スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【教育】興味を持たせることの大切さ

コンパスと定規があれば無敵

小学校高学年の頃のことだと思います。

角川文庫から出版されていた『数学物語』(矢野健太郎著)と出会いました。

なにぶん,もう30年以上も前の話ですから細かいことは覚えていませんが,

楔形文字の数字,ローマ数字の話
古代ギリシャの幾何学の話
デカルトやニュートンなど偉大な数学者の話

など,わかりやすく書かれてあったと記憶しています。
くさび形文字での筆算の図もあって,「アラビア数字がいかにわかりやすいか」というのを知ったのもこの本でした。
※当たり前に使っている数字ひとつとっても,実は面白いことが背景にあるんだというのが新鮮でした。

その中だったと思うのですが,古代ギリシャの数学者たちは

コンパスと定規だけで図形の問題を解く

ということに情熱を傾けた,というのが出てきました。


ギリシア三大作図問題

その中でも,「ギリシア三大作図問題」というのがあります。

円と同じ面積の正方形を描け
任意の角を三等分する
与えられた立方体の2倍の体積を持つ立方体を描け

書かれてある問題文自体は非常にシンプルなので,簡単に解けそうな気がします。

しかしながら,結局これらの問題は19世紀になって「コンパスと定規だけでは解くことは不可能」ということが証明されます。

2000年以上にわたって人々を悩ませるというのがすごいと思うのですが,幼心に「コンパスと定規でいろいろ書くのは面白い」ということも印象付けられました。

正五角形を作図せよ

正三角形や正方形はすぐに書けるようになるのですが,正五角形は簡単にはできませんでした。

当時通っていた塾の先生から「やってみろ」と投げかけられて「よし解いてやる!」とかなりの期間,あれやこれやと試行錯誤をしたのを覚えています。

「これで書ける!」と思って先生に見せたところ「むむむ?これは今まで見たことないな」となって非常に喜んだのですが,翌週に「非常に惜しかった。図では書けているように見えているけど,正解じゃない」という不正解宣告が・・・

図では「直線」や「点」といっても微妙なずれが生じますからそれらが積み重なって,解けたように見えたようで,方程式を立てて解いたら,一辺の長さが違っていたのがわかったそうです。

図形と方程式

このときの「図形の問題を計算で解く????」というのがとにかく衝撃的でした。

よくはわからないけど,高度なことを学ぶとそういうことができるんだ,というのがワクワクさせられました。不正解でしたけど,ドキドキした話だったと思います。

そして,今でもそのときの先生に感謝しているのは,私が書いた図形を家できちんと検証してくださったことです。小学生のやったことをそうしてきちんと受け止めてくれた先生の存在というのは非常に大きいことでした。

自分がしてもらって嬉しかったこと,言われて元気が出たこと,やる気が出たことは,自分も子供たちに伝えていきたい・・・と思っているのですが,そういう中で心の中のお手本の先生です。

数学物語(角川ソフィア文庫)

私が読んだ本はすでに絶版ですが,今は図も見やすくなった新版が出ているそうです。
Kindle版もあるようです。
1961年初版ですから,今から半世紀以上前の本ですが今でもいろいろ楽しめることはあるはずです(当時は未解決の難問の話も出てくるかも?)
スポンサーサイト

手な褒め方の名言格言一覧


人を褒めるときに押さえておきたいポイントは3つあります。
1.上から目線にならないこと。たとえ部下に対してでも、「上手だねえ」では、まるで子供扱いしているような印象になり、場合によっては逆効果に。対して、「俺のときよりすごいな!」などと自分を少し低めながら言うと、尊敬・感嘆がストレートに伝わります。
2.具体性を持たせること。「よくやった!」だけでは、何が良いのか相手に伝わりません。「3割アップとはすごい!」と数字を出せば、インパクトが強まります。
3.第三者を出しつつ褒めるよう意識すること。「部長も君を褒めていたよ」など、他の人の意見も交えると、説得力がぐっと上がります。

[後田良輔の名言|人を褒める3つのポイント]

人を育てるには、至らない点を叱るだけでなく頑張っている点を褒めることも大切です。せっかく努力していても、上司から評価してもらえなければ、やる気が続きませんから。

[宗次徳二の名言|褒めることも大切]

自律型感動人間を育てるために最も重視しているのは、上司と部下との対話です。新入社員を例にあげると、まずその人の長所を明らかにします。笑顔が素晴らしいとか、声が大きいとか、そんなことでもいいのです。上司はそれを伝え、大いに伸ばしていくことで、部下の自信につなげるのです。自分に自信を持って初めて、自律型で動けるようになるからです。

[山本梁介の名言|部下の長所を褒めることの効用]

褒めることは非常に難しいのです。怒る場合は、1回のミスで瞬間的に叱れます。ですが褒めようとすると、じっくりと相手を観察しなくてはなりません。その意味では、怒ること以上に褒める方がしんどいんです。けれども、褒めあうことができれば仲間意識は高まり、社員同士の絆は深くなります。

[木川眞の名言|褒めあうことの利点]

若い世代になるほど、叱られることに抵抗感を覚える人も多い。せっかく優秀な人材を採用しても、育てられなければ大きな損失になります。そこで私は少しばかり強引に、褒める制度を導入しました。それが「満足BANK」です。社内のイントラネット上で、社員がお互いのよい点や感謝したいことを記名式で書き込みます。すると褒められた人も褒めた人もポイントがつきます。自分自身を褒めることもできます。ポイント数に応じてバッジがもらえ、年間上位者は表彰される仕組みです。この仕組みの狙いはモチベーションを高めることです。

[木川眞の名言|社員同士が褒める仕組みをつくることの大切さ]

商品を開発するためにも、お客様への洞察力を高めたり、組織全体がチャレンジをし続けたりすることが重要です。失敗を恐れない、むしろときには失敗を褒めるような会社の雰囲気をつくりたい。

[小泉光臣の名言|チャレンジする組織を]

褒めるうえで回数も大切です。「おしゃれですね」と一度言ったきりで済ませるのではなく、次に会ったときも、その次に会ったときも繰り返しましょう。最初は「お世辞かしら?」と思っていた相手も、7回目にはもう疑いません。なぜかますますおしゃれになるという現象も起こります。褒め言葉を聞いて嬉しく思い、ますます褒めてもらおうと思うからです。

[森下裕道の名言|7回以上褒めることの大切さ]

「褒めるは他人のためならず」とでも言いましょうか、褒めることによって一番恩恵を受けるのは自分だったりします。

[西村貴好の名言|褒めることによって一番恩恵を受けるのは自分]

褒めた方は忘れているようなことでも、褒められた相手の方はよく覚えているんです。褒めることで、相手の心に残る印象的な言葉を、知らぬ間に伝えているのかもしれません。

[西村貴好の名言|褒め言葉は相手の中に残る]

「人間はそもそも人のことを褒められない」ことを自覚することが大事です。私たちは本能で、自分の周りの人の欠点やできないところを探してしまう。自分の周りの上司や同僚、部下の悪いところ、ダメな所が見えてしまうのは、本能で染みこんでいるものだから仕方がない。だからこそ、本能よりちょっとだけ自分の理性を生かして、周囲の人のいいところを探そう、あるいはそういう修行だと考えゲーム感覚でスタートすることも大事です。意思を持って、覚悟を決めて、褒めていこうということです。

[西村貴好の名言|意識して褒めることの重要性]
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: