チームコーチングの理論

チームコーチングの理論的背景

私たちは理論や知識を教えるのではなく、
 実際のチームコーチングを運営し、
 クライアントが期待する成果や肯定的な変化を生み出すための
 チェンジ・エージェントです。
その運営はいくつかの理論的背景に基づいてデザインをし、
 実際の現場経験で実証された有効なプロセスのリードを行っています。

1.コーチング・サイコロジー

欧米豪などでは「コーチング心理学」が探求されています。
コーチングとは
 人間の自己実現に焦点を当てたコミュニケーション技法ですが、
 それだけに人間性重視の伝統に基づく多くの心理学をベースにしています。
古くはアメリカのウィリアム・ジェームズの心理学、
 そしてA・H・マズローが創始した人間の「成長する可能性」を
 中心的概念とする人間性心理学、
 それによって影響を受けたであろう最近のアメリカでの心理学の潮流ともいえる
 M・セリグマンに代表される「人間の強さ」を
 中心的概念とするポジティブ心理学、
 あるいはポジティブ心理学の中心的研究者の一人である
 ミハイ・チクセントミハイなどによる
 「フロー理論」などはコーチングの有効性を支える心理学です。

私たちは人間の肯定的な側面に光を当てた様々な心理学をベースにした
 コーチングを実践しています。
私たちが実践するスキルの体系としては
 PHP研究所「PHPビジネスコーチ養成講座」
 (ベーシックコース、アドバンスコース、
  チームコーチングコース)を共通の基盤としています。

2.グループ開発段階理論

チームコーチングでは
 グループ・ダイナミクスを重視します。
グループの成長は一般的に5つのステージで説明することができます。

1.「導入の段階」、
2.「不満の段階」、
3.「解決の段階」、
4.「生産の段階」、
5.「終了の段階」です。

これらの5つのステージを有名なタックマン&ジェンセンのモデルでは、
 「フォーミング(形成)」、
 「ストーミング(混乱)」、
 「ノーミング(規範)」、
 「パフォーミング(実行)」、
 「アジャーニング(散会)」

 という5つのステージを表す名称で呼んでいます。

チームコーチングのプロセスでもこれらのグループの成長は段階的に起きてきます。 
グループ内の対立や葛藤は通常のプロセスであるにもかかわらず、
 リーダーがこの段階を避けようと手を打つならば、
 結果的に学習に焦点を当てたグループになりがちです。
しかし成果志向のチームに成長させるときには
 「ストーミング」を避けない方が良いのです。
この段階をしっかりと乗り越えて強力なチームへと脱皮します。
ワークグループで終わらせるか、
 シナジー効果で目覚ましい成果を生み出すチームに成長させるか、
 その選択を支える技能をチームコーチは有しているのです。

3.NLP(神経言語プログラミング)

一言でいえば、NLPは成功している人のパターンを一般化して、個人や組織に応用できるように開発された技術体系です。NLPの原型は1970年代半ばにジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーによって開発されました。バンドラーとグリンダーが興味を持ったのは、それなりに有能なコミュニケーターと超一流のコミュニケーターとの「違いを創り出す差異」は何かということだったのです。 「何が違いを創り出す差異なのか?」という問いは重要な問いです。なぜかと言うと、それによって私たちの行動を改善することができる変化の本質を知るのですから。ある状況でうまく成し遂げるために、どのように実行するのでしょうか。私たちは成功するパターンを発見して、それを必要としている状況でのパフォーマンスを向上させる支援を行います。

4.その他のマネジメント理論、
  リーダーシップ理論、組織論


企業や病院、行政などの組織の中で、組織変革や目覚ましい成果、あるいは本質的な問題解決を行うグループの支援を行うために、有効なマネジメント理論などは常に参考にしています。
スポンサーサイト

成果を創る主なサポート

経営「一枚岩会議」

「経営陣が会議で本音を話すなんてありえない」
 という多くの組織での常識(?)がくつがえる、
 目からウロコの会議です。

•実際の経営課題を扱う戦略会議です。
•経営陣が、闊達に本音を話し、
 組織をどのように経営するのかを議論します。
 そして、達成・変革のための価値観を合わせ
 行動計画を決めて、
 それらを実行することへのコミットメントを呼び起こします。



リーダー「一枚岩会議」

「あのリーダーたちが
 もう少し力をつけて、
 部下をリードしてくれたら・・・」という期待に応える会議です。

•会議を通じて、成果創造にむけた意識と行動の変革を生み出します。
 同時に、参加メンバーのリーダーシップが開発されます。
•「チーム」全体が共通のゴールを目指すことで、
 参加者ひとりひとりがチームへの貢献として自分の成長にも責任を引き受けるようになります。



現場力向上 戦略会議

「なかなか目標が達成できない」
 「いまひとつ一体感がつくれない」といった悩みを解決する会議です。

•この現状を作り出しているのはいったい何なのか?
 を探求することを通して、
 今までの会議では気づかなかった深い気づきと、
 達成に向かう意欲を呼び起こす会議です。

•実施した部署は、必ず現状より良い状態になります。



チーム医療 実践会議

「理想はわかるが、現実はなかなかそうはいかない・・・」
 というあきらめに似た気持ちが、
「私たちからそれを始める!」という決意と行動に変わる会議です。

•「理念」や「ビジョン」がお題目から、
 本当に実現したいことに変わります。
•できない理由をあげていた人たちが、
 「どうしたらできるか」を考えるようになっていきます。

チームコーチングの基本的なプロセス

チームコーチングを導入する目的は、
 組織の状況やニーズによって異なります。

トップマネジメントチームなのか、
組織変革のための特別なミッションをもったチームなのか、
営業チームなのか、
商品開発チームなのか、
あるいはプロジェクトチームなのかによっても異なります。

チームコーチングの基本的なプロセスを
 3つの側面からお伝えします。

1.現実と向き合う

多くの組織は、「本当に起きていること」、
 つまり表面的な問題の奥に潜んでいる
 真相と向き合う時間を作っていません。
そんなことに時間をかけるよりも、
 目の前に迫っている問題を解決したり、
 目標達成のための活動に取り組んだりするほうに意味があると考えているからです。
それは、あながち間違いではありませんが、
本質的な問題に向き合うことなく、
 表面的な問題解決に日々あけくれている
という点で、
 より大切なことを失うことがあるのです
それは組織のダイナミックな進化を阻害しているということです。
ときには本当の問題として、
 グループのメンバーが上から与えられる数々の目標や施策、
 顧客から寄せられる数々の難題に日々取り組んでいるとき、
 自らの「やらされているという被害者意識」が
 まさにその問題となっている現実をつくりだしているということもありえます。
それが問題の真相の一部をなしているならば、
 そこにブレイクスルーを起こさない限り、
 同じような問題が繰り返し起きてくることになるでしょう。

2.問題解決に向かう

本質的な問題が明確になり、
 それと向き合う覚悟が定まると、
 成果に向かう意欲が湧き上がってきます。


その意欲を実際の行動に移していくのが次のステップです。
ところが、うまくいくこともそうでないことも出てきます。
それらと何度も向き合うことで、チームとして成果に向かう機能が高まります。
今までに出たことの無いような本音の話が出たり、お互いを深く理解し合えたり、
 「あ・うん」の呼吸で仕事ができるようになったりしていくのです。
お互いの息が合ってくるというプロセスでもあります。
そして、同時に、いくつかの成果を手にするようにもなります。
それまでは「できない」と思っていたことがうまくいったり、
 成果に向かうスピードも速まっていきます。

3.さらに大きなシステムへ影響を及ぼす

意欲が高まり成果を手にし始めると、
 仕事への意味づけにも変化が出てきます。
自分が何故この仕事に取り組むのかが、
 明確になってくるのです。
その過程で、やらされ感は消えて主体的行動スタイルに変容し、
 人は仕事の先にビジョンを見ます。
そして、チームとしてビジョンを掲げることで
 自分達の枠組みを超えて、
 さらに大きなシステムに貢献する意欲が湧き上がるのです。 
また、
 価値ある成果を達成するためにチームになることを目指し始めると、
 人はお互いのかかわりや目標やビジョンに本当の意味で向き合い始めます。
そして、そのことを通して自分の生き方や仕事のやり方を変えていくきっかけをつかむのです。
日常の仕事に取組むことから、
 人生における学びと成長さえも手に入れられることを知るのです。
このように、
 チームコーチングは、
  あなたとあなたの仲間を成果に導く
  ダイナミックなプロセスといえるでしょう。

チームに向かう道筋は、
 あらかじめ決められてはいません。
プログラムの参加者とチームコーチが一緒に見つけていくのです。
それでも道に迷わないのは、
 チームコーチが、
 参加者に適した道を見つけるための
 豊富な経験と高いスキルを身につけているからなのです。

チームコーチングの定義

グループからチームに変容するプロセスを支援
•ビジョン実現
•リーダーシップ開発
•より大きなシステムへの貢献
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: