スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業標準と標準作業の違い

「作業標準は、標準作業を行うため、・・・・・」などと言われても、
 最初は混乱しますね。

 作業標準
 標準作業
 
  という言葉は、
  間に「の」を入れて理解するよう教えられました。

 「作業の標準」
 「標準の作業」

  というわけです。

 後半の熟語が主体と考えます。
 
作業標準は
 作業上の方法や管理条件を規程として帳票化したものです。
 製造条件などが整備されていますね? 

一方、
標準作業は
 ①タクトタイム、
 ②作業順序、
 ③標準手持ち 
  の3要素を基本として、
  作業のやり方を標準として決めたものです。

 この
 標準作業を守ることで、
  安全に、効率的で品質のよい製品が造られるのです。

 
英語の世界では、
 この場合、
 言葉の混乱が少ないですね。

作業標準は、”Operational standard”、
標準作業は、”Standardized work” 
 くらいでしょうか。
 
この標準作業という言葉に対する英語として、
 ”standard work",
 "standardized work",
 "standardization" 
 の3wordsがあるが、
 どれが好ましいかということを

 ”JIT IS FLOW 
 (PCS Press 2006)”という本でBodekとHagerが、話しています。
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: