スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二十四節気

二十四節季



【立春】 りっしゅん:2月4日頃
 二十四節気の最初の節気で、この日から暦の上では春となり、
  さまざまな決まりごとや節目の基準になっています。
 旧暦では立春近くに正月がめぐってきたので、
  立春は春の始まりであり、1年の始まりでもありました。
 まだまだ寒さは厳しいですが、立春を過ぎてから初めて吹く強い南風を「春一番」といいます。

【雨水】 うすい:2月19日頃
 雪から雨へと変わり、降り積もった雪も溶けだす頃という意味です。
 実際にはまだ雪深いところも多く、これから雪が降り出す地域もありますが、
  ちろちろと流れ出す雪溶け水に、春の足音を感じます。

【啓蟄】 けいちつ:3月6日頃
 大地が温まって、冬ごもりから目覚めた虫が、穴をひらいて顔を出す頃。
 「啓」はひらく、「蟄」は土の中にとじこもっていた虫(蛙や蛇)という意味です。
 ひと雨ごとに暖かくなり、日差しも春めいて、生き物が再び活動し始めます。

【春分】 しゅんぶん:3月21日頃
 昼夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に陽が延びていきます。
 春分の日は彼岸の中日で前後3日間を春彼岸といい、先祖のお墓参りをする習慣があります。
 「自然をたたえ、生物をいつくしむ」として国民の祝日になっています。

【清明】 せいめい:4月5日頃
 清明は「清浄明潔」の略で、万物がけがれなく清らかで生き生きしているという意味です。
 花が咲き、鳥は歌い、空は青く澄み、爽やかな風が吹き、
  すべてのものが春の息吹を謳歌する頃。
 各地でお花見シーズンを迎えます。

【穀雨】 こくう:4月20日頃
 春の柔らかな雨に農作物がうるおうという意味です。
 この時期に農作物の種をまくと、雨に恵まれ、よく成長するといわれています。





【立夏】 りっか:5月6日頃
 この日から立秋の前日までが暦の上では夏となります。
 新緑に彩られ、さわやかな晴天が続く頃です。
 ちょうどゴールデンウィークの時期にあたり、レジャーに出かけるにもよい気候です。

【小満】 しょうまん:5月21日頃
 陽気がよくなり草木が成長して茂るという意味です。
 農家では田植えの準備を始める頃。動物や植物にも活気があふれます。
 また、秋にまいた麦の穂が付くころで安心する(少し満足する)という意味もあります。

【芒種】 ぼうしゅ:6月6日頃
 「芒」とはイネ科植物の穂先にある毛のような部分のことで、
  稲などの穀物の種をまく時期という意味です。
 田植えの目安とされ、農家が忙しくなる時期。
 梅雨入りも間近で少し蒸し暑くなってくる頃です。

【夏至】 げし:6月21日頃
 北半球では、太陽が最も高く昇り、1年で最も昼が長い日です。
 ただ、日本では梅雨のシーズンでもあるので、日照時間が短く、
  あまり日の長さを実感できないかもしれません。
 暦の上では夏の折り返し地点にあたり、夏至を過ぎると暑さが増して本格的な夏がやってきます。

【小暑】 しょうしょ:7月7日頃
 だんだん暑さが増していくという意味で、梅雨明けも近くなり、
  湿っぽさの中にも夏の熱気が感じられるようになります。
 海や山に出かけるのにもいい時期です。また、
  小暑と大暑を合わせたおよそ1か月を「暑中」といい、「暑中見舞い」を出す期間とされています。

【大暑】 たいしょ:7月23日頃
 夏の暑さが本格的になるという意味ですが、
  子どもたちは夏休みに入ってわくわく。
 農家にとっては田の草取り、害虫駆除など暑い中での農作業が続く大変な時期です。
 また、土用の丑の日が近く、夏バテ防止にうなぎを食べたりする頃です。






【立秋】 りっしゅう:8月7日頃
 厳しい残暑は続きますが、この日から暦の上では秋となります。
 これからは少しずつ涼しくなり、秋の気配が漂いだす頃です。
 また、立秋を過ぎたら「暑中見舞い」は「残暑見舞い」に変わります。

【処暑】 しょしょ:8月23日頃
 暑さがおさまるという意味で、日中は暑いものの、
  朝晩の涼しさに初秋の息遣いを感じる頃です。
 夏休みもそろそろ終わり。秋の台風シーズンに入っていきます。

【白露】 はくろ:9月8日頃
 秋が深まり、草花に朝露がつきはじめる頃という意味です。
 空は高くなり、秋雲がたなびくようになり、本格的な秋の到来です。
 また、実りの秋を前に台風が心配な時期でもあります。

【秋分】 しゅうぶん:9月23日頃
 昼夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に日が短くなり、秋の夜長に向かいます。
 秋分の日は彼岸の中日で前後3日間を秋彼岸といい、
  先祖のお墓参りをする習慣があります。
 「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として国民の祝日になっています。

【寒露】 かんろ:10月8日頃
 草木に冷たい露が降りる頃という意味です。
 秋の長雨が終わり、ぐっと秋が深まります。
 稲刈りが終わるころで、その他の農作物の収穫もたけなわとなります。
 また、北の方から紅葉の便りが届きはじめます。

【霜降】 そうこう:10月23日頃
 早朝に霜が降りはじめる頃という意味です。
 晩秋を迎え、北の方では朝霜が降り、山々は紅葉に染まります。






【立冬】 りっとう:11月7日頃
 この日から立春の前日までが暦の上では冬となります。
 木枯らしが吹き、冬の訪れを感じる頃。
 太陽の光が弱まって日も短くなり、木立ちの冬枯れが目立つようになります。
 木枯らしが吹くのは、冬型の気圧配置になった証拠です。

【小雪】 しょうせつ:11月22日頃
 木々の葉が落ち、山には初雪が舞い始める頃です。
 「小雪」とは、冬とは言えまだ雪はさほど多くないという意味で、冬の入口にあたります。

【大雪】 たいせつ:12月7日頃
 山の峰々は雪をかぶり、平地にも雪が降る頃です。
 本格的な冬の到来で、動物たちも冬ごもりを始めます。
 年末に向け、お正月の準備も始まって、何かとあわただしい時期でもあります。

【冬至】 とうじ:12月22日頃
 太陽が最も低い位置にあり、1年で最も夜が長く、昼が短い日です。
 太陽の力が一番弱まる日ですが、翌日からは再び強まるということから、
  運が向いてくるとされています。
 また、冬至かぼちゃ、冬至がゆ、柚子湯などで、厄払いや無病息災を願う風習があります。

【小寒】 しょうかん:1月5日頃
 池や川の氷も厚みを増し、寒さが厳しくなる頃です。
 この日を「寒の入り」といい、寒さの始まりを意味します。
 そして、小寒と大寒を合わせたおよそ1か月を「寒中」「寒の内」といい、
  寒中見舞いを出す時期とされています。

【大寒】 だいかん:1月20日頃
 冷え込みもはげしく、寒さが最も厳しい頃。
 二十四節気の最後の節気で、ここを乗り切れば春近しということです。
 寒気を利用した食物(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など)を仕込む時期にもあたります。
スポンサーサイト

二十四節気

二十四節気
読み方:にじゅうしせっき

二十四節気とは、
 節分を基準に1年を24等分して
 約15日ごとに分けた季節のことで、

 1ヶ月の前半を「節」、
 後半を「中」と言います。

その区分点となる日に季節を表すのにふさわしい
 春・夏・秋・冬などの名称を付けました。


太陽の運行を元に

古代中国では、
 月の満ち欠けに基づいた太陰暦が使われていました。

しかし
 太陰暦による日付は、
 太陽の位置と無関係なため暦と季節の間にズレが生じてしまいました。

そこで本来の季節を知る目安として、
 太陽の運行を元にした二十四節気が暦に導入されました。

二十四節気につけられた個々の名前は、
 その季節の特徴を言い当てているものが多数あります。

例えば、
 3月6日頃の「啓蟄〔けいちつ〕」は
 「春になって虫が穴から出てくる」という意味です。

 これらの名前は中国から伝わってきたため、
  日本の季節とは若干ズレが生じています。

干支の由来 縁起話

干支の由来
 お正月周りのものには、
 意外と由来がこめられているもの。

たとえば、
 お節の昆布なら「よろこ(ん)ぶ」、
 煮豆は「まめまめしく働く」などなど。

干支にも
 そういう由来のような縁起話のようなものはあるのです。

自分の干支には一体どんな由来がこめられいるか、
 しっていますか?

干支の由来 縁起話

干支の由来 干支の縁起話 干支の特徴

子 干支の由来 【ねずみ】
  すぐに子ねずみが増え成長することから、
  子孫繁栄の意味があります。

  行動力と財

丑 干支の由来 【うし】
  肉は大切な食料に、
  力は労働にと社会に密接に関わる干支です。

  粘り強さと誠実

寅 干支の由来 【トラ】
  虎は毛皮の美しい模様から
  前身は夜空に輝く星と考えられました。

  決断力と才知

卯 干支の由来 【うさぎ】
  兎の穏やかな様子から家内安全、
  跳躍する姿から飛躍を表します。

  温厚で従順

竜 干支の由来 【龍】
  伝説の生き物・龍は瑞祥と言われ、
  古来中国では、権力者の象徴として、扱われました。

  正義感と信用

巳 干支の由来 【蛇】
  執念深いと言われる蛇ですが恩も忘れず、
  助けてくれた人には、恩返しを行うと言われています。

  探究心と情熱

午 干支の由来 【うま】
  人との付き合いが古い動物。
  人の役に立ち、人間も馬を大事に扱いました。

  陽気で派手好き

未 干支の由来 【ひつじ】
  群れをなす羊は、
  家族の安泰を示し
  いつまでも平和に暮らす事を意味しています。

  穏やかで人情に厚い

申 干支の由来 【猿】
  山の賢者で、
  山神の使いと信じられていました。
  信仰の対象としても馴染み深い動物です。

  器用で臨機応変

酉 干支の由来 【鳥】
  人に時を報せる動物。
  「とり」は“とりこむ”と言われ、
  商売などには縁起の良い干支でもあります。

  親切で世話好き

戌 干支の由来 【犬】
  社会性があり、忠実な動物。
  人との付き合いも古く親しみ深い動物。
 
  勤勉で努力家

亥 干支の由来 【いのしし】
  猪の肉は、万病を防ぐと言われ、
  無病息災の象徴とされています。

  勇気と冒険



干支は
 1300年ほど前に中国から伝わった
 暦の表し方です

ドイツの干支の話

干支の各動物の説明

鼠(子)
  野心がありまじめ、
  しかし金銭を気前よく使う傾向あり。
  神経過敏。
  辰と猿と相性よし。馬は避けたほうがよい。


  オープンでインスピレーションがわき、のんき。
  良い親になれる。
  蛇か鳥と結婚すべき。羊は×。

寅(寅)
  喧嘩っ早い性質。
  アグレッシブで勇気がある。
  合理的に考え、友人とうまくやれる。
  馬か犬と結婚するとよい。猿は避けたましょう。


  天分豊かで愛情深い。
  しかし内気。幸福と内面の静けさを求めます。
  羊か猪と結婚しましょう。鳥は×。


  興奮しやすくコンプレックスを伴う性質。
  一見頑固だが、情にもろい。
  生まれながらのリーダー気質。
  猿と鼠とうまくいくが、犬は避けましょう。


  賢明で徹底的だが、見栄っ張り。
  情熱的で何事も定義・決定する性質。
  金銭的勝利。
  兔と牛は近い存在。猪は敵です。


  愛すべき性質だがいらいらしやすい。
  金銭に関してそつがない。常に勝者。
  寅と犬とうまくやれるが、鼠は×。


  エレガントで創造的。
  美術に秀で、情熱があるが引っ込み思案。
  兔と猪とうまくいくが、牛は×。


  たいへん賢く他人を感化することができる。
  よい政治家になれる。
  知的好奇心が強く発明する才能があるが、すぐに落胆する。
  身近に寅と犬を探しましょう鼠は×。

鶏(酉)
  仕事や知的好奇心におけるパイオニア。
  時々自己中心的でエキセントリック。
  兔を恐れるが、蛇と牛とうまくいく。

犬(戌)
  まじめで実直。気前が良いが頑固。
  成功のしるし。
  馬と寅とはうまくいくが、龍は×。


  内気だが気立てが良い。
  愛すべき親切な性質。
  衝動的でまじめ。
  羊と兔と分かり合えるが、
  猪は避けたほうがよい。


干支別性格表

子 歳 生
 細かな事に気がついて、
 無駄づかいせず、掃除好きなり、
 苦労のなかに貯めた金、色で失い、
 人に倒される。

丑 歳 生
 辛抱強く、根気よく、言葉少く、信用もあるが、
 好嫌いありて偏屈で、押強く、人に憎まれ腹立つ時は止めようもなし。

寅 歳 生
 考え深く、落ちつきて、
 人のかしらと敬われつつ、
 高ぶり過ぎて、気まま勝ち、
 とかく目上と事を争うのが損のもと。

卯 歳 生
 世辞と愛嬌ある故に、人気もありて、福徳もあり、
 取止めもなく遠慮して、色のためには苦労する。
 とかく物事やり放し。

辰 歳 生
 人に立てられ、威勢よく、思わぬ人の引立てもあり、
 へつらいもなく気短かで、負けず嫌いが損のもとなり。

巳 歳 生
 心の奥の深くして、言葉少く知恵多く、
 金に一生不自由はなし、見えを飾りて、
 疑いとねたむ心のあるがきずなり。

午 歳 生
 調子よろしく世辞上手、人気もありて、
 人に立てられ金回りよし、
 陽気ばかりで根気なく、うわべを飾る癖がきずなり。

未 歳 生
 人をあわれみ、品もよく、芸はあれども高ぶりもせず。
 取越苦労、遠慮勝ち、つまらぬ事に気をもみ、
 危み過ぎて迷う臆病。


申 歳 生
 小才もありて、器用なり、人の気を取るうちは安楽。
 何をしてもあき易く、人を侮り、意地悪く、
 誉められる為に損もするなり。

酉 歳 生
 考え深く何事もあれこれと忙しく、
 働き乍ら世を送るなり、気変り多く、きまりなく、
 身分にあまる大望は損。

戌 歳 生
 義理を守りて、正直に、人のためには陰ひなたなし、
 骨折損の多くして、くよくよ思う心へんくつ。

亥 歳 生
 潔白できまりよろしく、
 大望も貫く程の強気気性で、
 あとさき見ずの気早にて、人に憎まれ、損もするなり。


子 歳 生  辰、申、丑歳の人が相性吉
丑 歳 生  巳、酉、子歳の人が相性吉
寅 歳 生  午、戌、亥歳の人が相性吉
卯 歳 生  未、亥、戌歳の人が相性吉
辰 歳 生  申、子、酉歳の人が相性吉
巳 歳 生  酉、丑歳の人が相性吉
午 歳 生  戌、寅、未歳の人が相性吉
未 歳 生  亥、卯、午歳の人が相性吉
申 歳 生  子、辰歳の人が相性吉
酉 歳 生  丑、巳、辰歳の人が相性吉
戌 歳 生  寅、午、卯歳の人が相性吉
亥 歳 生  卯、未、寅歳の人が相性吉
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: