スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読点「、」のルール

~例文~

改善前

●当社では、個人情報保護のため名前は伏せている。
●福岡、大阪、名古屋に、出張で回ってくる。
●私はそれでいいと思っていた。しかし彼はもう一度、作り直してくれた。

改善後!

●当社では個人情報保護のため、名前は伏せている。
●福岡、大阪、名古屋に出張で回ってくる。
●私はそれでいいと思っていた。しかし、彼はもう一度作り直してくれた。


ここが問題

読点「、」の打ち方が間違っているので読みにくくなっています。


正しく「、」読点を打って解決

正しく読点「、」を打つために
 以下の5つのルールを覚えましょう。


●ルール1
 主語の後に打つ
  例:K社は、今期社員増の予定です。私は、母に感謝した。
 
●ルール2
 文と文を分けるところに打つ
  例:私は部長に昨日の商談の内容を伝え、佐藤さんは今月の売上見込みを報告した。

●ルール3
 並列関係にある語句の後に打つ(ただし、最後の語句の後はなし)
  例:その商品は北京、上海、香港で販売されている。

●ルール4
 修飾語がどこにかかるか、分かるところに打つ
  例:1万円の時計のベルトを選んだ。
    →1万円の時計の、ベルトを選んだ。
    (「1万円の時計」が「ベルト」を修飾。
     1万円の、時計のベルトを選んだ。(「1万円の」が「ベルト」を修飾。

●ルール5
 接続詞の後に打つ
  例:私はダイエットをして3カ月で10kg減量した。しかし、あっという間にリバウンドだ。

今まで感覚的に判断して打っていた読点を、
 これら5つのルールに従って打ってみましょう。
読みやすくなるのに加えて、どこに打つか迷うこともなくなりスピーディーな文書作成ができます。
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: