スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安定した成長を続けるためにANAが実践している習慣とは?

文字色HARBOR BUSINESS Online - 2015年9月19日

英国SKYTRAX社エアライン・スター・ランキングにおいて
 3年連続で世界最高評価「5スター」を獲得し、
  2007年、2013年にはエアライン・オブ・ザ・イヤーを受賞した
  日本が世界に誇る航空会社ANA

 こうした評価が証明するように安定した成長を続けるANAには
  「チーム」という概念が浸透しており、
  それが社員全員を「共通の目標」に向かわせる原動力になっている。

 そしてチームを一つにまとめるには
  「日頃の雑談が欠かせない」
  ANAビジネスソリューション講師・田口昭彦氏は語る。

 一見、
  作業効率を下げることにしか思えない雑談が

 
 なぜ欠かせないのだろうか?
  9月1日に『ANAが大切にしている習慣』を上梓した
 ANAビジネスソリューションの講師である田口氏に、
その理由を聞いてみた。

※「上梓」(じょうし)とは - 書籍を出版すること。
大昔、印刷方法がまだ版画だったころ、アズサの木を使っていたことから。


◆雑談は「暗黙知」の宝庫

 「誰に対しても、いつでも、何でも話し合うというのは、
  実は航空業界では当たり前の習慣なのです」

 パイロットの世界には
  「ハンガートーク」という言葉があり、
  これはハンガー(飛行機の格納庫)で
  パイロット同士が雑談に花を咲かせるという意味なのだそうだ。
 そして、
  この雑談の中で交換された
  経験や勘に基づく知識が「暗黙知」となり、

  時にアイディアとなり新たな事業展開のきっかけになったり、
  日常業務のエラーやミスの防止につながるのだという。

  「航空業界は安全が第一です。
   ささいなことでも、
   上司部下の分け隔てなく何でも
  “おせっかい”なほど言い合う文化が、
   結果的にさまざまな知識の共有につながっているのだと思います」
  と田口氏は語る。

 自分の経験を積極的に第三者に話し、
  相手の経験を自分のものとして共有する。
 必ずしも、
  すぐに役立つ知識ではないかもしれないが、
  蓄積された暗黙知は、
  いずれ会社の血となり肉となるのだ。


◆雑談の場は積極的に作る
 スマホ全盛期を迎え、
  SNSを通し情報を交換する人が増えている。
 こういった状況は、
  ANAも例外ではない。
 「気の合う仲間同士での雑談では、
  得られる情報も限られます。
 そのためANAでは、
  積極的にさまざまな人と雑談のできる場を設けています」
 と田口氏は語る。

「お弁当を食べるスペースもそうですし、
  自動販売機のそばに小さなテーブルと椅子を置けば、
  そこが雑談のできる場になります。
 またANAでは、
  イントラネットを整備し、
  社内で広く情報を共有できるようにしています。
 ANAには派閥はないと言われていますが、
  ◯◯会といった集まりが活発です。
 入社の年が同じ同期会はもちろん、
  空港ごとに会を作って、
  何かといえば集まって雑談のなかから情報を共有しています」

 情報共有はもちろんのこと、
  こういった日常の交流が、
  社員の一体感の醸成に一役買っているようだ。

LCCの参入により、
 競争が激化する航空業界。
そのなかにあって、
 知識や目標の共有に成功しているANAは、
 今後も社員一丸となって安定した成長を続けることができそうだ。
<文・写真/HBO編集部>
スポンサーサイト

「知識創造企業」

著者 池上秀徳社長

暗黙知を形式知に変える

「形式知」とは
 言葉やデータで表せるもの

「暗黙知」とは
 経験や勘と言った 個人が持つノウハウのこと

暗黙知を形式知に置き換え
 共有することが大事


「暗黙知」である経験や勘が
 公文式の技術である

ある個人の極めて主観的に洞察や勘は
 形式知に変換して社内の人達と共存しないかぎり
 会社にとっては価値が無いに等しい


公文式の指導技術を
 先生が個人の暗黙知として持っているだけでは
 価値がないし 発展しないと言える

公文式で学力を付けるには
 先生たちの経験や勘
 つまり、暗黙知が大きく影響するのです

こどもにとって "ゼロ"が
 すごく難しいのです

27×8の掛け算の方が
 こどもたちは ずっと楽なのです

20×3=63? と言って間違えるので
経験して難しいとわかるので

次の子からは 
 そこが難しがることを念頭において
 準備しないといけないという繰り返しですね

それぞれの子供が難しいと感じるところを把握し
 復習を取り入れたり 渡す教材を減らしたりしている

学ぶことに嫌気がささないように
 準備することが大事


公文では
 暗黙知の指導技術をみんなで共有できるよう
 講義や経験を話し合う場をつくってきました

それぞれ持っている暗黙知を出し合っても
 先生が課題にしていることも違うので
 なかなか話が噛み合わない

そこで
テーマや話し合いのやり方を決めて
 6~7人で話し合ったらどうか

それをまた、実際の現場でやってみることで
 さらに気づきが深まる
それをまた、持ち寄って
 先生と話し合う
小集団ゼミを2年ほど前から取り入れた
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: