「あるべき姿」と「ありたい姿」

TQMにおいて
「あるべき姿」と「ありたい姿」は区別されている

あるべき姿
  すでにある目標(すでに存在している目標)

ありたい姿
  これから新たに設定する目標

「あるべき姿」=「問題解決」

「ありたい姿」=「課題達成」


「あるべき姿」は
  よくコンサルティングで使いますが、

「ありたい姿」は
  使ったことがありませんでした


ありたい
  手前の目標 あるべき
  ビジョンに近い目標

あるべき
  ビジョンに近い目標 ありたい
  手前の目標 (上のものと真逆ですね)


悪さを排除する
 「問題解決」

良さを創造する
 「課題達成」

問題解決とは
  あるべき姿(目標値)に近づけるための
  「悪さの排除」を追究する改善

課題達成とは
 ありたい姿に近づけるための
 「良さの創造」を追究する改善
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: