スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章を豊かにするレトリック

3 ポイント
①レトリックとは何か
②擬人法などのテクニックを学ぼう
③豊かに伝えよう


レトリックとは何か

レトリックとは、効果的な表現方法に名前が付いたものです。代表的なものに、擬人法
や倒置法、漸ぜん層そう法があります。

擬人法などのテクニックを学ぼう
人でないものを人に見立てて表現したり、同じ意味のことばを言い方を変えて重ねたり
して、文章を生き生きさせましょう。

豊かに伝えよう
レトリックを意識して使うと、ドラマチックな表現や相手の心をグッとつかむ表現がで
きるようになります。



■基本的なレトリック
①比喩法 
 ものごとの説明に、
 類似したほかのものを借りて表現する方法で、
 ものごとをより鮮明に印象づける効果があります。

比喩法には次のようなものがあります。
⃝擬人法…………
  人ではないものを人に見立てて表現する方法。「空が泣いている」など

⃝声喩……………
  ものごとの状態・様子をそれに示すのにふさわしい音で表す方法。

  擬態語、擬声語など。「トントン」など

⃝直喩(明喩)…
  「ような(に)」などの語を使って、
  たとえるものと、
  たとえられるものを直接比較して示す方法。
  「夢のような話」など

⃝隠喩(暗喩)…
  「ような」などの語を使わずに、
  直接2つのものごとを結びつける方法。
  「人間は考える葦あしである。」など

②強調法 
 表現に迫力をもたらす方法で、
 読み手に強い印象を与える。
 強調法には次のようなものがある。

⃝倒置法………
  主語・述語・修飾語などの順を換えて意味や印象を強調する。「起きろ、早く。」など。

⃝漸層法………
  語句を重ねて用いることによって、徐々に詩や文章の意味を強めていき、
  結論や結末を強調する方法。
  「知ってますよ、知ってますとも、知ってるんですから!」など

⃝反復法………
  同じ語を繰り返して意味を強める。「気になっちゃうんだろう。
  こっち見てほしいんだろう。
  胸が苦しくなるんだろう。」など



■レトリックを用いた文章
演習文
    ①                                    ②         ③
「ふくよかな  海苔の香りが食欲を刺激して、まるで  母が握ったかのような   ……。
                  ④  
そうだ、あのおにぎり、半 分は懐かしさで  出来ています。」

①隠喩  ②直喩  ③黙説法
 (書かれていないことを、読者に推測させることで印象を強めるレトリック)  
 ④隠喩

まとめ
ただ情景を描写するだけでなく、
 レトリックを効果的に使うことで、
 読んでいる相手に鮮明に想像させることができます。
相手に話を印象付けたいときや強調したいときに、
 ことばを彩り、表現を工夫する方法がレトリックです。
レトリックを使って豊かな表現を身につけましょう。
スポンサーサイト

文章のレトリック(修辞法)の種類と例

倒置法……語順を逆にする
•通常の語順:風呂あがりのビールは、やっぱり美味しいね
•倒置法:やっぱり美味しいね、風呂あがりのビールは


倒置法は
 日常会話でもよく使用します。
ここで注目したいのは、
 どこが強調されるかです。

例文は会話文です。
相手がいる会話文の場合は、
 自然と感情を表す言葉や形容詞が前に来るので、
 前の部分が強調されます。


倒置法を使う意味は、
 言いたいことを
 先に置くということになります。


 
しかし、
 同じ会話文でも、
 小説の場合はこの関係は逆になります。
例えば登場人物が2人で会話している時に、
 「やっぱりおいしいね」と来たら、
 何が美味しいのだろうかと読者は気になります。
その後に「風呂あがりのビール」と来ることで、
 そちらが強調されます。
CMなどで同じ文章が出た場合も、
 やはり後ろが強調されます。
文章を書く際には
 実際の会話と文章での会話の違いを
 意識する必要があるでしょう。

また、
 説明的な文章を後に置くことでも、
 強調することができます。


倒置法(説明的な文章を後ろに置く)
•例:まるで、恋人たちを祝福するかのように、
 クリスマスの夜には必ずと言っていいほど雪が振る
•例:クリスマスの夜には必ずと言っていいほど雪が降る。
 まるで、恋人たちを祝福するかのように

文章の中では、
 倒置法によって
 後ろに置いた部分が強調される
 と考えるといいでしょう。


対句法
•例:美人は三日で飽きる。ブスは三日で慣れる
•例:猫は愛想が悪いが一途。犬は愛想は良いが浮気者


漸層法、逆説法、諷諭
• 漸層法……言葉の反復による盛り上がり
•例:「藪の中」(芥川龍之介「地獄変・偸盗 (新潮文庫)」収録)


 
本の中で紹介されているのは、
 「真相は藪の中」という慣用句の元になっている有名な作品です。
内容は、ある殺人事件について、
 警察官が関係者に尋問をしていくというものです。
事件とは、
 ある夫婦が強盗に襲われ、
 夫が殺されてしまうというものです。
しかし、
 関係者の証言はどれも皆食い違っています。
そして、
 殺された夫も、霊媒師の口を借りて証言をします。

強盗は夫を縛り付けた後、
 妻をレイプしました。
そして、
 事が終わると、
 強盗は「夫の目の前で恥ずかしい姿を見られては、
 この先夫婦としてはやっていけまい」と言い、
 自分の女になるよう持ちかけます。
そして、
 妻がその誘いに乗ったというのが、夫の証言です。
前置きが長くなりましたが、
 その証言の一部に「漸層法」が使われています。


逆説……真理に反した表現で、真理の一面を表す
•例:急がば回れ
•例:本当のやさしさとは、相手に厳しく接することだ
•例:自由を与えられた人間は不自由である
•例:人間は、嘘をつく時には、必ず、まじめな顔をしているものである。(「斜陽 (新潮文庫)」太宰治)
•例:危険思想とは常識を実行に移そうとする思想である。(「侏儒の言葉・西方の人 (新潮文庫)」芥川龍之介)


 
例のうち、芥川龍之介の「侏儒の言葉」という作品は格言集となっています。
逆説の表現のオンパレードです。
ブログでもいくつか紹介しているので、
 気になる方はどうぞ。(「侏儒の言葉」(芥川龍之介)の名言・格言集)

言葉のレトリック(修辞法)の種類と例

まずは言葉の組み合わせや短い文章レベルでのレトリックを紹介します。

よく知られたレトリック(比喩と擬人法)
•隠喩……「まるで」「ようだ」などの副詞を使わない比喩。
•例:人生は旅だ

直喩……「まるで~のようだ」「まさに」というような表現
•例:あの女はまるで鬼のようだ
※これが隠喩だと「あの女は鬼だ」となる



•擬人法……物事や現象を人の身体や動作で表現する
•例:木枯らしが秋の終わりを告げる
•例:社会のガン

よく使われているが、あまり知られていないレトリック
 (共感覚法、くびき法、換喩、撞着法)
•共感覚法……ある感覚を別の感覚で表現する
•例:深い味
•例:この画家の色使いは目にうるさい



•くびき法……一つの表現が複数の意味と対応する
•例:味と化粧は薄い方がいい
•例:服装の乱れは心の乱れ



•換喩……ある事物を、その事物の一部分
 (印象的な部分)で表現
•男と女⇒スニーカーとハイヒール
•文章を書き始める⇒筆をとる
•ビートルズの曲を聞く⇒ビートルズを聴く



•撞着法……反意語を組み合わせる
•最も落ち着いた驚き
•黒い光


要約

要約が長文読解のキモ
説明文でも、物語でも随筆でも、
 それらの長文をきちんと要約できれば、
 その問題は80%以上できると言っても過言ではありません。

要約が長文読解のキモ
説明文の要約

長文の中に筆者の主張が一つあります。
それが一番大切なことですから、要約の中心になります。
この主張は、たいていの場合、長文の最後にあります。
時々は長文の最初と最後にあります。
ですから、長文の最後は注意深く読み取る必要があります。

そして、主張の次に大事なのは、主張の理由です。
★一般的には○○と言われているが、別の見方をすると△△といえる。
 だから“主張”なのだ。
★現代の○○は△△が重要だと思われているが、
 歴史をみると△△が重要と考えられている時代はな  い。
 つまり△△が重要なのではなく、◇◇の方が重要であると認識できるのである。

なんて具合に、理由が書かれている。

上記の例でもわかるとおり、
 ○○を主張するために、反対概念の△△を出すことが割と頻繁にあります。
△△ではない、と言いたいのですから、
 △△をキーワードと取り違えないこと。


要約が長文読解のキモ
物語文の要約

最も典型的なものだと、主人公がある出来事・事件を通じて成長するというストーリーです。

ですから、
 ・どんな主人公なのか
 ・どんな出来事・事件があったのか
 どう成長したのか(どんな変化をしたのか)
を読み取ることが大切です。

例)引っ込み思案な少年が、
  母の死を通じて“強さ”を身につけ、しっかりとした人生を送るようになった。

例)友達の多い明るい少女が学校でのいじめで孤独を味わう。
  (後半の例では、成長という意味からははずれますが、変化は成長と考えています。)


要約が長文読解のキモ
随筆の要約

随筆は、筆者が体験したこと(見たり、聞いたり)をきっかけに、
 ちょっと考えたことを書く、というパターンが典型的なものです。

ですから、
 ・どんな体験をしたのか(どんなことを見たのか、何を聞いたのか)
 ・どんなことを考えたのか
という2点を押さえる必要があります。

例)ニュースでは最近の若者はどうしようもないということが多い。
  しかし電車に乗ったら、女子大生が老  
  人に席をゆずっていた。
  こんないい若者もいるんだということを実感した。

随筆には、たくさんの型があるので、
 上記の例にあてはまらない場合も多いでしょう。



要約が長文読解のキモ
これまで説明したように、
 長文の内容を2文、できれば1文で要約できるようになると、
 読解力が飛躍的に向上したことになります。

筆者が読者に伝えたいことが一つあり、
 さらに、なぜそれを伝えたか、を読み取ればいいわけです。
これは説明文に特徴的なことですが、
 物語でも随筆でも同じように考えてみてください。

このような思考法は、
 論文を書くとか会社内での会議などでは必要なのですが、
 実は日常の生活ではあまり使わない能力なのです。
 さらに言うと、日本社会では主張を通すより、
 他人に話に調子を合わせるような力を向上させてしまう傾向があると思います。

アメリカをはじめとする欧米文化とは大きく異なることだと思いますが、
 すっきりとした人生を歩むための大きな力になるのではないかと考えております。


段落
長文の中で、
 大きな意味のかたまりを、”段落"という。

形の上では、
 一字下がっているので、わかりやすい。

つまり、文がいくつか集まって段落になり、
 その段落がいくつか集まって文章(長文)になる。

そこで、長文の要約と同時に段落の要約についても考察してみよう。

意味合いを考えて読む

ただ記事を読み飛ばすだけでは
 この力はつかない。


書いてある記事の「意味合い」を
 常に考えながら読む必要がある。

「意味合いを考えろ」ってどういうことですか?と問われる。
よくコンサルティング出身の人が書いてる本に、

 空 → 雨 → 傘 

 を考えろ、
 というようなことが書いてあるとおもう。


空雨傘とは、

 1) 空を見たら日が翳って雲が出てきている。
  (空: 事実、誰が見ても明らかなこと)
 
 2) 雨が降るだろうと解釈する
  (雨: 事実に対する解釈)

 3) 傘を持って家を出るという判断をする
  (傘: 解釈に対して引き起こされる行動)


 ということ。


「意味合いを考えろ」とは、
 1)の空を見たときに、
 2)の雨や
 3)の傘を考えろ、

 ということだ。

新聞に書いてある記事は、
 記者の見解が混じっていることは良くあるが、
 この解釈は必ずしも正しいとは限らない。

「雨」はともかく
 「傘」の部分は
 完全に間違っていることもある。

だから、
 記事をそのまま鵜呑みにしてはならない。
しかし、
 ちゃんとした記事であれば
 「空」、つまり事実が何かは書かれている。

これを元に意味合いを考えるようにする。

まず、
自分のいる会社や業界を主語として、
 この記事に書いてある「空」は、
 会社や業界にどのような影響を与えるのだろうか、と考える。

または、
 何故この記事に書いてあるようなことが起こるのか、を考える。

つまり、
 「こういう空模様なのはどうしてだろう、
  雨が降るからだろうか」などと考えるのと同じだ。
ただし、
 その記事の内容だけから、
 影響を考えるのは難しい場合がある。
今まで自分が読んできた記事の蓄積から始めて、
 影響を推測できる場合が多いだろう。

次に、
 その事実の影響や背景、理由を考えると、
 自分の会社や事業は何をすべきなのかを考える。

つまり、
 雨が降ると判断したら、
 傘を持って家を出るのか、
 濡れて帰るつもりかを判断するということだ。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: