孟子の性善説

孟子の性善説、
荀子の性悪説

人間の本性に関する対立というよりは、
 むしろ教育あるいは政治の問題であった

(→孟子 × 荀子 人間の本性)。

孟子の性善説が言うのは、
 人間の本性は潜在的な意味では善だ、
  したがって、
  善なる性質は外部から押し付けられるものではない、
 しかし
  同時に、
  萌芽状態から顕在的な状態へと現れなければならないのであり、
  そのために孔子の教えが必要なのだ、
  ということである。
 
これに対して
 荀子の考えでは、
 人間はそのままでは悪である。
 
人間が本性的に善だというのは偽であり、
  人為の結果である、
  しかし、
  人間は理想としては善を目指さねばならない、
 したがって、
  そのための教育、
  人間の悪なる本質を抑圧し、
  善性を植え付けるような政治が必要なのだ、と。
 
つまり、
 目指すところは大して違っているわけでないのである。

違っているのは、
  その目指す目的のための手段である。
 
孟子の立場、
  人間の潜在的な善性を助長する立場を
  「徳治」と呼び、
 
荀子の、
  人間に善性を植え込むという立場を「礼治」と呼ぶ。
 これは教育と政治に関して次のような帰結をそれぞれ生むことになる。
 
孟子の立場、
 これは善性を助長し、
 育てるという自然主義の教育を主張することになる。
これに対して、
 荀子の場合、
 人間は善へと形成されねばならない、
 それは明らかに人為である。
 
また、
 孟子はいわば民主主義的な立場に近いのに対して、
 荀子は上からの統治の立場を打ち出す。

したがって、
 政治に関して荀子は、
 むしろ法治を説いたとも言えるのであって、
 これは後の法家の思想に影響を与えたのである。

ただし、
 その場合に荀子のいうのは、
 法の原理が儒教的な徳目にあるのだ、
 ということなのである。
スポンサーサイト

性善説

当社は性善説だから、内部統制はいらないのか?

•内部統制全般
 「性善説」「性悪説」と内部統制のお話です。
 内部統制は「性悪説」に基づくもので、
 「性善説」の下では内部統制はいらない、
 という風に誤解されている方もいると思われますが、
 そもそもそれらの説の本来の意味が取り違えられているようです。

それぞれに対する一般的な解釈は、
 以下のようなものだと思われます。

「性善説」
  人間は、生まれながらに善なので、
  放っておいても悪いことはしないから監視する必要はない。

「性悪説」
 人間は、生まれながらに悪い存在なので、
 放っておくとどんな悪いことをするのかわからないから
 監視する必要がある。
 
しかし、
 残念ながらこのような解釈は誤りで、
 儒教で唱えられた本来の意味を失っています。

性善説は孟子が唱えた説で、
 人間は誰でも善なる端緒を有しているので、
 それらを正しく伸ばすことによって仁義礼智を実行でき、
 王道政治の実現が可能となるとする説です。

すなわち、
 すべての人間は善人であって、
 悪いことをすると疑ってはいけない、
 とする説ではないのです。

生まれながらに善の端緒を有していても、
 外の悪に触れれば悪くなってしまいます。
 
性悪説は荀子が唱えた説で、
 人間の本性は生まれながらに自己の利益を追求する傾向
 (これを悪という。日本語の悪とは異なる概念)があるが、
 規範や礼儀に導かれて、
 善い性質を後天的に獲得できる、とする説です。

すなわち、
 人間は放っておくと悪事ばかりするので監視が必要だ、
 疑ってかかれとする説ではないのです。

生まれたままでは、
 欲望的な存在にすぎない人間でも、
 規範や礼儀を獲得し、聖人君子になりうるのです。

このように比較すると、
 性善説も性悪説も、
 人間は終始一貫して一定した存在ではなく、
 どちらにもなりうる存在であるという点で一致していることがわかります。

したがって、
 一般に「うちは「性善説」で経営しているから、
 従業員を監視して疑うようなことをするのはいけない」と考えるのは、
 本来の意味の性善説からかけ離れていることになります。
 
性善説であっても性悪説であっても、
 内部統制はやはり必要であるという結論になると思われます。

内部統制はどちらか一方に偏るのではなく、
 全社統制については性善説に基づき、
 経営層と従業員の善なる端緒を伸ばして
 健全な企業風土を築くことに重点を置き、
 業務プロセスの統制では性悪説に基づき、
 規範を重視すると考えたほうがより適切だと思われます。

また、
 「性善説」で経営しているから、
 統制をしないという場合、
 私は根本的な違和感を覚えざるを得ません。

経営者に本当にそれだけの覚悟があるのでしょうか?
人を信頼するのはよいことだと思うのですが、
 放置しておくと中には善からぬことを考える輩がいるのも世の常です。

何かが起こったとき、
 経営者はどういう態度を取るでしょうか?よく聞くのが、
 「信じていたのに裏切られた」
 「あの人がそんなことをするような人に思えなかった」
 という言葉です。

信頼を裏切られたときに、
 裏切った相手を恨んでいます。

相手のせいにしています。

やはり経営者にはこう言ってほしいものです。

「私が信頼した人間のしたことは、
 私のしたことと同じだ。この責任は私が取る。」

他人を信頼するということは、
 これくらい重いことだと思うのですがいかがでしょうか?
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: