スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践的三段論法

アリストテレスの三段論法とは、

 「大前提」
 「小前提」
 そして「結論」

 という命題からなる論理的な推論のことである。



(大前提)すべての人は死すべきものである。
(小前提)ソクラテスは人である。
(結論)ソクラテスは死すべきものである。

この場合、
 大前提は論理的ではあるが、
 個別の経験を必要としないのに対して、
 小前提は経験を必要とする。

そして結論は、
 ソクラテスが今生きているにもかかわらず、
 推論者がまだ経験していない
 ソクラテスの運命の普遍的な帰結
 (=ソクラテスはいずれ死ぬ)を教えてくれるのである。

実践的三段論法は、
 推論の過程に
 「思慮(プロネーシス、フロネシス)」
 [→リンク]を動員する方法である。

ここでは、
 適切な結論を導くためには、
 あることを知っている
 (=テオリーア)ことよりも、
 為すことができる(フロネーシスあるいは、
 プラークシスを経由するフロネーシス)ことが重要になる。



アリストテレス『ニコマコス倫理学』

(大前提)軽い肉は消化によく健康的である

(小前提)鳥肉は軽く、健康的である

(結論)鳥肉は健康をつくりだせる

つまり、
 軽い肉が健康に役立つこと(=理論)を知っていても、
 鳥肉が軽い肉であるという経験知(=思慮)をもっていなければ
 健康をつくりだすことができない。
スポンサーサイト

三段論法とは

推論の方法の一つ

概要
 大前提(主に普遍的な法則)と
 小前提(個別の単なる事実)から
 結論を導き出す推論方法。

簡潔に説明すると以下のような論法である。

 AはBである。
  ↓
 BはCである。
  ↓
 よってAはCである。

「A」と「C」という元々直接的には関係しない事柄を、
 両方と関連性のある「B」という事柄を用いて
 論理的に結びつけることができる。


三段論法の有名な例としては
 以下の文が挙げられる。

ソクラテスは人間である。
 ↓
全ての人間は死すべきものである。
 ↓
ゆえにソクラテスは死すべきものである。


上述の説明に当てはめると、
 「ソクラテス」はA、
 「人間」はB、
 「死すべきもの」はCに該当する。

「ソクラテスは人間である」という小前提と
「全ての人間は死すべきものである」という大前提により、
「ソクラテスは死すべきものである」という結論が導き出されたのである。



三段論法を少し応用すると以下のような論述もできる。

 Xさんは殺人を犯した。
  ↓
 殺人を犯した者は逮捕される。
  ↓
 Xさんは逮捕される。

 

三段論法はどんな事柄にでも応用が利くため、
 あらゆる場面において重用される。

文系分野、理系分野問わず
 論理性が必要とされる分野においては必須の論法である。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: