スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「やる気」

学習の成否のカギ

机に向かっても集中できない…
 そんなときは「やる気」に
 必要な何かが足りないのかも。



「やる気」をおこすのは難しいことではない

心理学的な知見によると、
 やる気を出すことは、
 実はさして難しいことではないんです! 

アトキンソンという心理学者は、
 やる気は下記の「公式」によって、
 出たり出なくなったりするとシンプルに解説しています。

やる気=〈期待〉×〈価値〉

これは「期待価値モデル」とよばれる、
 人間の意欲をもっとも端的に表した公式です。
 

〈期待〉とは
 「自分にはこれができそうだ!」という自信のことです。

〈価値〉とは、
 「これをやることには意味がある!」と思えることです。

 
たとえば、
 簡単な計算問題がズラッと並んでいたら、
 「これなら自分にできそう」という
 〈期待〉がグッと上がりますよね。

しかし、
 その計算ばかりが延々と続くだけだったら
 「これやって、何か意味があるの?」というように
 〈価値〉のほうがグッと下がってきます。

つまり、
 期待は100でも、価値が0になっている状況です。
 
その場合、「100 × 0 = 0」ということで、
 やる気は「0」になってしまいます。

トライし続けようというテンションは高まりません。

恋愛に見る
 「期待」と「価値」わかりやすくするために、

恋愛にたとえてみましょう。
 相手のほうから積極的にアプローチしてくれる
 異性〈期待100〉がいたとしても、
 その人がまったくあなたの好みでなかったら〈価値0〉、
 
やはり付き合ってみようとか、
 友だちになってみようという「やる気」はわきませんよね。

100 × 0 で、
 やはり解が0になってしまうからです。
 
では次に、
 価値のほうに目を向けてみましょう。
先生があなたに、
 「キミは1日20時間勉強したら、
 ハーバード大学に合格するぞ!」とゲキを飛ばしたとしましょう。

さあ、
 これでやる気はわくでしょうか。
 
アトキンソンの公式にあてはめると、
 ハーバード大に合格というのはすごいことなので、
 たしかに〈価値100〉ですよね。

 でも……、
 一日20時間勉強したら、
 というコストの高さがひっかかります。
 
とてもじゃないけど、
 自分にはムリ! ということで
 〈期待0〉になってしまうんです。

すると、
 どんな魅力的な大学であっても、
 そこを目指そうというやる気はわかないでしょう。
 
これも恋愛に当てはめて考えてみると、
 
たとえば、
 すごい美男美女が目の前にいたとしても〈価値100〉、
 その人たちがあなたに目もくれず、
 自分の恋話ばかり相談し始めたら〈期待0〉、
 ああこれは脈なしだな、
 と思ってアプローチする気もおきなくなりますよね。

これも片方が0であるがゆえに、
 やる気という解が0になってしまうからなんです。

ポイントは掛け算。
 一方が0だと「やる気」も0アトキンソンの公式のすぐれた点は、
 人間のやる気を「期待」と「価値」の足し算ではなく、
 乗算にしたところだと思います。

どちらかがいくら高くても、
 どちらかがなければ、
 結果としてやる気はわかない。

その心理をうまく突いています。
やる気を維持するためには、
 〈期待〉と〈価値〉の両方が必ずそろっている必要があるのです。
スポンサーサイト

やる気の心理学

やる気がある時には
 うまくいくことが多いのですが、

やる気がない時、
 うまくいかない時には
 やる気を必要とします。

そんな時に「やる気を出そう!」と頑張ってみても、
 なかなかうまくやる気が出てこなかったりしますよね。
そこで、
 やる気が出ない原因を知り、
 その原因を取り除くことで
 やる気を引き出すアプローチをご紹介します。



●やる気を引き出すには? 
 ~無意味感の下に隠れた意味を見つける~


「無意味感」に関しては、
 それをする目的や意味の再確認が鍵となります。


やっても意味のことというのは、
 文字通り意味がないわけですから、
 そんなことをしたいと思う人も、
 しようと思う人もいませんし、
 実際にやりません。

それにもかかわらず、
 無意味感を感じながらもそれをやっている背景には、
 少なくともそれを始める時点では、
 それをやることで得られる成果や意味というものを
 見出していたからではないでしょうか?

始める前から無意味感を感じていたとしても、
 それを感じながらも「やろう」と思ったり、
 実際にやる背景には、
 同じようにそれをやることで得られる
 成果や意味というものを見出していたからなのだと思います。


その
 「目的」
 「意味」
 「得られる成果」

 というのは何だったのでしょうか?

例えば、
 仕事に関してやる気が持てない、
 こんなことをしても意味がないと感じることがあった時、
 やる気を持てない自分や、
 やっていることに虚しさを感じてしまう自分を責める代わりに、
 
「そもそも、
 何でこれをやろうと思ったのだろう?」

 と自分に問いかけてみるといいかもしれませんね。

それが見つかった時
 「それを得たい」と求める、
 自分の中にある愛情ややさしさといった
 「想い」に触れることができた時、
 同時に「やる気」を感じることができるでしょう。



●やる気を育てる

本当に意味のないこと、
 やりたくないことは、
 やりませんし、
 「やる気」も求めません。

「やる気」を必要とする背景には、
 それに対する「やる気」があるから求めるのだと思います。

その「やる気」を育てるのは、
 「やる気」という名の木を育てるようなものです。

種や苗木の無いところには
 絶対に木は生えませんよね。


種や苗木に「早く大きくなれ!」と叱咤激励しても、
 それは木の成長には役に立ちませんよね。

木の成長に役に立つのは、
 日光、水、栄養分です。
それを充分に供給してあげるだけで、
 木はすくすくと成長していきます。

やる気が出ないというは、
 「やる気」という名のまだ若い苗木に、
 「義務感や無意味感」という名の
 ツタがからまっているようなものです。


その状態では、
 いくら日当たりを良くしても
 ツタの葉に邪魔されて日光はあたりませんし、
 いくら水や栄養分を与えても、
 それをツタが全部横取りをしてしまいます。

たくさん日光や水や栄養分をあげるよりも、
 からまったツタを取り去ってあげる方が
 木の成長には役に立ちます。

そうすることで苗木は根を張り、
 幹を太くして高さも増してきます。

ツタを取ったり、
 下草を刈ったり、
 虫除けをしたりすることで
 立派な成木となり、
 豊潤な果実をつけてくれるでしょう。

そんなイメージで「やる気」を育てていただいて、
 収穫を楽しんでいただきたいと思います。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: