「する」と「やる」はどう違いますか?

「する」は
 動作を表す名詞+「する」で動詞になります。

 例
  「運転」+「する」→「運転する」
  「勉強」+「する」→「勉強する」

「やる」は
 「あげる」という意味にも使われます
 (「あげる」のほうが丁寧です)。

 「~てあげる」と同じように
  「~てやる」(補助動詞)という表現があります。
 なお、「派遣する」という意味の「遣[や]る」もあります。

 おそらく、
 正式には「やる」より「する」が「行う」という意味では
 正しいのではないかと思います。

・動作や行動を表す場合(○する、やる)
例)勉強をする、勉強をやる
  スポーツをする、スポーツをやる

・自分の意志ではない場合(○する、×やる)
例)○頭痛がする×頭痛がやる
  ○めまいがする×めまいがやる
  ○くしゃみをする×くしゃみをやる

・誰かのために行動する場合(○やる、×する)
例)×餌をする○餌をやる
  ×起きてする○起きてやる
  ×花に水をする○花に水をやる
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: