スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神頼み

飯倉晴武さん著『神頼み入門』より

一、願いごとは具体的な言葉にする
、「頼む」のではなく「誓う」
三、人間関係と同じく、礼儀正しくマナーを守る


神頼みというと、
 ×自分は努力をせずにただ運を天に任せる
  
  このようなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、
  それは違います。

 ○古来、日本人は
  自分たちの命運を神に頼ってきたのではなく、
  心に湧き上がる不安を和らげ、
  前向きに歩んでいく力をかきたてるために、
  神仏を味方につけてきたのです。

  つまり、
  正しい神頼みとは、
   神さまと接するという姿勢の中で自分自身を見つめなおし、
   運を引き寄せる生き方をするということなのです。

神頼みというと、
 努力をしないでただ運を天に任せるようなことではない


神に頼るのではなく、
 ネガティブな感情を流して不安を和らげ、
 前向きに歩いていく力をかきたて、

そして、
 前のめりにならないよう、
 神さまを味方につけ命運を上げていくことをいうのね。


正しい神頼みとは、
 神さまと接して仏縁を深めるという行為の中で
 自分自身を見つめ直し、
 反省したり気づいたり、
 謙虚になったり意志を強くかためたりすることで、
 運を引き寄せる生き方をすること。


 「○○してまいりますので、
  神さま、
   私の内側にある力を引き出し、
   自分を信じる心を与え、
   お守りください」というように。


だから心願が叶いやすい。

私欲心願をはきちがえないよう、
 気をつけてるのもあるだろう。


あなたのその願いは
 欲? 
 それとも心からの願い? 
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: