過去を「信用」する、未来を「信頼」する

○「信用取引」
 という言葉はあるけど、
×「信頼取引」
 という言葉はない

また、
○「信頼関係」
 という言葉はあるけど、
×「信用関係」
 という言葉はありませんね。


私は、このふたつの言葉には、大きく2つの違いがあると思っています。


1.過去を「信用」する、未来を「信頼」する

信用とは、
 何らかの実績や成果物を作成して、
 その出来栄えに対しての評価のことをいいます。


そのため
「信用」するためには、
 実績や成果物が必要不可欠なわけです。

この実績や成果物といった、
過去の業績に対して「信用」するのです。

一方「信頼」は、
そうした過去の実績や業績、
 あるいはその人の立居振舞を見たうえで、
 「この人ならこの仕事を任せてもちゃんとしてくれるだろう」
 とか
 「この人なら私の秘密を打ち明けても大丈夫だろう」
 などと、
 その人の未来の行動を期待する行為や感情のことを指します

もちろん
「信頼」するためには何らかの根拠が必要ですが、
 その根拠を見たうえで、
 未来を「信頼」するというわけです。


そう考えると、
「信頼」してもらうためにはまず
 「信用」が必要です。
「信用」なしには
 「信頼」を勝ち取るのは難しいでしょう。


2.物理的に「信用」する、精神的に「信頼」する

前述のとおり、
「信用」は
 何らかの実績や成果物を必要とします。


その人の過去の行為(事実)や作り上げてきた
 作品といった物理的なモノに対して
 「これは大丈夫だ」と信用するわけですね。
ですから「信用」は、
 モノを評価する人から、
 そのモノを作った人に対する片方向になるのです。

一方「信頼」は、
その人の実績や過去の振る舞いを見たうえで、
 その人の人間性や習慣、クセ、感覚といった
 目に見えないものに対して期待し、
 その期待に応えてくれるだろうという気持ちの表れです。

気持ちに気持ちで応えるのが
 「信頼」です。
「信頼」は
 気持ちと気持ちのつながりですから、双方向です。
スポンサーサイト

信用と信頼の意味

信用とは
 確かなものと信じて受け入れること。

信頼とは
 信じて頼ること。
  頼りになると信じること。

過去に対して評価しているのが
 「信用」

未来の行動を期待するのが
 「信頼」


信用は
 物理的な事に対して使われます

信頼は、
 精神的な事に対して使われます



・アドラー心理学では

信用とは
 条件付き。

信頼とは
 条件をつけないこと。




これから使う場合は
自分が
 信用しているのか
 それとも信頼しているのかを
 考えながら使ってみてくだいね。




最近人気のアドラー心理学では

「信じる」という言葉を
 信用と信頼に分けて考えます。

信用とは
 条件付きです。



例えば
 銀行などお金を貸す時

 その担保の価値に対して金額を算出しますね。

この場合、
 その人を信頼しているのではなく
 「返済可能」ということを信用しているだけです。

信頼とは
 いっさいの条件をつけないことです。

 たとえ、お金を貸す時
 信用に足るだけものがなくても
 担保のことなど考えず
 無条件に信じお金を貸す。

 それが信頼です。

 つまり、
 相手に何か期待をして
 しまっている以上は
 信頼ではなく信用となり

信頼関係と思いつつも、
 交換条件をつきだして、
 実は知らず知らずのうちに
 信頼しきれていないことがあります。

下心があっては信頼とは
  呼べませんね。

「信用」と「信頼」の違いをご存知ですか?

■過去を「信用」する
■未来を「信頼」する


信用とは、
 何らかの実績や成果物を作成して、
 その出来栄えに対しての評価のことをいいます。

 そのため「信用」するためには、
  実績や成果物が必要不可欠なわけです。
 この実績や成果物といった、
  過去の業績に対して「信用」するのです。

一方「信頼」は、
 そうした過去の実績や業績、
 あるいはその人の立居振舞を見たうえで、
 「この人ならこの仕事を任せてもちゃんとしてくれるだろう」とか
 「この人なら私の秘密を打ち明けても大丈夫だろう」などと、
 その人の未来の行動を期待する行為や感情のことを指します。

もちろん
 「信頼」するためには
 何らかの根拠が必要ですが、
 その根拠を見たうえで、
 未来を「信頼」するというわけです。

そう考えると、
 「信頼」してもらうためにはまず
 「信用」が必要です。

「信用」なしには
 「信頼」を勝ち取るのは難しいでしょう。



■物理的に「信用」する
■精神的に「信頼」する


前述のとおり、
 
「信用」は
  何らかの実績や成果物を必要とします。
 その人の過去の行為(事実)や作り上げてきた作品といった
 物理的なモノに対して
 「これは大丈夫だ」と信用するわけですね。
ですから「信用」は、
 モノを評価する人から、
 そのモノを作った人に対する片方向になるのです。

一方「信頼」は、
 その人の実績や過去の振る舞いを見たうえで、
 その人の人間性や習慣、クセ、感覚といった
 目に見えないものに対して期待し、
 その期待に応えてくれるだろうという気持ちの表れです。

気持ちに気持ちで応えるのが
 「信頼」です。

「信頼」は
 気持ちと気持ちのつながりですから、双方向です。


さて、仕事にしてもプライベートにしても、
 気持ちよく活動をするためには
 双方向の信頼関係を構築することが欠かせません。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: