スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMARTの法則

S (Specific) 具体的である
  毎朝果物だけ食べて、毎日30分走る
  毎日3人のお客にアプローチする

M (Measurable) 計測ができる
  8月4日までに50キロに落とす
  今月500万円の売り上げを上げる

A (Achievable) 現実的に達成可能である
  今55キロの体重を8月4日までに50キロに落とす
  今月500万円の売り上げを上げる

R (Result-oriented) 成果に基づいている
 ダイットをしてあの水着を着て、彼氏と海に行きたい
 売り上げを上げて昇進して、給料を上げて、車が欲しい

T (Time-bound) 期限が明確である
 8月4日までに 今月

それぞれのパーツのイメージはつきましたか? 
悪い目標と良い目標の違いの理解が深まったのではないでしょうか。

こうしてSMARTの法則で目標設定をすることで
 「上司ウケもよく」
 「目標達成する確率の高い」
  目標を立てることができます。

「いや~、やせたいんだよね~」とだけ言っている人、
 なかなかやせないですよね。
同様に仕事であれば
 「がんばります!」とだけ言っている人は
  上司から「もっと具体的な話をしろ!」と怒られてしまいます。

悪い目標設定は立てるだけムダになります。
むしろ、悪い目標は立てたとしても目標としての意味をなさないのです。
行動力が上がらないので、
 「目標達成できるわけがない」と感じます。
挙句の果てには、
 目標を立てることがどんどんイヤになってしまいます。

SMARTの法則に基づいて目標設定を行い、
 上司から「おぉ、やる気あるな!」と見なおしてもらいましょう。
自分のやりたいことを実現していきましょう。

そして、
 せっかく目標を立てるのであれば
 少しでも目標を達成する可能性を上げたくはないでしょうか?
目標を達成するために大切なポイントを次でご紹介します。
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: