助詞の「を」の使い方

助詞の「を」の使い方を教えて下さい。

「私は彼を大事に思っている」
「彼は私を愛している」

「を」の意味が分かりません。

「を 」は
 動作の直接的な相手をしめします。


つまり動作
 「思っている」「愛している」に対して、

だれのことを
  「思っている」「愛している」のか
 相手をはっきりさせるのが「を」です。


「私は彼を大事に思っている」なら、
 「思ってる」のはだれ?→「私」は
 だれのことを 「思ってる」?→「彼」を



「彼は私を愛している」なら
「愛している」のはだれ?→「彼」は
だれのことを 「愛している」?→「わたし」を となります。

「を」と「は」 を入れ替えて、
「彼は私を愛している」→「彼を 私は 愛している」とすると、

He loves me. → I love him. になります。

短い言葉ですが、
 「は」「が」
  動作をしている人=主語を表し

  「を」
  その動作を受ける相手=目的語 を表す

 と決まっているのです。

たぶん私たち日本人も子どものときは、たくさんまちがえて
それを「ちがうよ」と教えてもらいながら、時間をかけて分かるようになったと思います。
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: