スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【全力教室】教えない教育法って?子供が勉強好きになる秘訣!(前編)

ゲームに没頭する子(ゲーム中毒の子)をどうすれば良いか?

【一日で、ゲーム中毒を治す方法】
 多くの愚かな親は、
 「勉強しなさい!」「ゲームやめなさい!」言います

 そこを敢えて
 「ゲームやらないの?」って、言って
 思い切りやらせるのが良いんですね


例えば、
 ご飯の時間に没頭する子供なら。
そのまま親はほったらかしでご飯を食べて、
 片付けまでしてしまいます
後で子供がご飯をほしがったら、
 「ゲームしてたのがいけなかったんじゃないの?」
 と、一言添えるだけで良いそうです。

自分で反省するのが、重要だと言う事です

もしくは、
 ゲームができないくらい、親が遊んであげるのが良いそうです。
ゲームしなくても
 楽しいと思えれば大丈夫です



親のダメ行動

例④
 勉強を教えたがる

 
子供が頭を使って一生懸命頑張っているときに、
 横から、
 「こうしたらいいんだよ!」
 って答えを教えたり、考え方を教えたりするのは、NGです。

それは、子供が考えている所を邪魔する事になります。

すごく分かりやすい例
 あなたが知らないドラマの結末を、
 見てる途中に言われたら腹立つじゃないですか

勉強で口を出すというのは、
 その行為に等しいのだそうです。
絶対ダメなやつですよね

【何も言わないことが1番難しいが、1番いい!】
 子供の成長を妨げるのは、
  子供が考えているときは、教えず待つ!
 これが鉄則なのだそうです.
 これにより、子供が考える力をつける事が出来るのだそうです。
 考える時間は邪魔をしない!是非守って行きましょう!
 

【勉強を面白く見せる】
 勉強に興味を持ってもらうには、
 勉強を面白く見せなければいけません。

その為のツールがこれです!


これめっちゃ面白いんですが、
基本的なルールは、右に書いてる事だけです。

このゲームで、子供は考えるし、
達成感を得る事が出来ます。だから楽しいし、続けられます。
前記事で、小学3年生がやるパズルと言うのは、これの事です。
1年間、このパズルばかりやって行くそうです。



【明日から家庭で出来る、
 子供を勉強好きにさせる方法!】


学ぶ=成長する=楽しい

お待たせしました!
ここからは、
 子供が勉強好きになる方法を紹介します。


3つのポイント

3つの能力とは
 考えさせて言葉を引き出す⇒
思考力
 答えを探す努力をする  ⇒粘り強さ
 答えを導き出そうとする ⇒自立心


 です。

それを養う為の、
 重要な親の行動が3つあります。

【子供に選ばせてあげる事】
これを実践する事によって、
 子供の重要な3つの能力を引き出す事が出来ます。

この為に親がする事はたった一つ。
 「どうしたい?」
 「どうする?」


 と、子供に聞いて、
  その通りにしてあげる事です。

これに寄り、
 子供の考える力を引き出す事が出来ます。
日常で実践可能なので、
 すぐにでも始めて見て下さい。

【とにかく睡眠】
 子供の頭は、睡眠中にフル稼働するそうです。
 起きている間に考えた事を、睡眠中に整理するとか、
 結構言われてましたよね?

 やっぱりそれが結構重要で、
 子供が寝ている間に使っている脳の範囲は、
 起きている時とは比べ物にならないそうです。

 無理矢理起こしたりしない様に、心がけたいですね。

【勝負して僅差で負けてあげる】
 子供と勝負事をするときには、
 僅差で負けてあげる事が大事です。

 これにより、子供はいい気分になりますし
 ますます、その事に興味を持つ様になります。
 それが、子供の能力を伸ばす事につながるんです。
 興味は何よりも子供を成長させるためのポイントです。


最後に
【勉強は何の為にするのか?】

 宮本先生がこれについておっしゃっていて、
 とても重要だと思ったので引用させて頂きます。

 「勉強をする理由は、
  自分の幸福追求のためです。
 
 自分の幸福というのは、
  自分らしく生きるという事です。


 自分らしい生き方は簡単には見つかりません。
 いろんな事を経験して、
  消去法で、消して行くと、
  大抵1個だけ残ります。
 大抵残った最後の一個って言うのは、
  一番大変なんです。


 またこんな大変な事をやらないといけないのか?と。
 でも、自分なりの生き方をして行けば、
 この大変な事が、楽しくなってくる。
 
 その為に、勉強がひつようなんです。

大きく挫折 
 失敗したときにはこんな風に考えてみましょう

 
この挫折を乗り越えたら、
 自分はどんな人間に慣れるんだろう?

 
この挫折の向こう側には、
 どんな景色がひろがっているんだろう?

 ワクワクしませんか?」
スポンサーサイト

【全力教室】教えない教育法って?子供が勉強好きになる秘訣!(前編)

子供が勉強好きになるには、どうしたらいいのか⁇

子供の成長を阻害する最も悪い原因は、親?!

宮本算数教室
入塾の際、入塾テストをせず、先着順に受け入れるのに、
毎年難関中学への合格率80%!

カリスマ塾講師 宮本哲也先生が
 勉強好きになる為の子育てを教えます!

ちなみに、先生の塾の実績はこんなのです
 開成中学校
 栄光学園中学校
 麻生中学校

 超難関学校ばっかり

教えない教育法

宮本先生の塾のカリキュラムが、
ちょっとすごいので紹介します!

小学3年生
 1年間数字のパズル
小学4年生
 1日2時間30分の、ぶっ通し数学授業(笑)
 しかもその間、一切の言葉は無しで、書くばっかりです。

 内容は中学生レベルww

ホントに出来るのかと思いますが、
それを出来てしまうのが子供クオリティだそうです。

それより何より、衝撃なのは、
 「出来ない子は放っておく!」という事です。


◎子供を勉強嫌いにする最大の原因

 最も問題なモノがあるんです.
 そのモノのせいで、子供は勉強が嫌いになります。

 その原因とは、
 「親」です!

「子供は親を喜ばせる為に産まれたのではなくて、
 自分の人生を生きる為に産まれたんです。」


親のダメな行動とは

例①
 「頑張って!」「大丈夫?」と言う。


「頑張って!」は、暗に「もっとやれ!」と言っているのと同じだそうです。
 お前は0だ!と言っているのだそうです。

「大丈夫?」というのも、信用していない事を暗に示しています。
その為、これらの言葉を口にするのは良く無いのです。
自分(親)がどう思っているかではなく、
 子供がどう思うかが問題なのです。
これらの言葉は、ちょっと問題があるのだそうです。

修正するなら、
 ×「頑張って!」
 ○「頑張ってるね!」

 ×「大丈夫?」
 ○「大丈夫だよ!」
 
 と声をかけると良いそうです。


例②
 子供をペット化する


例えば、
 異常に丁寧な挨拶をする子供がいるそうです。
それは、
 当然親に仕込まれているのですが、
 これって、実は、「親が褒められたくてやっている事」
 なのだそうです。
なぜなら、
 それを子供が出来ると、
 「お利口な坊ちゃんね」と褒められる(親が)からだそうです。

普通の子供は、
 大人と接するのは苦手なものです。
最初はぎこちない挨拶(親にいわれてする程度)でも良いんだそうです。
自然と、その人に慣れて、自然と挨拶出来る様になると良いのだそうです。
最初から、完璧な挨拶を必ずする様に教えるのが、問題という事ですね.

とは言え、
「ありがとう」「ごめんなさい」等は、
ちゃんと教えて欲しいそうです。

例③
 やりたい事を邪魔する


例えば、
 サッカーが大好きな男の子がいて
 すごく難しい中学に入りたいと思っていたそうです。
塾に通うと、
 小学6年生にもなると、
 毎日勉強で、土日も必ずほぼ1日勉強です。
そうなるとサッカーなんて出来ませんよね。

でも、
 その子は、サッカーを続けていたそうです.
でも、難関学校に通ってしまったと。

子供が没頭する事を邪魔してしまう事が、
 子供の成長(勉強を含め)をものすごく阻害してしまうのだそうです。
この子は、
 塾に通っているこの20分の1程度しか勉強時間を確保出来ませんでしたが
それでも、
 やりたい事をやらせてあげる事が大事なんですね!
本当に気をつけたいですね!
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: