スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞文章の特徴

新聞記事には
 六つの要素が含まれております。

それを5W1Hと呼びます。

 いつ(WHEN) 
 どこで(WHERE)
 だれが(WHO)
 何を(WHAT)
 なぜ(WHY)
 どのように(HOW)


 がそろっていれば、過不足のない記事といえます。

もうひとつの
 新聞記事の特徴は、
 「逆三角形」で作られていることです。

一般の文章は
 「起承転結」
 といった具合に経緯をたどって
 結論を最後に書くことが多いのですが、
 
新聞記事は
 まっ先に結論を書き、
 その後に説明を加えていきます。

的確にニュースのポイントを読者に伝えることができるだけでなく、
 記事を短くする場合も後ろから削っていけば重要な結論を落とさずにすみます。

短い記事は別として、
 新聞記事には見出し、

 リード(前文)、
 本文があります。

 見出しは、
  記事の内容を一目で伝えるいわばタイトルです。

 記事を書いた記者ではなく、
  第一読者である整理記者がつけます。

「見出しがつかないのは記事が悪いから」といわれるのは、
 見出しは記事のエッセンスを言葉に凝縮するからです。
思わずひざをたたくようなうまい見出しは、
 新聞の魅力のひとつでしょう。
リードは本文を簡潔にまとめたもので、
 数行のなかに本文のエッセンスが込められています。
スポンサーサイト

新聞は3つの目的をもって読もう!

新聞を読むときの
 「3つの目的」を紹介します。


新聞には、
 就職活動、
 あるいは社会人として、
 必要な情報が満載されている。

しかし、
 ただ漠然と眺めているだけでは吸収できない。

もちろん、
 テレビ欄やスポーツ欄をパラパラ・・・
 これだけでは何の意味もない。

そこで新聞を読むときには・・・
1.時事問題に強くなるため
2.自分の意思や考えを生み出すため
3.企業・業界研究をするため


という3つの目的をもって読むようにすると、
 身についてくる、
 情報力も違ってきます。

重要な用語の背景にあるもの、
 流れ、
 それが与える世の中への影響を知り、
 世の中の流れを把握する。


そうすれば自分の考えが現実離れしていないか、
 常識から逸脱していないか、
 知ることができます。

面接のときなどに、
 自分の意見や考えのヒントを導くこともできます。

そして新聞には、
 就職活動に欠かせない企業情報が多く載せられており、
 自分の面接希望の企業や業界の研究もできるのです。

これだけの意識をもって新聞を読めれば、
 自然と真剣実も増してくるのでは?

不況な日本ですが、
 だからこそ新しい情報に敏感になる必要があるのではないでしょうか。

情報は日々、
 いや刻々と変化していくものですから。

新聞を読む時間がないときには…

できる限り、毎日目を通したい新聞ですが、
 そんな時間も取れないほど忙しいときもあります。

時間がない時の
 新聞を読むコツを紹介します。


朝も昼も夜も、
 新聞を読む時間がとれそうにない!

こんなとき「明日まとめてきちんと読もう」と考えがちだが、
 これは避けたい。

古い新聞を読むのは意外に疲れるものです。

忙しいときには
 「ひとつでも得られる情報があればいい」
 ぐらいの気持ちで新聞を開こう。

「きちんと読まなきゃ!」と思わないのがコツです。

次の3点に気をつけて
 新聞をめくっていきましょう。


1.とにかく見出しだけを追う
   「知りたいのは事実だけだ」と割り切って見出しだけを追うようにする。
   時間が無いときは、じっくり読まずに効率的に情報を得よう。

2.記事の扱い方に注意しよう
   記事が新聞の中でどれくらいのスペースをとっているかで、記事の重要度が分かります。

3.時間を決めて読む
   「今から10分で読むぞ!」と時間を限定してとりかかる。
   時間を限定すると不思議と効率よく進みます。

以上のことに注意して、
忙しいときにも新聞と時間を有効に使い、
新しい情報に乗り遅れないようにしましょう。

たくさんの記事から効率よく情報を得る

新聞をあまり読まないという人に、
 その理由を尋ねてみると

「記事が多すぎて、
 やたらと読むのに時間がかかってしまう。」

 という答えが多くかえってきます。

新聞から効率よく情報を取るには、
 記事全部を根気よく読む必要はないのです。


興味の無い記事は
 どんどん飛ばして結構です。


「全部の記事を読もうとしない」が
 読み方の基本だと思ってください。

なにせ、
 朝刊は40ページで約30万字、
 新書にして2冊分になります。


忙しいなら、
 これを「拾い読み」すれば良いのです。

ここで覚えておくといいのが、
 新聞記事独特の文章構造です。


新聞は、
 たいていは
 結論が真っ先に書かれています。


そしてその後で
 詳しい内容が書いてあります。

そのため、
 たいていの記事は全部読まなくても
 前半だけ読めば内容がつかめるわけです。


ですから、
 記事の頭だけ読んで
 「だいたい分かった」と思ったら

次の記事へと、
 どんどん移っていけばいいのです。

長い記事でも見出しと
 リード(見出しの脇の要旨部分)だけ読めば
 ポイントはだいたいつかめます。

小さな記事では
 最初の一段落がリードの役割をしています。

このポイントを抑えれば楽に、
 新聞から多くの情報を得ることができます。

新聞を楽しむコツ

何日分もたまった新聞を一気に読む、
 ちょっと考えるとうんざりします。

新聞を楽しく、
 そして内容をきちんと理解して
 読む方法があります。

 
新聞に載るようなニュースは
 少し時間が経ったときの方が
 
そのニュースの持つ意味がハッキリしますし、
 ニュースの流れが読め、
 たまった新聞の中のどの記事が重要か把握できるのです。

第1報では
 速報性が優先された記事ですから、
 取材が十分とな言えない内容であったり、
 情報に誤りがある場合もあります。

新しい情報が出ると、
 前の記事は読む必要はなくなる場合が多いので
 ニュースの輪郭が見えてからまとめて読むのも無駄がないのです。
 
多くの人は、
 大きなニュースの第1報は
 テレビで知ることが多いかもしれません。

しかし、
 「情報量」や「分析の深さ」においては
 断然、新聞が勝っています。

注目すべき解説記事や専門家の評論は、
 ニュースの概要が明らかになった日から
 さらに何日か経って紙面に載ります。


これにぜひご注目ください。

そのニュースを違った視点で見ることが出来、
 それによって起こる今後の問題や展開が予測できます。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: