スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしい仏像

基本知識

仏像の魅力

近世までいつ果てるともなく続いてきた、
 戦乱、疫病、飢饉。
人々は心の拠り所を必要としたが、
 仏教が伝来しても、
 肝心の経典に書かれた文字を読めるのは貴族や高僧など一部の特権階級だけで、
 文盲の大半の民衆には縁遠いものだった。
お経が読めない人間でも、
 ひと目見ただけで御仏の慈悲や有難さが
 五臓六腑に伝わってくるもの…それが仏像だった!

しかし、
 仏像の魅力は御仏(みほとけ)の慈愛を体感出来ることだけではない。

仏教の思想性や彫刻としての芸術的価値よりも、
 むしろ仏像を彫り上げた仏師たちの“優しさ”に触れられる感動の方が大きい。

仏師たちは
 「何とかすさんだ人の心に平穏を!」そう思って、
 ひと彫り、ひと彫り、祈りを込めてノミを刻み、土をこねた。
彼らにとって、
 自分が納得出来ぬ仏像を世に送ることは
 仏への冒涜になったので、
 満足のいく仏像を完成させるべく、
 自己の存在理由をかけ、
 全身全霊を込めてノミや木づちを手にとった。

傷つき疲れた魂の救済に、
 真摯、かつ、懸命に挑んだ名も無き優しい仏師たち。
そして、
 仏師が彫った仏に救われ、
 火事や洪水から千年以上も仏像を守り継いできた、
 数え切れないほど多くの人々。

国外の美術研究者は千年前の木製彫刻が
 これほど大量に火災を逃れて現存していることに驚きを隠さない。

こんなにも熱い思いが込められた仏像を、
 「興味が無い」だけでパスするてはない!



仏像は4種類ある!

お釈迦さまに向かって「南無阿弥陀仏…」と手を合わせるのは間違い

如来(にょらい)
 悟りを得た者。
 ブッダともいう。

 服は布きれ1枚。
 手塚マンガの影響でブッダ=釈迦と考えている人が多い。
 確かに釈迦はブッダだが、
  あくまでも大勢いるブッダの中の一人であり、
  釈迦だけがブッダではない。

菩薩(ぼさつ)
 ただいま修行中!
 出家前の王子時代の釈迦がモデルなので、
  胸飾りやブレスレットを身に付けている。

 他者を救う“行”をしているので、
  すぐ助けに行けるよう基本的に立ち姿で表され、
  瞑想には入らない。
 坐ったり瞑想していては素早く動けないからだ。

明王(みょうおう)
 修行する者を煩悩から守る仏。
 真言宗だけに登場する。


天部(てんぶ)
 魔物から仏界&仏法を守るガードマン。
 元ヒンズー教の神々。

仏たちの上下関係
 如来(悟り済)>菩薩(修行中)
   >明王(民衆を守る)>天部(仏界を守る)
スポンサーサイト

仏像の種類

仏像は
 仏教における信仰礼拝の対象であり、
 仏教の教義や世界観を伝えるためのものです。

 
今日までさまざまな
 仏像がつくられてきました。

今日に伝わるさまざまな仏像、
 つまり仏さまに ついての基礎知識をまとめました。

仏像や仏画、掛け軸などは宗教的な意味でお祀りして、
 信仰心を養ったり、
 何かを祈願したりすることが一般的ですが、

 芸術的な観点から鑑賞することもできます。

芸術うんぬんを考える必要もなく、
 ただ好きな仏像・仏画を飾って見るだけでも、
 心を安定させ、
 心を成長させることができます。

そして、
 それが心の支えとなり、
 自然に仏教への興味や宗教心を持つことにもつながります。

難しい仏教の教義の勉強や、
 各宗派の細かい決まりごと、
 お仏壇独自の飾り方などとは別に、

自由に仏像・仏画などを
 飾って鑑賞するのもいいのではないでしょうか。

 
仏像の種類としては、
 如来・菩薩・明王・天部・その他の
 5つに分類されます。

如来
 「真実から来た者」という意味。
 数ある尊格のなかで、最高の境地に達した存在で最高の位にあります。


菩薩
 「さとりを求める者」という意味。
 仏陀となることを目標に修行に励んでいる修行者のことをいいます。
 いわば如来の候補生です。


明王
 如来の教えに従わない救いがたい人間や生き物を調伏、
 救済するために如来の命を受けて
 怒りの形相(忿怒相)になって現れた仏です。


天部
 仏教に帰依した神々で、
 仏教を信ずる心を妨げる外敵から人々を護る、
 いわば仏法のボディーガードなどの役割があります。


その他の諸尊
 その他の仏像としては、
 神仏習合による垂迹神や釈迦の高弟の羅漢、
 聖徳太子や弘法大師、
 日蓮などの祖師や高僧などがあります。


検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: