スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本最古の本『古事記』の内容とは?

日本最古の本である
 『古事記』


戦前まで、
 小学校で使う歴史の教科書には
 日本の神話が書かれていたことをご存知でしょうか。

なんと子供たちは、
 日本は神代の時代から続く国であり、
 天から神様が降りてきて国を作ったのだ、
 と教えられていました。

戦後そのような部分は
 一切削除されたのは言うまでもありませんが、
 この日本神話の原典ともいわれているのが
 日本最古の書物『古事記』です。

『古事記』は、
 和銅5(712)年に天皇の命を受けた
 太安万侶(おおのやすまろ)が
 稗田阿礼(ひだのあれ)という人の口誦(口伝)を基に編纂した
もので、
 つまり大昔から代々語り伝えられてきた話を集めた書物なのです。

戦前までは、
 皇室の祖先のことが記載されていることから、
 単なる歴史書としてだけではなく神典としても扱われていました。

『古事記』は
 全三巻構成になっており、
 
第一巻には
 イザナギとイザナミの国生み神話をはじめ、
 スサノオのヤマタノオロチ退治の話やオオクニヌシと因幡の白兎の出雲神話、
 その他に天の岩戸神話、天孫降臨神話など、数多くの日本の神話が網羅されており、
 物語として楽しめる内容になっています。

第二巻と第三巻は、
 神話ではなく初代神武天皇から三三代推古天皇までの事歴について詳しく書かれています。
『古事記』が編纂されてから
 8年後の養老4(720)年には
 『日本書紀』も編纂されましたが、
  こちらは中国の史書と同じように年月日まで詳細に書かれており、
  古事記に比べると史実性が高いという評価もあります。

これら『古事記』と『日本書紀』は
 併せて『記紀』と呼ばれ、
 日本古代の歴史を研究する上で欠かすことができない資料としても認められています。

今では現代語訳版なども出ていて、
 より一層読みやすくなっていますので、
 日本人としてのアイデンティティーを探る上でも一度読んでみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

おもしろ川柳

高寿命 LEDと 我が女房

イケメンも 飼い慣らされて 今イクメン

「宝くじ 当たれば辞める」が 合言葉

テレビ局 子役頼みの 視聴率

妻がした 計画停電 オレの部屋

地図アプリ ひらいてなやむ ここはどこ

図書館で FaceBookを さがす父

オレの指 スマホも部下も 動かせず

鍋奉行 仕事に活かせ その仕切り

立ち上がり 目的忘れ また座る

誰かやる 誰かやるだろ そのうちに

中高年 足より口で 山登る

物忘れ 増えて良くなる 夫婦仲

久しぶり 名が出ないまま じゃあまたね

我が人生 付けてあげたい カーナビを

今日熱海 明日は箱根か 入浴剤

電池切れ 電話ボックス 5年ぶり

くじ運は 悪い方だと 妻を見る

マイホーム 持ったがないぞ マイルーム

帰り路 ナビがしゃべって ヨメ寝てる

ただいまは 犬に言うなよ オレに言え

年賀状 生きてる証に 投函し

温暖化 なのに就活 氷河期へ

あなただけ 言った妻が あなたどけ!!

百切れぬ ゴルフも腹も 超メタボ

不景気で 就活あきらめ 婚活へ

オレオレに 亭主と知りつつ 電話切る

タバコより 体に悪い 妻のグチ

デジカメの エサはなんだと 孫に聞く

社長より 現場をよく知る アルバイト

衣食住 すべてそろった 偽装品

プロポーズ あの日にかえって ことわりたい

「課長いる」 返ったこたえは 「いりません!」

「ゴハンよ」と 呼ばれて行けば タマだった

いい家内 10年経ったら おっ家内

まだ寝てる 帰ってみれば もう寝てる

素泊まりの 我が家に向かう 終電車

ゴミだし日 すてにいかねば すてられる

俺定食 息子給食 妻美食

お出掛けで いつもパパだけ 同じ服

賽銭の 少ない人ほど 願い事

暗算の 力が落ちて 概算で

ケンカして わかった妻の 記憶力

忘れぬよう メモした紙を また捜す

おもしろ川柳

キレやすい 部下を替えたい LED

節電で 早く帰ると なげく妻

定年後 田舎に帰れば 青年部

風物詩 年に一度の 首相決め

最近は 忘れるよりも 覚えない

オレ流を 通して職場 戦力外

胃カメラじゃ 決して見えない 腹黒さ

スマホより トクホが先と 妻が言う

想定外 言い訳する時 よく使う

娘たち 禁煙しても 煙たがる

なんになる? 子供の答えは 正社員

指舐めて ページをめくる アイパッド

晩婚化 婚活最後は 髪頼み

いつかやる きっとやるぞと もう定年

天職を 求めて転職 今無職

ランチ代 牛丼価格に 値下げされ

「パパ嫌い」 だけどお前は パパ似だよ

人員が 「ととのいました」と 解雇され

ツィツター 私が言っても ひとりごと

妻からの 視線にほしい 温暖化

母の耳 内容次第で 遠くなり

水族館 フグもメタボと 孫笑う

定年後 肩書き外れ 人離れ

妻キレて 「来とうなかった  嫁になど」

コンカツは ロースか?フィレ?かと 父は聞き

リストラは どこにいるのと 孫が聞く

「離さない!」 10年経つと 話さない

久しぶり ハローワークで 同窓会

やせたのは 一緒に歩いた 犬だった

夢を持て 夢を持ったが 夢だった

コスト下げ やる気も一緒に 下げられる

胸よりも 前に出るなと 腹に言う

息合わず 配るティッシュが もらえない

ipod すぐに沸くかと 祖母が聞く

待ちわびて 来れば寂しい 給料日

腹八分 勧める医者が 太鼓腹

休みなし ボーナスなしでも ノルマあり

今帰る 妻から返信 まだいいよ

円満は 見ざる言わざる 逆らわず

いつ買った 返事はいつも 安かった

温暖化 おなかの肉は 段々化

宝くじ はずれて辞表 また破り

先を読め 読めるわけない 先がない

おもしろ川柳

仕事やれ 人に言わずに お前やれ

「会いたいね」 その一言で 切れぬ縁

ゆるキャラの おなか指差し ママみたい

政治家も ビールに負けじと 第三に

ダルビッシュ 一球だけで 我が月給

小遣に 消費税を かける妻

夢がある 君の話は 無理がある

頼みごと 早いな君は できません

妻と子に 話しかけたが 独り言

営業に 連れて行きたい 嫁の口

人生に カーナビあれば 楽なのに

妻よりも しゃべってなでてる タブレット

読み切れぬ 妻の心と 円と株

窓口で 歳も聞かれず 割り引かれ

同窓会 顔より先に 頭見る

決めごとは まずはパートに きいてから

乗る妻も 体重計も 悲鳴上げ

ips 再生したいな 国・経済

わが女房 タッチすれども 作動せず

子の次と 思っていたのに 犬の次

家族割 あるのに妻と 通話なし

みつめ合い 時も過ぎれば 睨み合い

その他に関する川柳

特選

六十代 五十代より 楽しいヨ

高い皿 知らず植木に 敷いていた

明日はダメ 歳を聞くなら 今日にして 

エクセルの グラフの色に 出る個性

なぐさめて いる時不意に 出るオナラ

天国に 行ってみたいな 日帰りで


準特選

老人会 5回行かぬと 死亡説

花でなく 鉢がいいねと ホメられる

マイケルを 見たら整形 怖くなり

おちょこにも 検尿コップの しるし有り

運賃と 言う度笑う 3歳児

納豆は 腐っているのに 期限あり

悪いねと 言って遠慮を しない人

入れ歯って 感謝するけど 大嫌い

順調で 余計なことを 考える

古希も過ぎ しつけ直しは もうできぬ

手の届く 範囲をそうじ トイレ中

雑草のように育てと ほっとかれ

100均で 1000円落とした 悔しさよ

気を使う 人と話して 気を使う

サングラスマスクで手を振るキミはダレ?

鼻がいい 言うけど犬は 耳もいい

聞こえるか どうかイヤホン 鼻にさす

忘れたい 人から届く 年賀状

やっと5句 できれば1句 時期はずれ 

お互いに 名前浮かばぬ 顔見知り

留守電に 鼻をすすって 切った人

俺一人 気取ってイヤな 記念写真

薄い毛に 理容師言葉 選んでね

骨壷の 中から漏れる 笑い声

ガンバレと 言うが全身 麻酔だぞ

髪抜ける シーズンなのか 年なのか
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: