから、
 十七条の憲法を思いついたと言ういわれがあります。

しかし、
 他説では、天の九極星と地の八極星を合計して十七という数を絶対的なものとみた、
 という説があります。

十七条の憲法 現代語訳

第1条 
 お前ら仲良くしる

 
一に曰く、
  和(やわらぎ)を以て貴しと為し、
  忤(さか)ふること無きを宗とせよ。

 人皆党(たむら)有り、また達(さと)れる者は少なし。
 或いは君父(くんぷ)に順(したがわ)ず、
 乍(また)隣里(りんり)に違う。

 然れども、上(かみ)和(やわら)ぎ下(しも)睦(むつ)びて、
 事を論(あげつら)うに諧(かな)うときは、
 すなわち事理おのずから通ず。
 何事か成らざらん。

第2条 
 仏様とお経と坊さんは大切にしろよ


二に曰く、
 篤く三宝を敬へ。三宝とは仏(ほとけ)・法(のり)・僧(ほうし)なり。

 則ち四生の終帰、
 万国の禁宗なり。
 はなはだ悪しきもの少なし。
 よく教えうるをもって従う。
 それ三宝に帰りまつらずば、
 何をもってか柱かる直さん。

第3条 
 天皇陛下の詔勅は謹んで受けろ


三に曰く、
 詔を承りては必ず謹(つつし)め、
 君をば天(あめ)とす、
 臣をば地(つち)とす。

 天覆い、地載せて、四の時順り行き、万気通ずるを得るなり。
 地天を覆わんと欲せば、則ち壊るることを致さんのみ。
 こころもって君言えば臣承(うけたま)わり、上行けば下…(略)

第4条 
 役人は礼儀と身分をわきまえろ


四に曰く、
 群臣百寮(まえつきみたちつかさつかさ)、
 礼を以て本とせよ。

 其れ民を治むるが本、必ず礼にあり。
 上礼なきときは、下斉(ととのは)ず。
 下礼無きときは、必ず罪有り。
 ここをもって群臣礼あれば位次乱れず、
  百姓礼あれば、国家自(おのず)から治まる。

第5条 
 人を裁く奴は賄賂とかに惑わされんなよ


五に曰く、
 饗を絶ち欲することを棄て、明に訴訟を弁(さだ)めよ。(略)

第6条 
 DQNは叩け。いいことしろ


六に曰く、
 悪しきを懲らし善(ほまれ)を勧むるは、古の良き典(のり)なり。(略)

第7条 
 役人はちゃんと自分の仕事をしろ


七に曰く、
 人各(おのおの)任(よさ)有り。(略)


第8条 
 役人は朝早く出勤して夜遅く帰れ。
 きっちり定時なんかに帰るなよ


八に曰く、
 群卿百寮、早朝晏(おそく)退でよ。(略)


第9条 
 信用は大切だぞ


九に曰く、
 信は是義の本なり。(略)


第10条 
 他人が何か間違ったことしてもあんまり怒るな


十に曰く、
 忿(こころのいかり)を絶ちて、瞋(おもてのいかり)を棄(す)て、
 人の違うことを怒らざれ。人皆心あり。
 心おのおのの執れることあり。
 かれ是とすれば、われ非とす。
 われ是とすれば、かれ非とす。
 われ必ずしも聖にあらず。(略)


第11条 
 功績や過ちはハッキリさせて、賞罰とかその辺きっちりさせろよ


十一に曰く、
 功と過(あやまち)を明らかに察(み)て、賞罰を必ず当てよ。(略)


第12条 
 役人は住民から搾取しちゃダメだろ


十二に曰く、
 国司(くにのみこともち)・国造(くにのみやつこ)、百姓(おおみたから)に収斂することなかれ。
 国に二君非(な)く、民に両主無し、
  率土(くにのうち)の兆民(おおみたから)、王(きみ)を以て主と為す。(略)


第13条 
 役人ども、おまいらは同僚が何やってるかはきっちり知っておけよ


十三に曰く、
 諸の官に任せる者は、同じく職掌を知れ。(略)


第14条 
 役人は他の市とかの方が給料高いからって妬んだりすんな


十四に曰く、
 群臣百寮、嫉み妬むこと有ること無かれ。(略)


第15条 
 役人どもはてめー財布のことばっかり考えてないで国のために働け


十五に曰く、
 私を背きて公に向くは、是臣が道なり。(略)


第16条 
 国民に何か課すときは、必ず時期とか空気読んでやれよ


十六に曰く、
 民を使うに時を以てするは、古の良き典なり。(略)


第17条 
 重要事項は会議して決めろ。ひとりでコソコソやんなよ


十七に曰く、
 夫れ事独り断むべからず。
 必ず衆(もろもろ)とともに宜しく論(あげつら)ふべし。(略)

聖徳太子

飛鳥時代の政治家。

天皇中心・仏教中心の国づくりを進めたよ。

574~622年(飛鳥時代)。
用命(ようめい)天皇の第二皇子。
自分は天皇にはならず、摂政(せっしょう)となっておばである推古(すいこ)天皇の政治を助け、
 天皇中心の国づくりを進めた。
才能や功績に応じて役人に位を与える冠位十二階(かんいじゅうにかい)や、
 役人の心がまえなどを説いた十七条憲法を定めたよ。


時代的背景

その頃の中国では、
 とても権力を持ったが立ち上がっていました。

実際国をまとめていた聖徳太子は、
 倭国(日本)が随の支配におかれないように
 日本の土台を急いでしっかりさせなければならないという必要性に迫られていました。
そのため聖徳太子は、
 推古や蘇我馬子らを核とする中央集権国家の確率を目指したのです。

特に6世紀の頃の大和政権は、
 朝鮮との外交が失敗に終わり、
 更には現在とは違い、統治は族制国家で、
 皇位継承権を巡っての豪族の対立もあり、危うい状況にありました。

新羅が任那を滅ぼし、
 日本では守屋を倒して馬子が実権を取るようになります。
蘇我馬子は推古を頂点に立たせ、
 推古の代わりに政治を推し進めたのが聖徳太子です。

隋や百済が律令国家としてすでに政治が進められていたこともあり、
 外交を行う上でも、日本の立場をしっかりさせて、
 十七条憲法のような官人としての心構えを憲法として、
 文章でしっかりと書き示すことがどうしても必要なことだったのです。

聖徳太子

◆小野妹子を遣隋使として派遣◆
 
さらに、
 607年には小野妹子(おののいもこ)を遣隋使として派遣しました。

この時、聖徳太子が送った国書は、
 中国側の国史である「隋書」に記録されている非常に有名な文章です。

 「日出ずるところの天子、
  書を日没するところの天子に致す、
   つつがなきや」
 


 という書き出しです。

我が国は朝日が昇る国であり、
 あなたの国は夕日が沈む国だということを、
 今まで中国にヘイコラしていた日本が堂々と言ってのけたのです。


私はこの言葉を読むたびに、
 血潮の燃える思いがいたします。

聖徳太子は、
 外国の顔色を伺いながら赤くなったり青くなったりしている
 今の日本の政治家とは根本的にレベルが違います。

今の日本があるのは一体どなたのお陰か、
 我々は改めて良く考えるべきであります。

この時、
 隋の皇帝は非常に怒り「二度とこういうものを取り次ぐな!!」 と言ったと伝えられています。

それにもかかわらず、
 その後、
 国交は対等の立場で行われました。

このことからも、
 聖徳太子が大国「隋」も感心するような
 立派な礼儀正しい姿勢をもって接したことは容易に想像できます。

そして、
 遣隋使はその後さらに2回派遣され、
 隋で学んだ多くの留学生は我が国の発展に大いに貢献しました。

聖徳太子

激動の時期に政治を任せられた聖徳太子◆
 
聖徳太子は574年にお生まれになりました。

その頃の日本はどういう時代だったかと言いますと、
 物部、蘇我という二大豪族が争いを繰り返し、
 聖徳太子が成人される頃には、
 ついに、
 物部氏は蘇我氏に亡ぼされました。

その上、あろうことか、
 蘇我氏は図に乗って主君である崇峻天皇を殺してしまったのです。

このような大変な時代に即位されたのが、
 我が国で最初の女帝・推古天皇です。

推古天皇の摂政として政治を任された聖徳太子は、
 これを何とかせねばならないと思い、
 大いに知恵を絞られた訳であります。

その第一弾が、
 603年に制定した「冠位十二階」です。

これは、従来の物部、蘇我といった門閥専権の悪弊を打破し、
 功績によって身分を定める制度です。

今、
 我が国でも学閥や年功序列制がゆらぎ、
 功績第一主義になって参りましたが、
 これを最初に取り入れた人は聖徳太子です。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: