スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営学の3C

私がプレゼンテーションを練るとき、
 必ず考えているのは3Cの切り口です。

3Cはご存知でしょうか?
経営学の初歩で学ぶことなのですが、3つの頭文字がCなので3C。

1.顧客(Customer)
2.自社(Company)
3.競合(Competitor)

この3つの観点すべてからもれなく考えることで、
 事業コンセプトや商品コンセプトが練られるというものです。
私がこれについて初めて聴いたのが22歳のとき。
まだビジネスの右も左もわからない学生でしたが、
 「これならば、うまく物事を整理できる!」と深く納得したのを覚えています。

それから数年。その知識を「事業や商品のコンセプトが練られるのならば、
 プレゼンのコンセプトも当然、
 練ることができるだろう」と活用しはじめたのですが、
 やってみて、すぐにうまくいきました。

たとえば、
 スピーチなのでこの3Cに当てはめて考えると、
 良いアイデアが出やすいなど。
まぁ、汎用的なフレームワークですから、使えて当然です。

3Cをビジネスプレゼンテーションに反映する3つの質問
さて、では3Cをどう活かせば、プレゼンに使えるのでしょうか?

単純に
 「顧客は誰か?」
 「競合はどこか?」を考るだけではありません。

そんなことは書き出さなくてもわかっていることですから、
 単なる穴埋めにしかなりません。
つまり、それでは思考は深まらない。

3つのCをコンセプトを練るのに使うには、
 言葉の変換が必要になってきます。
私の頭のなかにある質問を書き出すと、



1.顧客(市場性)
 受け手が望むことは何か?

 受け手が知りたいことは何か。
 受け手自身が気づいていないけど欲しているものは?

2.自社(優位性)
 自分たちの強みは何か?提供できるものは何か?

  自分の良いところをプレゼンで活かせるとしたら、それは何か?

3.競合(差別性)
 競合には出せない、価値・メッセージは何か?

 自分のプレゼンは、
  月並み・ありきたりのものになっていないか?

といったところ。
意識的にも、無意識にも、プレゼンの際はこれらをグルグルと考え続けています。

3C(Company,Customer,Competitor)

3Cで考える際にありがちなのは競合の無視
この3Cで考えられないと、視点にモレが起こってしまいます。

特にありがちなのは、
 受け手(顧客)の望むものにだけフォーカスしてしまい、
 競合を意識していない、
 ありきたりなプレゼンになってしまうこと。

長年、多くの企業さんでプレゼンテーション研修のお手伝いをしていると
 典型的によく見るパターンです。



たとえば、
 IT企業さんでありそうなプレゼンを例にとると。

古くなったサーバーのリプレースをしましょう。
そして、仮想化の技術により、
 サーバーのリソースを最大活用すれば、コスト削減にもつながります。

この提案は、
 もしかしたら
 Company(自社でできること)の視点と、
 Customer(顧客の望むこと)の視点はカバーするかもしれません
 (それでも、もっと踏み込めば磨ける余地はありそうですが)。

でも、その提案って、競合他社も同じレベルのものは持ってきそうじゃないですか?

「他社ではなく御社に頼むからこそ、うちにとってプラスで得られるメリットって何ですか?」という、受け手のなかに眠る質問に明確な答えを出せていないわけです。

もしかしたら、考えても答えが出てこないこともあるかもしれません。でも最低限、考えないと答えはでないですから。まずは3つの視点で考えきることを大切にしてみてください。
スポンサーサイト

三人寄れば文殊の知恵

三人集まれば、一人で考えるより
 色々なアイデアが集まり良い知恵になるものだ。

◆使用例
一人で考えていても駄目だったけど、
 みんなの意見を聞いて解決したよ。

やはり「三人寄れば文殊の知恵」だね。

◆一言メモ
三人寄れば文殊の知恵と似たような話に、
毛利元就「三本の矢」の故事が有名です。

毛利元就の場合は
 一族の結束を説いた故事ですが。

三人寄れば文殊の知恵と三本の矢を合わせて考えると。
三人が結束を持って行動し、
 考えを出しあえば凄い力になる。

とも言えますね。

アベノミクス3本の矢

安倍晋三第96代首相が打ち出した経済政策「アベノミクス」の柱となる
 3つの方針を指して用いる語。

具体的には
 大胆な金融政策、
 機動的な財政政策、
 成長戦略

 の3つの総称である。

これらにより、
 デフレ及び円高から脱し、
 日本経済を改善することが目標とされている。

一般的に、
 1本目の矢が金融政策、
 2本目の矢が財政政策、
 3本目の矢が成長戦略
 とされる。

具体的に金融政策では、
 2%の物価上昇率を設定し、
 金融緩和が行われる。

また財政政策は、
 東日本大震災の復興や
 老朽化した公共インフラの整備などの公共事業の拡大を中心としているが、
 一部ではバラマキとして批判を受けている。

3本目の矢である成長戦略では、
 主に特区設置や規制緩和などを通じて、
 国内外からの投資拡大などが見込まれ、
 民間主導で景気を改善させることが重視されている。

また、
 外資を呼び込むことや
 公共インフラの拡充なども成長戦略の中心といえる。

三本の矢

三本の矢

毛利元就が三人の子に伝えたとされる、
 結束の重要性を説いた逸話。

「三矢の教え」「三本の矢の教え」とも言う。
曰く、
 矢は1本では簡単に折れるが、
  3本束ねると折ろうとしても簡単には折れない。

 同じように一族も結束して強靭に生きよと説く教訓。



毛利元就【もうりもとなり】
 (1497~1571) 戦国時代の武将。
大内義隆が家臣陶晴賢(すえはるかた)に倒されたのち,
 陶氏を討って周防・長門を支配下に収め,
 出雲の尼子氏を倒して中国地方一〇か国を制覇。

一族の結束を固めるための
 三本の矢の教訓が有名。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: