修飾語の位置

修飾語は、
 ふつうは、「被修飾語」より前に置かれています。


次の文を見てみましょう。
 「上流に小さなダムがある。」 
 「上流に」が修飾語ですよね。


これはどの文節が被修飾語でしょうか。

意味の上で強く結びついているのは
 「ある」だということが分かりますか?

この場合、
「ある」という被修飾語より前に
 「上流に」
という修飾語が置かれていますよね。



ただし、倒置もあります。
次の文をみてみましょう。

 「明日行こうよ、海へ。」

 「海へ」という修飾語が文末に置かれています。

この際、どれが被修飾語なのかというと、
 意味の上で強く結びついているのは、
 「行こうよ」になるのが分かるでしょうか?

倒置で、
被修飾語を抜き出させる問題も
 けっこう出されるので注意していきましょう。



練習問題
 ①次の傍線部が修飾する言葉をあとから選びなさい。

 「『発見』というものは、
  たいていまったく突然やってくるものである。」

 ア まったく
 イ 突然
 ウ やってくる
 エ ものである

意味の上で強く結びついている文節を答えればいいのです。
 答えは、ウの「やってくる」です。


②次の傍線部が修飾する言葉を一文節で抜き出しなさい。
 「私はやはり和泉式部の蛍の歌に最も濃い、深い闇を感ずる。」

 まずは、文節にくぎりましょう。

 「私は/やはり/和泉式部の/蛍の/歌に/最も/濃い、/深い/闇を/感ずる。」

 意味の上で一番強くむすびついている文節はどれでしょうか。

 答えは、「感ずる」ですね。

 このように、テストによく出るので、気をつけましょう。
スポンサーサイト

修飾語とは

次の文を見てみましょう。

 「昨日、彼に会った。」

この文の中で、
 「昨日」と「彼に」が修飾語になります。

修飾語というのは、
 他の文節に係る文節です。

では、
 それぞれ、どの文節に係っているのでしょうか。

まず、
「昨日」ですが、
 「会った」に係るのは納得がいくでしょうか?

意味の上で結びついていますよね。
それが係るということでしたよね。



では、
「彼に」は
 どの文節に係るのでしょうか。

これも「会った」に係るのは
 納得がいくでしょうか?

これも意味の上で結びついています。



では、
今度は次の文を見てみましょう。

 「私は山に行きます。」

どれが修飾語なのか分かりますか?

 「山に」ですよね。

 「私は」は、主語、
 「行きます」は述語ですね。

「被修飾語」という聞きなれない言葉ですが、

この「被修飾語」について
 よく問題が出されるので説明します。


「被修飾語」は、
 修飾語によって、内容を詳しく説明される文節です。

さっきの文で、
どれが「被修飾語」なのかというと、
 述語にあたる「行きます」がそうなります。

「山に」という修飾語によって、
 「どこに」と説明されていますよね。

「被修飾語」は、
 主語、述語、修飾語になります。



ちょっと練習してみましょうか。

被修飾語を答えさせる問題が多く出されるので、
 ここは大事にしていきましょう。

①「小さなかわいい犬がいる。」
  「小さな」は、どれに係るでしょうか。

  「犬が」ですよね。

内容を詳しく説明されているのは、
 「犬が」です。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: