コロンブスの卵

【意味】
 コロンブスの卵とは、
 誰かがやった後であれば簡単そうに見えることでも、
 最初にそれを思いつき実行することは難しく、貴重であるということ

【注釈】
 「新大陸の発見など誰にでもできる」と中傷されたコロンブスが
 テーブルの卵を一つ取って
 「それでは、この卵をテーブルの上に立ててみよ」と言ったが、
 誰もできなかった。

 そこでコロンブスは、
 卵の尻をこつんとテーブルで潰して立ててみせ、
 「新大陸の発見もこれと同じだ。
  西へ船を走らせれば、
  誰でも大陸にぶつかるかもしれない。
 なんでもないことであっても、
  それを最初に思いつき実行することが重要なのだ
 と述べたという話から。

スポンサーサイト

ナポレオンの村

愚かな者は過去を 
賢き者は今を 
そして狂った者は未来を語る

過ぎたことで心を煩わせるな

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: