スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「てにをは」の使い方

「てにをは」とは、
 助詞の古い呼び名です。
 

昔、漢文を読む際、
 漢字の周囲に点を打ち、
 その位置で読み方を示す方法があり、
 左下から順に四隅をテニヲハとあてたことに由来します。
 
元来は、
 助詞だけでなく、
 助動詞、
 接尾語など、
 補助的な働きをするものの総称でした。
 
明治の辞書・言海は
 語法指南(文法解説)のページに
 品詞名として掲げ、
 
本文で
 「行き て 見る」
 「馬 に 乗る」
 「花 を 見る」
 「風 は 吹く」

 と例を挙げています。

要するに、
 「は」「を」「が」「も」「に」など、
 語句と他の語句との関係を示したり、
 文章に一定の意味を加えたりする言葉が、
 「てにをは」と呼ばれます。

「てにをは」の使い方を誤ると、
 文章のつじつまが合わなくなったり、 
 ニュアンスが異なってくるので要注意です。

●例
「彼 が 帰ってきたら、教えてください」
「彼 も 帰ってきたら、教えてください」

上の文では、
 彼一人が発言者の用のある対象です。

下の文では、
 彼だけでなく他の人にも用があるというニュアンスが生まれます。
 
この程度の「てにをは」の使い分けなら、
 誰でも無意識のうちに正確にこなしているでしょう。

ただ、
 「てにをは」の中で、
 
使い分けが難しいのが
 「が」と「は」です。
 

ここでは、
 この二つに絞って解説します。

「が」
 好きなこと、
 能力、
 希望などに
使います。

「は」
 より新しい情報に使います。
 
「は」は、
 比較したり区別したりする場合に使います。

●例
 私は本を読むこと  好きです。
 私は本を読むこと  好きです。

 上の例文を比較してみましょう。
 
「本を読むこと  好きです」と書いた場合、
 複数ある好きなモノの1つとして
 好きだというニュアンスになります。
 
「が」を使った場合の方が、
 好きだという感情が強く伝わります。


●例2
 私は一冊の本を30分で速読すること が できます。
 私は一冊の本を30分で速読すること は できます。

 「は」を使った場合、
  速読することはできるが、
  他の何かができない。
 
 あるいは、
  本を30分以下の短時間で速読することは
   できないような印象を与えます。
 
 「が」を使った文章に比べて、
  自信が無いような感じになります。

●例3
 彼 が 会社にやってきた。
 彼 は 会社にやってきた。

 「が」を使った場合は、
  彼がたったいま会社にやってきたような意味になります。
 
 一方、
 「は」を使った場合は、
  彼が会社にやってきたのは、
  少し前のような意味になります。
 
 また、
 「が」は彼を見ている人が語っていて、
 「は」は誰かが回想しているように聞こえます。
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: