子どもたちにこそ、7つの習慣を!

7つの習慣について

1.習慣について

 子どもたちにも知らず知らずのうちに「習慣」は身についています。朝起きて、歯を磨く、顔を洗う、朝ごはんを食べる、これはみな習慣です。
つまり、言われなくても、考えなくてもできること、それが習慣ということです。そして、その習慣には良い習慣と悪い習慣があるということを伝えましょう。
例えば、悪い習慣として、ちらかしたまま片付けない、学校から帰ったらランドセルを置きっぱなしにする、などなど、たくさんあるのではないでしょうか。
また、その悪い習慣を放っておくと、どうなるのかをいっしょに考えてあげてください。





 アメリカのスティーブン・R・コヴィー博士は、この200年間に書かれた「成功」に関するありとあらゆる本を研究していました。すると、驚くべき事実に気がついたのです。それは、仕事や家庭、人生など私たちにとって大事なもの全てにおける「成功」には、一定の決まり、すなわち「原則」がある、ということです。コヴィー博士は、そのことを1冊の本にまとめました。それが、『7つの習慣』です。

 この本には、成功するための基本的なルールが7つ書かれています。そして、そのルールを繰り返し意識し、行動することで、「習慣」にすることができます。そうしていくうちに、他の習慣のように、やがて意識しなくても成功するための基本的なルールに基づいて行動することができるようになるのです。7つの習慣のような「良い習慣」が身についたら、自分で目標を決めて行動できたり、周りの人との関係がよくなったりなど、人生や生活によい影響が自然にたくさんでてきます。



 ここから、1から7までの、ひとつひとつの習慣について、ポイントを解説していきます。お子様と一緒に考えて、「良い習慣づけ」に役立ててください。



 第一の習慣は、7つの習慣を身につけていくための‘カギ’になる習慣です。「人生は選択の連続」と言いますが、人は何をするにも実は一時停止をして、自分の判断で選んだ行動をしているのです。これは動物にはない、人間だけができる行動です。たとえば、犬は、おこったらガブっとすぐに噛み付いてしまうかもしれませんが、人間だったら、「ここはぐっとがまんしなきゃ」など、場合に応じて考えて行動できたりしますよね。これは、何かが起こったときに、「ちょっと止まって考えて、自分で行動を選べている」からなのです。第1の習慣は、「自分自身で考えて、一番いい方法を選ぶ」という習慣です。

 お子様がきちんと考えていない行動をしたようなときには、他人や周りの物事のせいにせず、あとで何が起こるか考えたり、人の気持ちを思いやったりなどして、一番いい方法を選べるように促してあげてください。

4.第二の習慣:終わりを考えてから始める   ~目的を持って始める~

 お子様にこのようなクイズを出してみましょう。「明日、旅行に行きます。何を、持って行きますか?」質問はなし。お菓子、水着、帽子、ノート……お子様からは、いろいろなアイテムがあがってくることでしょう。そこで旅行の行き先と目的を告げます。「実は、明日から宇宙旅行に行きます!」さて、持ち物はがらっと変わるはずです。次のクイズです。「料理を作ります。メニューを考えずに作り始めたらどうなるかな?」また、「家を建てます。設計図を描かずに作り始めたらどうなりますか?」共通していることは何でしょうか?お子様と一緒に考えてみてください。そうです。行き先や献立など、‘ゴールや目的、目標’がないことに、気づくことでしょう。

 将来どんな風になりたいか、どんな人間でいたいか、大事な人生のゴールを決めないと、旅行のクイズのように、どこへ行ったらいいのか分からず、間違ったものを揃えてしまったり、間違ったところに行ったりしてしまうかもしれないこと話し合い、目標や夢、願いを持つことの大切さを伝えましょう。

5.第三の習慣:一番大切なことを優先する   ~重要事項を優先する~

 人間にとって大切なことと言うのは、それを行うのがつらかったり、面倒であったりします。でも、だからと言って、そのようなことを「いつか、あとで」と後回しにして、楽しくて楽ちんなことばかりをやっていては、第二の習慣で考えた、「自分で決めた目標や夢、願い」に行き着くことは難しいですよね。



 お子様と一緒に、大切なことだと分かっていたのに、後回しにして出来なかった経験がないか、考えてみましょう。宿題やおけいこごとの練習、お部屋の片付けなど、きっと生活の中にそんな体験があるかと思います。そんな体験から、「時間は後戻りできない、だから、大切なことから先にやろう」という第三の習慣のポイントを伝えていきましょう。

6.第四の習慣:Win Winを考える

 第四の習慣は、「私も勝ち、あなたも勝ち。お互いに幸せになることを考える」習慣です。

 兄弟や友だち関係を考えてみると理解しやすいと思います。たとえば、こんな姉妹がいたら、どうでしょうか?お姉ちゃんはいつも妹のことを自分の家来のように扱います。お菓子はいつも取り上げるし、気に入らないことがあるとたたいたりつねったり。そのくせそれをお母さんやお父さんには絶対に言わないように脅します。妹は、どんな気持ちがするか、お子様に質問してみてください。そう、妹は、「いつか姉に仕返ししてやる」と思ったり、他のもっと弱い立場の人をいじめたりするかもしれませんね。姉は妹に対して、常に「勝ち負け」の状態、そして妹にとっては常に「負け勝ち」の状態です。どんな相手であれ、どんな関係であれ、「勝ち負け」で考えると人間関係はおかしくなってしまいます。

 両親や先生、友達、お店の人、電車の運転手さんなど、生活の中のどのシーンでも人は人に助けられて生きており、必ず自分以外の人とのかかわりの中でしか生きられない、だから、周りの人とはいつも「自分もあなたも幸せ」を考えることの重要さを伝えてあげましょう。

7.第五の習慣:まず相手を理解してから次に理解される   ~理解してから理解される~

 第五の習慣のポイントは、まずは相手を理解することです。それから自分を理解してもらうのです。第五の習慣では、順序が大切です。まず、「聞く」ということが大切です。その姿勢こそが、第四の習慣「自分も相手も幸せ」につながるのです。



 「お母さんが話しかけていたのに、テレビを見ていて返事をしなかった」「友達が相談してきたのに、話を聞かずにあいまいに返事をしてしまった」など、生活の中で、話を聞かないでいたために失敗してしまったことはないか、話し合ってみましょう。また、‘人の話をきちんと聞く’ためにはどうしたらよいかについても意見を出し合って、「きちんと目を見て話す」とか「うなずきながら聞く」など、アイディアを親子で出し合ってみると、実際の習慣づけにつながりやすくなるでしょう。

8.第六の習慣:相乗効果を発揮する

 第六の習慣は、いままでの習慣の集大成ともいえる習慣です。一人ひとりがお互いの良さを認め合えば、みんなで出せる力は、一人ひとりの力を足したものよりも大きくなる、ということです。人はみな、誰一人同じ人はおらず、みんなそれぞれ違ういいところを持っています。この、この「自分と違う、人の良いところ」を認め合う姿勢こそが、相乗効果を発揮する源となるのです。



 学校やお友だち関係の中で、一人では出来なかったことでも、みんなでそれぞれの持っているいいところを集めたらできたことはないか、話し合って見ましょう。そのときにみんなでどのように協力したか、いいところを認め合う大切さに気づけるように質問してあげてください。

9.第七の習慣:自分を磨く   ~刃を研ぐ~

 きこりの使うのこぎりの刃は、たまに‘お手入れ’をしないと切れ味が悪くなってしまいます。人間も同じではないでしょうか?第七の習慣は、いつも「自分自身の切れ味」をよく保っていくために、自分を磨いていく習慣です。いつも元気で新しい自分であること、これが第一~第六の習慣の実践を後押しすることになります。

 磨く側面には4つあります。(1)頭(勉強、復習、読書など) (2)体(運動、早寝早起きなど) (3)心(人に優しくする、生き物のお世話をするなど) (4)人間関係(自分の大切な人を大切にする) です。お子様と、どんなことをやっているか、どんなことができるか、具体的に話し合ってみましょう。
スポンサーサイト

『7つの習慣』の「第四の習慣 Win-Winを考える」

第四の習慣 Win-Winを考える

人間関係の6つのパラダイム

人間関係におけるパラダイムは以下の6つに集約されます。

1.Win-Win
  :自分も勝ち、相手も勝つ。
   それぞれの当事者が欲しい結果を得ること
2.Win-Lose
  :自分が勝ち、相手は負ける。
   相手を蹴落としてなんぼの世界
3.Lose-Win
  :自分が負けて相手が勝つ。相手が幸せになるならば、
   自分は常に踏み台でかまわない
4.Lose-Lose
  :相手が負けて自分も負ける。
   相手に勝たせるくらいなら足を引っ張って共倒れしたほうがマシ
5.Win
  :自分の勝ちだけを考える。
   自分が勝てば相手がどうなろうと知ったことではない
6.Win-Win または No Deal
  :Win-Winの合意、または取引条件に至らなければ、
  取引しないことに合意する。妥協するくらいなら白紙に戻す

現在、多くの人が持っているパラダイムが
「Win-Lose」です。
これは私が勝ってあなたは負けるという考え方です。
リーダーシップのスタイルでいうならば、
 「あなたは満足しないかもしれないが、私は満足だ。
 私のいう通りにせよ」という独裁的なアプローチです。

ほとんどの人は、
 生まれたときからWin-Loseの考え方を植えつけられて育ってきたといえるかもしれません。
ライバルを蹴落とさなければ生き残れないような厳しい環境で仕事をしている人は、
 今まさに、その状態で不安な日々を送っていることでしょう。

この考え方の危険なところは、
 価値の判断基準が常に相対的なものであり。
他人との比較や、周囲からの期待に対する達成度でしか自分の存在意義を認められないことです。
自分が成長しなくても相手のレベルや要求水準さえ下がれば勝てますし、
 また「それでよし」とするパラダイムです。

子ども時代からこのような好戦的な価値観を持ってしまうと、
 常に他人の顔色を窺い、
 相手を出し抜くことで、望む結果を手に入れようとするようになります。

Win-Winなど、綺麗事に過ぎない」と思う人もいるかもしれませんが、
 人生は競争ではありません。
私たちは、恋人または配偶者、同僚や上司、友達と、
 毎日、勝ち負けを争いながら生活しているわけではありません。
むしろ、
 協力し合うことによって、
 お互いが満足する結果を得ることのほうがずっと多いということに、
 一刻も早く気づいていただきたいと思います。

Win-Lose とは逆の考え方が「Lose-Win」のパラダイムです。

「どうか私を踏み台にしてください」

「好きなように利用していただいてけっこうです」

「自分は生まれつき負け犬だ。今さら変わりようがない」

「衝突や面倒さえ避けられるなら、自分は何でもいいです」

こうした卑屈な姿勢に終始するLose-Winは、
 もしかすると他人を踏みつけにしようとするWin-Loseよりもタチが悪いといえるかもしれません。

Lose-Winの考え方には、
 基準、ビジョン、希望、期待などが全くないからです。
 相手の要求にすぐに従ってしまうのは、
 自分なりの基準がないからです。


また、相手に好かれたいという欲求が強いあまり、
 自分の信念や気持ちを表現する勇気がなく、
 他の人の我の強さに怯え、すぐ白旗を揚げてしまう人でもあります。

相手のWinを尊重したつもりで、
 この態度を選ぶケースも少なくありません。
本人はWin-Winだと思ってそうしたにもかかわらず、
 結果的にLose-Winになってしまうこともあり得るのです。

自分のWinを貫くのはとても厳しいことです。
優しい人ほど、
 「相手をイヤな気持ちにさせたらどうしよう」
 「人間関係にヒビが入ったらどうしよう」という不安ばかりが先行し、
 「自分が我慢すればいいのだから」となってしまいがちです。

また、Lose-WinとWin-Loseは、
 相反する関係であるともいえます。
ある一定の地位(経営者やマネージャー、あるいは親)にある人は、
 混乱して秩序が保てなくなってくると、
 思いやりのないWin-Loseになり、
 良心の呵責に耐えられなくなるとLose-Winに戻り、
 そしてまた怒りとともに、Win-Loseに走ってしまう傾向があります。

力関係によって半ば強制的にLose-Winの選択を余儀なくされている人は、
 自分の立場が上になると、弱者に対しWin-Loseの態度で臨みがちです。
「憂さを晴らす」「やられたからやり返す」という負のスパイラルに、
 自ら望んで飲み込まれてしまっている状態であり、
 こうした人間関係の連鎖が、
 仕事の成果や周囲に対しよい影響を与えることはまずありません。

Lose-Winのパラダイムを持つ人は一見、
 罪のない「お人よし」のようにも見えますが、
 上の例でもわかるように、必ずしも善良なわけではありません。
他人に嫌われまいと、
 自分の正直な気持ちを押し隠し、
 その場限りの無責任で安易な選択を行っている場合が多く、
 そうした人が他者から信頼されたり、
 特に好かれたりすることは少ないでしょう。

特にWin-Loseの人から見れば、
 Lose-Winの人は単なる手段であり、餌食に過ぎないのです。

「Win-Win」とは、すべての関係の中で、
 お互いの利益を求める精神のことで、
 お互いに満足できる合意や解決策を打ち出す考え方です。
人生を競争の舞台ではなく、
 皆で協力して完成させる舞台と見るパラダイムです。

先ほどの二大悪習「比較と競争」で紹介したように、
 現代人は人生を、
  強いか弱いか、
  勝つか負けるか、
  食うか食われるか、
  といった概念で捉えがちです。
しかし、人生の質や価値は力関係や地位によって決まるものではありません。

Win-Winの考え方のスタートは、
 お互いに満足する答えが必ず存在するはずだと考えることであり、
 ある人の成功は必ずしも他の誰かを犠牲にしなくても実現できると信じることです。

考えてみれば、
 基本的に私たちの生活はWin-Winのはずです。
たとえば、買い物をするときに、
 商品の代金を払うのはその商品が欲しいからであり、
 売る側は売りたくて打っている(代金が欲しい)わけですから、
 この関係はWin-Winということになります。
仮に店側が粗悪品を売りつけたり、
 客側が意図的なクレーマーだったりした場合、
 両者の関係が将来にわたって続くことはないはずです。

7つの習慣

基礎編 インサイド・アウトのパラダイム
01.あなたにとっての「7つの習慣」
02.あなたにとって成功とは何か
03.パラダイム
04.インサイド・アウトのアプローチ
05.パラダイム転換
06.「原則」について考える
07.P/PCバランス
08.自己信頼残高

第一の習慣 主体性を発揮する【参考書籍】
09.主体性
10.主体と反応
11.影響の輪と関心の輪
12.影響の輪を広げる

第二の習慣:目的を持って始める【参考書籍】
13.すべてのものは2度つくられる
14.リーダーシップとマネジメント
15.ミッション・ステートメントを作成する

第三の習慣:重要事項を優先する【参考書籍】
16.緊急中毒
17.緊急度ではなく重要度を優先する

18.第領域活動にフォーカスするために「No」と言う
19.重要事項を優先する方法 ~ミッションを明確にする
20.重要事項を優先する方法 ~大きな石を入れる

第四の習慣:Win-Winを考える【参考書籍】
21.信頼残高
22.信頼残高を増やす6つの預け入れ
23.人間関係の6つのパラダイム
24.人格(誠実、成熟、豊かさマインド)
25.能力(専門的能力、概念的能力、相互依存の能力)
26.Win-Win の実行協定

第五の習慣:理解してから理解される【参考書籍】
27.あなたは人の話を聞いていますか?
28.自叙伝的な聞き方
29.真のコミュニケーション ~心から耳を傾ける
30.感情移入して聴くための10のステップ
31.理解することこそ「インサイド・アウト」

第六の習慣 相乗効果を発揮する【参考書籍】
32.相乗効果とは
33.相乗効果は妥協ではない
34.相乗効果に至るアクションプラン

第七の習慣 刃を研ぐ【参考書籍】
35.再新再生の四つの側面
36.4つの側面を磨く
37.流れを変える人になる

金の卵を生むガチョウのお話

「7つの習慣」の
 金の卵を生むガチョウのお話

目先の利益ではなく
 長期的な収入を考えること

アフィリエイトに限らずですが、
 どんなビジネスにおいても、
 短期的な視点だけでなく、
 長期的な視点が必要になります。


「7つの習慣」に、
次のようなイソップの寓話が引用されています。

ある貧しい農夫が飼っていたガチョウの巣の中で黄金の卵を発見した。

最初、農夫はこの幸運が信じられなかったが、
来る日も来る日も、ガチョウの巣の中には新しく黄金の卵が誕生した。

やがて、農夫は大金持ちになった。

ところが、富が増すにつれ、農夫は欲が出てせっかちになり、
1日1個しか生まれない黄金の卵が待ちきれず、
ガチョウを殺し、腹の中の卵を全部一気に手に入れようとした。

しかし、ガチョウの腹を開けてみると、中は空っぽだった。

農夫は黄金の卵だけでなく、
黄金の卵を手に入れる手段さえ失くしてしまったのだ。




このお話で著者のコヴィー博士が語っていることは、

黄金の卵は目的であり、
ガチョウは目標達成能力であると。



つまり、
利益のみを追究するのではなく、
 それを達成する手段、
 仕組みを考えないといけないということです。



もちろん、
 利益を追究するのはビジネスの世界では当然のことで、
 最も重要なこととも言えます。


ですが、
ビジネスは、
 稼ぎ続けることが大切であって、
一時的に稼ぐことができても
 意味がないわけです。



そのために、
 一見回り道に見えても、
長期的に稼げる仕組みを
 構築していかないといけません。


さらに、
仕組みを築き上げても、
その機能が働き続けるように、
 常に見直すことも大事になります。


例えば、
 まきを割るには斧が必要です。
まきを割り続けると、
 いつか斧はさび付いてしまうでしょう。

さび付くのを防ぐためには、
日頃から手入れをしておかないといけません。

これを怠ってしまうと、
 斧そのものが使い物にならなくなります。

ほんの少しのメンテナンスを
 行えばよいだけだったのに、
斧そのものを
 買い替えないといけないはめに陥ってしまいます。



つまりが、
黄金の卵を生み出すガチョウを殺してしまう
 ということになりかねないわけです。

利益に目がくらむという方は
 あまりないかもしれませんが、
短期的な視点で物事を考えている方は
 多いのではないでしょうか?


あなたが将来
 本当に達成したい目的を追究するためには、
今すぐ欲しい結果を
 我慢することも必要になります。


あなたが
最終的な目標を達成するために、
今何をすべきなのか?
深く内省することが大切です。

37.第七の習慣 刃を研ぐ

流れを変える人になる

成長にはプロセスがある、
 このようにコヴィー博士は言っています。

「千里の道も一歩から」ということわざがあるように、
 自分にできることから
 徐々に自分の能力を高めていくしかないのです。

そのためには
 常に刃を研ぐことです。

自分の刃を研ぐことで、
 新たなことに挑戦することで、
 能力が高まるのです。


我々は
 刀を研ぐことをやめてはなりません。

人間の四つの独特の性質を開発できる近道はありません。

収穫の法則が支配しているからです。

蒔いたものを刈り取るのであって、
 それ以上でもそれ以下でもありません。



我々は
 上向きの螺旋状の成長を目指す必要があります。
このような成長を望むのであれば、
 良心を育成し、
 それに従って、
 勤勉に再新再生を図ることが何よりも不可欠です。

育成された良心は、
 私たちに自由、安定性、知恵、力を与え
 正しい道を歩ませる推進力になることでしょう。



また、
この螺旋状の循環を歩むには、
 常により高い次元において
 「学び」、「決意」し、「実行」することが必要です。

「学ぶ」だけ、「決意」するだけ、「実行」するだけでも、
 成長することはできません。


学び、決意し、実行し、
 さらに
 学び、決意し、実行しなければならないのです。


コヴィー博士は、
 次のように語ります。

「私が近頃ますます確信しているのは、
 「生き、愛し、学び、そして貢献する」
 の四つを追求すると、
 充実感や心の平和を得られるということです。

さらに
人生が真に相乗的なものになり、
 想像以上の新しいエネルギーや見識やチャンス、
 そしてより大きな責任や資源に繋がるのだということです。

流れを変える人になる

私たちは、
 流れを断ち切り、
 新しい人生を歩むことができます。
また、
子どもたちに対しても、
 新しい人生を歩ませることができます。

このことをコヴィー博士は、
 「子どもたちに『翼』を与える」と述べています。

前の世代から引き継いできた悪い脚本、
 効果的とはかけ離れた生き方を乗り越える自由を与えることです。

テリー・ワーナー博士は、
 このことを「流れを変える人」と表現しています。

実りのない生き方の脚本を
 次の世代にそのまま手渡すのではなく、 
 その脚本を変えるのです。
脚本を書き直し、
 その過程で人間関係を育てていくのです。

仮に子どもの頃に両親に虐待されたからといって、
 自分の子どもを虐待する必要はありません。

しかし、
現実には、
 親に虐待されて育った子どもは、
 自分が親になって
 同じようにわが子を虐待する例が非常に多いといいます。

しかし、
私たちは主体的な人間です。
自分からその脚本を書き直すことができます。

子どもを虐待しないことを選択できるのです。
そして、
子どもを一人の人間として認め、
 子どもが前向きに生きていく脚本を書いてやることができます。

このことを自分の人生のミッション・ステートメントに書き、
 頭と心に刻みつけてください。
そのミッション・ステートメントに従って生活し、
 毎日の私的成功を実現している自分の姿を思い描くのです。
さらに、
自分の両親を愛し、許し、まだ健在であるなら、
 まず両親を理解する努力をして、
 関係を築き直す道を歩み始めることもできます。

たとえ、
あなたの家族に何世代にもわたって
 受け継がれてきた悪い流れがあったとしても、
 あなたの代で止めることができるのです。
あなたは流れを変える人となり、
 過去と未来をつなぐ人となります。

あなた自身が変わり、流れを変えれば、
 その後に続く何世代もの人々の人生に
 大きな影響を与えられるのです。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: