スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2話 「任すから任せるに足りる人を創れ!」

東川鷹年の「中小企業の人育て」

「任すから
 任せるに足りる人を創れ!」

 という大命題を受けたのは良かったが、

さて、
 具体的にどうすればいいのか?
 


真剣に考えて七転八倒したが、
 とりあえずその答えの糸口を見つけるために、
 まず全社員が平等に持っているものを武器にして
 社員教育すればいいの ではと考えた。

結論を述べるとそれは、
 一日1440分という「時間」と
 140~150億という
 脳細胞の数という「脳力」、
 その結び付き方
 (回路づくり=習慣 づくり)

(※城野宏先生の提唱した脳力開発という考え方)
 があるという事に行き着いた。

この2つを武器として最大限に活用していける社員に育てれば、
 先代社長のような人物になれると
 目からウロコが落ちる思いをしたのであ る。

詳細は
 折に触れるとして、
 
その内容を具体的に社員の行動レベルに
 落とし込んでいこうとする過程の中で
 「任すから任せるに足りる人」とは、

“社長と同じ考えを持って行動し
 成果を上げてくれる人
 ”すなわち“社長の分 身”を創る事が
 重要なんだとの気づきがあった。


そんな折、
 先代社長に
 「任すから任せるに足りる人」を
 一言で言うとどうなりますか?

 と訊ねると、

「経営者的な感覚を持った人でないとあかんなぁ」
「担当する仕事の責任を自ら全うできる人でないとあかんなぁ」

 などと言われ、
 まとめ上げた結論 が、
 「部門経営者」となった。

これは、
 「自分が担当する仕事は
  自分が最高責任者なんだ」

 という意識を持って仕事をする人という意味である。

そして、
 それを定義づけ た。

 「自らが計画を立て、
  チェックし、改善し、
 その目標の達成に責任を持つ」 

 
 そんな人を育てればいいんだ
 という結論に行き着いた。


もし、
 全社員がこの部門経営者に育てば、
 どれほど“強い会社”になるかと思うと
 身震いがしたことを今でも覚えている。

皆様の会社を取り巻く
経営環境のめまぐるしい変化に対応し、
 ビクともしない“強い会社”とするためには、
 この部門経営者を育てる
 “人づくりの仕組み”が重要ではないでしょうか。


次回から
 この“人づくりの仕組み”をつくる過程の中で、
 先代から学んだ事を具体的にお伝えしていきます。
スポンサーサイト

職場の問題とTWIの主な関係

TWI(Training Within Industry for Supervisors) 
 監督者の方々のための企業内訓練

この訓練の基本理念
1.人間性の尊重、
  すなわち人間一人ひとりの存在価値や
  尊厳を認めるということ。
2.科学的接近、
  すなわち作業(業務)上の
  ムリ、ムダ、ムラを取り除くこと。


TWIの基礎訓練(10時間訓練)の特徴は
1.定型化されていること
2.討議と実演によって行われていること
3.知識より技能、
  すなわち知るということよりできるということを重視していること
4.講習の進行は平易であり、
  即効性があること


訓練内容(詳細)
 JI: 仕事の教え方(Job Instruction)、
 JM: 改善の仕方(Job Methods)、
 JR: 人の扱い方(Job Relations)

  について説明しています


職場の問題とTWIの主な関係

職場の問題   TWI-3Jの活用範囲

従業員の仕事について
 知らない できない 不十分

JIを用いる
 従業員に作業を理解させ、
 又はよくできるようにさせる。


職場の作業方法や成果について
 やりにくい 手間がかかる 骨がおれる 馴染まない

JMを用いる作
 業方法や配置などを改善して作業を楽に、
 やりやすく、かつ効率的な姿にする。


職場の人との関係について
 やる気がない ルーズである 相互関係がよくない
 
JRを用いる
 職場における人との問題の発生を予防し、
 又は、発生した問題を巧みに処理し、
 気持ちよく働ける職場にする。

TWI

「TPS」の基礎である「TWI」。

2011年
中国の位置づけが「世界の工場」から「世界の市場」へと成長し、
西部開拓の進展もあって「安くて豊富な労働力」という姿は中国から消えつつあります。

「中国もこれからは品質勝負か!」とやっと気づいた中国の日系企業は
 自国の製造業の発展史を掘り出し、「TPS」に視線を向けました。

しかし、
 それは以前の記事にも書いてあったように、
 「小学1年生に夏目漱石の文章を読ませる」のと同様で、
 柱抜きで天井を作っています。

[TWIとは?]
TPSの真髄は「カイゼン(改善)」であり、
 そして実施するにあたって必要となる技能は「TWI」であります。

「TPS」の理念は表面的なもので、
 実施するにあたって必要となる“技能”は「TWI」です。

理念や知識だけを熟知しても、
 実行させる“技能”がないと、
 折角の宝物が台無しになります。


「TWI」-Training Within Industryの略語で、
 即ち企業内訓練です。

第二次世界戦争中のアメリカにおいて、
 兵器の生産を確保するにあたって、
 多国籍の人々を現場で抱えていました。
生産効率そして品質を確保する為の現場の管理そして教育方法として
 「TWI」は作られました。

「TWI」には3つのコースがあります。
 「JI-仕事の教え方」、
 「JR-人の扱い方」、そして
 「JM-改善の仕方」です。
 〔2011年、JS(安全な仕事の仕方)が加わりました〕


では、何故製造業にはTWIが必要かについて、
 まず「JI-仕事の教え方」からみてみましょう。

[仕事の教え方]
教えることは技能です。

作業者を育成し、
 継続的な成長を目指す為の重要な技能です。

成果として、
 ムダ、手直し、不良品の減少/
 職場安全意識を高めて災害の減少/
 職場で活用する道具や設備の破損の減少などがあります。

良い教え方というのは、
 正確に 安全に 良心的に 速く 仕事を覚えさせる方法です。

今よく使われている方法として、
 まず言って聞かせるという方法があります。

仕事のやり方を、
 「人に言って聞かせる」のは、
 適切にやれば良い方法かもしれませんが、
 限度があります。

次に
 やって見せるという方法も
 職場でよく使われています。

この方法もまた適切にやれば良い方法かもしれませんが、
 やはり限度があります。

もちろん、
 十分で口で教えられるか、
 見せてもらえば、
 その仕事を覚えることはできます。
しかし、
 これは確実で信頼できる教え方ではありません。

ここに、
 どんな場合でも使えば必ず効果のある、
 確実で信頼できる方法があります。

この方法というのは、
 日本の産業界で多くの実績を挙げている「TWI-JI」です。

[作業分解]
「JI-仕事の教え方」の真髄は「標準」とも言えます。

「作業分解」、「四段階法」何れも「標準」に基づき、求めています。

TWIの3つのコースには、
 それぞれTTT(トレーナ養成コース)があります。

JIのTTTに参加し、
 日本産業訓練協会認定TWI-JIトレーナ資格を取った者たちの指導を受けると、
 恐ろしい程、
 セリフまでほぼ同じ指導方をしています。

指導するには、
 事前準備という認識が極めて大切です。

多くの現場の指導者は、
 教える前に仕事を考えることが少ない為、
 教えるべき大事な点を見逃してしまいます。

そして自身が思っている程、
 仕事を理解していない為、
 指導する際に伝える方法、
 手段が考えられなくなります。

「作業分解」で解決できます。

「作業分解」とは
 作業標準書(WIP,SOP)+監督者の作業経験+自問法で整理したものです。

教える作業の順序、
 急所を整理する指導者に大変重要な「標準」です。

[標準]
「中国のワーカーは標準作業を守らなくて困る」と、
 日本人の工場管理者からそのような嘆きを聞いています。

それは、多くの製造業を悩ませている様です。

では、標準作業を守らないとどうなりますか?

例えば、
 縫製作業で、
 標準ピッチは1インチ当たり7.5針ですが、
 熟練ワーカーは
  スピードアップの為に
  ミシンを1インチ当たり8針に設定し縫製を始めました。

その結果、
 言うまでもありません、
 不良が大半でした。

中国人の頭は
 ある意味合理主義で、
 ついつい近道、
 即ち手間の掛からない方向に行ってしまう傾向があります。

標準作業を守ることは
 極めて大事ですが、
 悲しいことに、
 多くの企業では守るどころか、
 標準すらないところも少なくありません。


変な言い方かもしれませんが、

標準をきちんと決められているところでは、
 ワーカーは頭を使う必要などありません、
 手だけ動かせばよい、
 ただ標準に従って機械的に働いていれば済みます。(頭は改善に使う)

今数多くの製造業は
 TPSを推進して、
 毎日改善・改善と言っていますが、

その基礎である
 「標準作業」さえも守れないところに
 改善など絶対無理です。


標準は見直すためにあるもの。
 標準があってこその改善、
 標準もないのに何を根拠に改善したと言えますか。

特に従業員の定着率が低い今では、
 標準作業の大切さは一目瞭然です。
誰が辞めても、
 新しく入ってきた人には必ず標準で教わり、
 標準を守っていれば、
 業務への影響は少なくなります。

標準を守れ!それだけでもきっと効果が見えてきます。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: