スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空の巻(2)

心は空(くう)なり

空(くう)は
 「道」です。

「道」は
 空(くう)です。



空(くう)には
 善があります。
 悪はありません。



智恵があり、
 理(ことわり)があり、
 「道」があり…

人の心は
 空(くう)となります。
スポンサーサイト

空の巻(1)

空(くう)とは

最後に、
 私の流派について
 あらためてお話させていただきます。

私の流派は、
 二天一流(二刀一流)といいます。



この章のタイトルは「空の巻」です。

空(くう)とは、
 なにもないことです。



ものごとが
 「ある」ことを知って初めて、
 「ない」ことがわかる。


それが空(くう)です。



世間一般では、
 無知であったり、
 どうしていいかわからない状態のことを
 空(くう)ということがあります。

でも、それは違います。


迷わず、
 怠らず精進して
 はじめて空(くう)に近づけます。




精神や気持ちを磨き、
 「観」と「見」の目を養います。

そうすることで、
 少しの迷いもなく心が晴れ渡ったとき、
 空(くう)の境地に達します。


本当の空(くう)を知らないうちは、
 自分では「これが正しい!」と思っていても、
 どこか間違っているかも知れません。

まっすぐな気持ちを基本とし、
 真心を大切にしながら、
 「道」を歩んで行きたいですね。

「空の巻」

心のあり方について
 書かれています。

「勝利の法則を体得したうえで、
 勝利の法則にとらわれない」

風の巻(あとがき)

この風の巻では、
 9か条にわけて他流のことを書いてきました。

それぞれの流派の内容は、
 人のとらえ方や考え方によって変わってきますから、
 どの流派がどうだとか、
 実名を出すのは止めておきました。



ほかの流派を見ると、
 刀の長さにこだわる流派だったり、
 短い刀で勝とうとする流派だったり、
 力強さにこだわる流派だったりと…

どれも片寄った考え方です。




わたしの流派では、
 そのようなことがないようにしています。

もったいぶった奥義もありません。

これが絶対オススメという、
 決まった構えもありません。

心を込めて、
 体で覚える。
それだけです。

風の巻(9)

奥義などない

ほかの流派では、
 奥と表を区別することがあります。


奥とは、
 奥義・秘伝のこと。

表とは、
 初心者向けのワザ、
 ひろくオープンにされているワザのことです。



でも、実際に敵と戦うとき…
 「初心者向けのワザで戦おう!」とか
 「奥義・秘伝のワザで戦おう!」

などと考えている暇はありません。



だから、
 この区別にはあまり意味がないんです。

わたしの流派では、
 初心者には
 つぎのように指導しています。


まず、
 その人の得意なところ、
 理解しやすいところを身に付けていただきます。


そして、
 理解が深まったのを見て、
 だんだんと深い部分を伝授していきます。


奥だの表だのと、
 もったいぶった区別はしません。



山を思い浮かべて下さい。

山の奥へ奥へと進むと、
 いつの間にか、
 表(ふもと)に戻っていることがあります。



奥は表に通じます。

表は奥に通じます。

区別できるものではありません。

奥も表もなく、
 まっすぐな道を、
 まっすぐに伝授する。

それを心掛けています。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: