スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウナギ文に注意する

主語(動作・行為の主体)述語(動作・行為)に関する話です。

文章の骨格ですから、
 この要素は非常に重要です。
しっかりポイントを押さえるようにしましょう。

~例文~

改善前

●佐藤さんは靴を買いました。私はバッグです。
●山下さんは「効率優先」という意見だ。
●以前、私は恵比寿に住んでいた、今は西新宿だ。


改善後!

●佐藤さんは靴を買いました。私が買ったのはバッグです。
●山下さんが言っているのは「効率優先」という意見だ。
●以前、私は恵比寿に住んでいた、今住んでいるのは西新宿だ。



ここが問題

日本語は構造上、動作や行為の言葉をしばしば省略します。
特によく見られるのが今回ご紹介する「ウナギ文」です。
例えば、レストランで友達がカレーライスを注文した後「じゃ、私はウナギで…」といってしまうことです。
もちろんここで言いたかったのは「私はウナギを注文します」ということです。
このように動作が省略された文をウナギ文といいます。

日常会話では、
 文脈から考えれば意味が通じる場合もあります。
しかし、
 文章の場合には読み手には通じないことが多くなるので気をつけなければなりません。



「動作の言葉を入れる」で解決

まず、「ウナギ文」を使っている、という意識を持ちましょう。
そして、今一度その文章を読み手の立場で見直します。
文脈がやや不明瞭で分かりにくい場合や、
 言葉を省略すると粗雑な印象を与えてしまう場合には要注意です。
文章は一方通行がゆえに話し言葉に比べて、
 ともすると独りよがりになりがちです。
話し言葉の感覚で省略してしまうと誤解のもとになります。


原則、文章には動作を表現する言葉を入れるようにしましょう。
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: