私は誰

あなたの『 ESFJ型 』について
----面倒見がよい世話好き----

非常に人扱いが上手で
 調和と善意で場がまとまり
 穏やかに事を進行出来るでしょう。

優しくて面倒見が良い性格で
 過度に人に尽くしてしまうこともあります。

男性と女性では現れる性質が異なります。

男性では、
 客観的に冷静だが表に出たい気持ちから
 「俺に任せろ!」と言いたいが他
 人を大事にし世話好きで
 優しい役割を果たしたい気持ちが相殺し合い空回り...

女性では、
 女性らしさが前面に際立った「母性」の象徴のような存在に見え
 女性らしい言葉遣いや身なり振る舞いを忘れません。

この型は家庭が中心であり最重要です。

家の中は整理されいつもキレイにしています。
いくら疲れていても
 周りを整理してからではないとくつろげないタイプ。

くつろぐにも読書やTVなどの時間を決め計画を立て進める傾向にあります。


何事も計画的/予定通りに進まないと気に入りません。
TPOに合わせた振る舞いや環境までも適切に計画/設定したがります。
家族などにも役割を与えて予定通りに進行することを期待しますが、

結果的に期待を裏切られると憤慨します。
スポンサーサイト

私は誰

あなたの性格タイプ:
“領事官” (ESFJ-A)

- 意識 -
外向型 73% 内向型

- エネルギー -
直感型現 実型19%

- 気質 -
論理型 道理型 33%

- 戦術 -
計画型52% 探索型

- アイデンティティ -
自己主張型79% 慎重型

互いに勇気づけ高め合い、励まし合おう。
前向きなエネルギーは、1人に広まると皆がそれを感じるものだ。
— デボラ・デイ

ESFJ型の人達は、
 人気があります(より適切な言葉が見つかりません)が、
 それもそのはずです。
全人口の12%を占めていて、
 非常によく見かける性格タイプでもあるのですから。
高校時代には、
 チアリーダーやクォーターバックとしてムードメーカーとなり、
 スポットライトを浴びながら、
 チームを勝利や名声へと導いていました。
その後も引き続き、
 喜んで家族や友人を支えたり、
 交流の場を企画したりして、
 皆が笑顔でいられるよう懸命に気を配っています。

心底社交的な人柄で、
 友人の行動を常に把握し続けることに生きがいを感じています。

科学的な理論やヨーロッパの政治について話し合うことにはあまり関心がなく、
 ファッション、自分の見た目や社会的地位、
 他人の名声により興味があります。

実用的な物事やゴシップを生活の糧としていますが、
自分の力を
 良いことのために活かせるよう懸命に頑張ります。


リーダーの見識を尊重する
ESFJ型には、
 他人優先の気質があり、
 人助けや正しい行いに対する責任感が強くあります。
しかし、
 他の外交官(NF)型とは異なり、
 ESFJ型の道徳基準は、
 哲学や神秘主義ではなく、
 確立された伝統や法律、
 支持する権威や規則がもとになっています。
但し、
 人には様々な経歴や考え方があるため、
 自分にとって正しく見える物事が、
 必ずしも絶対的真理とは限らないことを忘れないようにしましょう。


役に立つのが大好きで、
 重宝され喜ばれている限り、
 有意義に参加できる役割ならどんなものでも楽しみます。
こうした気質は、
 特に家庭内で表れ、
 忠実で献身的な配偶者や親になります。
階級を重んじ、
 家庭や職場では、
 皆のために物事を明確で安定し整理された状態に保てるよう、
 懸命になってある程度権限のある地位に就きます。

遊びの約束をするのは子どもだけじゃない!

面倒見が良く社交的で、
 パーティーには必ず顔を出します。

時間を見つけては、
 皆とおしゃべりしたり笑ったりしているのです!
しかし、
 義理やうわべで人付き合いを
 しているわけではありません。

友人の交友関係や活動に関する話に心から楽しんで耳を傾けながら、
 細かい詳細まで覚えていて、
 いつでも思いやりと気配りをもって、
 腹を割って話し合う準備ができています。
物事がうまくいっていなかったり、
 居合わせた場所に緊張した空気が流れていたりしていたら、
 それを察知して、
 調和のとれた安定した雰囲気が戻るよう努力します。

争い事を非常に嫌い
 社会秩序を確立するために多大なエネルギーを注ぎ、
 際限のない活動や自発的な集会よりも、
 計画や企画されたイベントを好みます。
自分が手配した活動には多大な労力を注ぎ、
 自分のアイデアが拒否されたり関心を持たれないと簡単に傷つきます。
繰り返しになりますが、
 人は千差万別なので、
 たとえ無関心な態度を取られても、
 それは自分自身や自分が企画した活動が退屈だからではなく、
 ただその人の好みに合わないだけだということを、
 心に留めておくことが大切です。

ESFJ型の最大の課題は、
 いかに自身の繊細な性格とうまく付き合うかです。
人は異議を唱えたり、
 批判したりするもので、
 それにより傷つきますが、
 それは人生の一部に過ぎません。
これを乗り越えるには、
 最も得意なことをするのが一番です。
他人の手本となり、
 力の及ぶ限りに人の世話をしたり、
 物事を引き受けたりしながら、
 こうした努力が多くの人々から
 感謝されるのを楽しみましょう。

ESFJ型の有名人:


ビル・クリントン
ウィリアム・マッキンリー
ジェニファー・ガーナー
タイラ・バンクス
ダニー・グローバー
ナンシー・ケリガン
サリー・フィールド
「ディーン•ウィンチェスター」スーパーナチュラル
「モニカ」フレンズ

スポーツ指導者タイプ、あなたはどのタイプ?

人を育てる技術
メンタルコーチの話

スポーツ指導者のタイプは、
 3つのタイプに分けられます。

これを知ることで、
あなたの理想とする、選手の育成、チームづくりがわかるようになります。


大きく分けると3つのタイプに分けられます。
 ①独裁的指導
 ②放任的指導
 ③民主的指導


一つずつ簡単に説明すると

①独裁的指導は、
 指導者の一方的な指導です。
 練習メニューも練習方法も
  試合運びもマナーも全て、
  指導者が決めて、それを従わせて、
 実力を上げる指導です。

 指導力が優れており、
  競技経験が低い
選手ほど、有効かもしれません。

 ただ、
 依存する傾向
 自主性に欠ける傾向があり、
 個性が発揮されない傾向があります。


②放任的指導は、
 練習の内容、練習の方法を決めるなどが、
  選手に委ねられている。
 自分たちで決めて、
  自分たちで行動する
  自主性を発揮することができる。

 自律心がある、
  競技経験が高いほど有効な指導です。

 ただ、
 協調性に欠け
 自分勝手な行動や、
 楽な練習、に陥ることがあります。



③民主的指導は、
 独裁的な指導と
 放任的な指導の中間
になります。

 指導者が、全体的にリードするものの、
  要所々々、選手の意見を聞き、指導に反映していく。
 選手が自分たちで考え、
  行動する場面も取り入れている。

 


どの指導タイプかわかると、選手がどのように育つかわかります。
多くのスポーツ指導は、
 独裁的な指導が行われている
のが現状ではないでしょうか。

 自主性よりも、
  協調性
のある選手を育てている。

 というのも、


スポーツ現場が、閉鎖的であり、
 一方的な指導の方が管理がしやすく、
 効果があるからです。

心理学、脳科学の視点から言えば、
 自分が体験・経験してきた
 指導方法をしてしまう傾向が強い
からです。

 竹刀で叩かれて、強くなって成果を上げてきた指導者は、
 竹刀で叩いて指導しようとするものです。

 逆に、竹刀で叩かれて、
  辛い思いをした人は、
  竹刀では叩かない指導をするかもしれません。

 いずれにしても、体験・経験したことをベースにして、
 自分にとって、成果があったものを選択する指導をすることになります。


最近では、時代の影響もあり、スポーツの現場では、
 民主的な指導をされる指導者が
 多くなってきています。


とはいえ、
民主的って???

とっても曖昧です。
正直、文章でうまく伝えられません。
ただ、これだけは、はっきり言えます。

指導者タイプがなんであろうとも
 人を指導したり、組織を指揮したりするには、
 ビジョンが明確にあることが
 とっても大切であることです。


多くの人は、
 そのビジョンがない。
ビジョンがなければ、
 行先がわからない。


指導者がこのスポーツを通じて、
 何を実現したいのか?


そこがはっきりしていない指導者が多すぎます。

つまり、
スポーツ団体としてのビジョンがあるけど
 スポーツ指導者としてのビジョンがない。

指導者がビジョンのないようでは、選手はどうしたらいいのか迷ってしまいます。

日本一はビジョンではない目標です。
目標は、ビジョンを達成するための手段です。


私のビジョンは、
 「自分が好き」
 「人は信頼できる」
 「私は、役に立っている」

 これらを感じれるような指導を
  常に目指している。


今一度考えて欲しい。
なぜ、この競技を指導しているのか
このスポーツ指導で何を実現したいのか
このスポーツで、選手たちにどうなって欲しいのか
徹底的に考えてください。
指導者としてだけではなく、あなた個人として、
 心の奥底から湧き出てくるコアな部分(自分の軸)を見つけてください。
それが、
指導者として、ブレイクスルーを起こす秘訣です。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: