スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一文を短くする

~例文~
改善前

「スポーツジムXYの店舗を今後2年間で6店舗拡大する計画が先月決まり、若年層の減少に伴って、シニアをターゲットに都心部だけでなく都心から1時間圏内の地域にも展開していく予定である。」


改善後!

「スポーツジムXYの店舗を今後2年間で6店舗拡大する計画が先月決まった。
若年層の減少に伴って、シニアをターゲットにする。
これらは都心部だけでなく都心から1時間圏内の郊外にも展開していく予定である。」



ここが問題
一文の中にさまざまなトピックを次から次へと入れ込み、
 88文字という長文になってしまっています。
これでは読み取りにくく、内容も理解しにくくなってしまいます。


「文を切ってつなぐ」で解決

日本語の特徴の1つに、
 単語や語句を重ねてつなげることで文章が作れてしまう、ということがあげられます。
このため文章が長くなっていく傾向があります。
気づくと「私は何を伝えたかったのだろう?」と迷うこともしばしばです。
思いつくままに書いていくとこのような状況に陥ってしまいます。
そこで、長い文章にならないように一文40~50文字くらいに収めるようにしましょう。
特にメール文の場合には40文字以下を目指すとよいでしょう。

読み返して、50文字以上になっているようであれば
 対策として「一文を切って、接続詞や副詞などを入れてつなげる」とよいでしょう。
文を切る目安は1トピックごとです。
毎トピックで区切るようにします。

改善前・後の文でいうとトピックとしては
 ①「…の計画が先月決まった」、
 ②「…をターゲットにする」、
 ③「…の予定である」
 の3つです。

こうして、区切れるようになると議事録や報告書なども箇条書きで作れるようになります。
その上、情報も整理されます。推敲の際にまずは文の長さをチェックするようにしましょう。

スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: