スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロ経済学とミクロ経済学の違いとは

•マクロ経済学とは
マクロ経済とは
 経済の一部で、
 一般的に政治経済とも関係していて、
 大きい規模の話です。

例えば
 国の経済など、大きいスケールでの経済です。
つまり、
 グローバルや社会の経済のことです。
もっと詳しく言うと、
 失業率、税金、利子などのことです。


•ミクロ経済学とは
ミクロ経済も経済の一部ですが小さいスケールです。
個人、
例えば
 家族、会社、従業員などに関する経済の話です。
例えば
 需要と供給、消費者と従業員、商品の価格など
 日常に関する経済と言ってもいいでしょう。
つまり
 消費者と企業がどのようにニーズやサービスを満たすかということです。
また、
 心理的にどう影響しているか、
 消費者のニーズ、商品の質などの話も出てきます。


マクロ経済とミクロ経済の違い
上に説明した通り、
 この2つは違うものです。
•マクロ経済は
  全体的、相対的な見解があるのに対し、
 ミクロ経済は
  個人レベルの見解を持っています。
•マクロは
  国など大きいスケールを扱うのに対し、
 ミクロは
  消費者など小さいものです。
•またマクロは
  PIBが国の生産高を調べたりするのに対し、
 ミクロは
  一会社の商品の質を扱います。
•状況も違います。
 例えば
  新しい安い車の生産はミクロ経済に影響を与えますが、
  マクロには関係していません。
•この2つは違うように見えますが、
  全く関係ないということでもありません。
 経済を理解するのに両方大切なんです。
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: