スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題とは 課題とは

問題とは
 決めたことができていないこと

 ex
  不良低減目標が達成できていない

課題とは
 新しく目標を決めること

 ex
  人を月に送りこむ 
スポンサーサイト

問題解決にはプロセスがある

私たちが、富士山の頂上を目指して登る時、例えば5合目までは車で行き、6合目、7合目、そして8合目・・・と順にプロセスを踏んで登ります。なぜなら、ヘリコプターでも使わない限り一気に頂上まで登ることはできないからです。しかし、私たちは日頃、問題を解決したい時、何故か“一気に”結論にたどり着きたい、解決したい、と考えがちです。しかし、問題解決においての“ヘリコプター”はありません。

問題解決にはプロセスがあり、私たちは意識するかしないかは別にして、ほぼ下図のようなプロセスを踏んでいるのです。

(あるべき姿・目標・基準に照らして)
1.現状(状況)から問題を認識する→問題発生
2.現状分析、課題の明確化→課題形成
3.目指すべき目標・ゴールを設定する
4.実行計画の策定
5.計画を実行する
6.結果を検証し、ナレッジ化する


【問題解決のプロセス】

問題解決のプロセス

私たちが問題解決にあたるとき、意識してこのプロセスを踏むことは通常ありません。それゆえに、登山のようにプロセスを順序よく踏んで、頂上(結論)に至るのではなく、各プロセスを行ったり来たりしているのが現状です。
ところが、「問題解決に優れた人」は、実は、意識してこのプロセスを踏んでいるのです。

問題解決がうまくいかない理由

問題解決に思考プロセスがあるとすると、こうした問題は、思考プロセスのどこで起きているのでしょうか。また、何故こうしたことが起きるのでしょうか。

問題解決の思考プロセスをたどると、多くは問題認識から課題形成へのプロセスと、課題から何らかの結論(目標・ゴール・実行策など)を導き出すプロセスに問題があるように思われます。また、そもそも、問題を認識するプロセスや視界が大きく関係している場合もあります。

私たちは情報、経験、知識を活用して、結論を導き出しますが、その過程で“考える(思考)”という行為を行っています。問題解決がうまくいかない原因の一つは、例えていえば、この思考過程に“思考の雲”がかかっているから、ということがいえます。

・問題を認識できない
 →雲の中で周りが見えなくなっている。自分の立ち位置がわからなくなっている

・現状分析、課題形成ができない
 →事実や情報をもとに考える筋道がわからず、思考の雲の中で迷ってしまう

・結論が出るまでに時間がかかる
 →結論を出すための筋道(手順)を持っておらず、思考の雲の中をさまよう

・結論の理由・根拠がわからない
 →結論を出すための筋道(手順)を持っておらず、説明を求められてもその根拠・理由が説明できない。つまり、相手から見ると、思考過程がブラックボックス化している

“思考の雲”に例えて言えば、まさにこのようなことが、思考過程で起きていると言えるのです。

なぜ、問題解決はうまくいかないのか

思考力を鍛える
 ~なぜ、問題解決はうまくいかないのか~


「問題」と「課題」について

「問題」と「課題」、私たちはこの2つの言葉を日常の場面でもよく使いますが、「問題解決」を考えるにあたり、ここではまず、「問題」と「課題」について定義することから始めたいと思います。


問題とは辞書(広辞苑)を引いてみると、「問題」を、4つの意味から定義しています。

1.問いかけて答えさせる題。解答を要する問い。
2.研究・論議して解決すべき事柄。
3.争論の材料となる事件。面倒な事件。
4.人々の注目を集めている(集めてしかるべき)こと。
出典:広辞苑

日本語は広義であることが特徴ですが、ビジネスの現場では、多くは次のように定義されます。

「問題とは現状(実際の姿)と目標(あるべき姿)との差異」

つまり、私たちは、定めた目標(あるべき姿)と現状(実際の姿)の間に差異(ギャップ)が生じると、その状況を問題だと認識するのです。

問題とは

問題の2つの種類
一つの事象について、ある人は、“これは問題だ”と主張し、他の人は“別に問題ではない”というようなことはよくあります。例えば「人口減少化」問題が新聞でよく取り上げられますが、多くの人が問題だと思う一方で、あるデータによれば、約2割の人が「別に問題だと思わない」と答えています。
それはどういうことを表しているのでしょうか。

実は、「問題」には次の2つの種類があります。

1.あるべき姿(目標)が明確に定まっており、共有できている場合
2.あるべき姿(目標)が人・状況により異なる場合




1のケースは、目標が組織・集団の中で明確に共有されているが、現状がその目標との間に差異を生じている時です。このケースでは、組織・集団内の誰もが問題を認識します。

2のケースは、組織・集団のメンバー間で、目標(あるべき姿)が定まっていない時です。
メンバー一人ひとりが描く目標(あるべき姿)が異なれば、人により問題の認識も異なります。
先に取り上げた「人口減少化」の問題も、国力の低下や年金問題の深刻化から、大きな問題である、と考える人もいれば、地球全体の規模で考えれば、人口が急増している現代にあって、一国の人口減少をさほど問題視する必要はない、と考える人もいます。
つまり、そもそものあるべき姿(目標・基準)が異なるために、問題の捉え方が異なってくるのです。

一方、ビジネスの現場でも、環境が大きく変化し続けている状況では、いったん定めた目標も、常に見直しが求められます。つまり、環境変化を捉え、それをふまえて新たに目標を設定し直すことにより、「問題」も変化するのです。


課題とは
一方、「課題」を辞書(広辞苑)で引くと「題・問題を課すること。
また、課せられた題・問題」とあります。
「問題」も「課題」も“解決”という言葉を伴うことから、
 「課題」とは次のように定義できます。

「課題とは、
  問題を解決するために、
  行動を起こすことを意志表明したもの」


問題は、主体的に解決する意志を持って行動を起こすことによって解決に向かいます。
それが、課題形成する、課題化するということです。

問題と課題の違い

「問題を課題に落とし込まないと解決できない」

問題
1.問いかけて答えさせる題。解答を要する問い
2.研究・論議して解決すべき事柄
3.争論の材料となる事件。面倒な事件
4.人々の注目を集めている(集めてしかるべき)こと

課題
1. 題、また問題を課すること
2. 課せられた題、問題



問題と課題のいずれに該当するだろうか?

「問題」は事象。
「課題」は取組。

「問題」は自分に課せられない。
「課題」は自分に課せられている。

「課題」は「問題」を解決するための手段。



(1)顧客クレームが多い →問題
(2)コストを削減する →課題
(3)品質向上に努める →課題
(4)組織方針が不透明 →問題

「問題」=地球温暖化により、異常気象や海面の水位の上昇が懸念される

「課題」=地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量を削減する必要がある


「問題」=会社の売り上げが下がっている

「課題」=売り上げをアップするための部署や自分のノルマ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: