お供えと拝礼について

神棚は
 ただ飾っておけば
 良いというものではありません。

 
常日頃からきちんと
 お供えをして拝礼しなければ、
 御神霊の御加護受ける事は難しいでしょう。



お供え(神饌しんせん)について 
 神様へのお供え物を神饌(しんせん)と言います。

 神道では、
  「物」「心」共に整える事を最上とします
ので、
  神饌(お供え物)が重要な意味を持ちます。
 
 神棚をおまつりする際の神饌は
  通常「米・酒・塩・水」ですが、
  その他「旬」の物、珍しい物、
  自分の家で採れた物などをお供えします。

 自分で育てた野菜や果物などの「初物」を
  お供えする事は、
  本来の「御馳走」の意味にも通じ、
  たとえ少々見栄えが悪くとも
  大いに御神霊もお喜びになるでしょう。
 
 いずれの場合においても
  清浄を心がける事は
  言うまでもありません。


神饌は器に盛り、
 三方(さんぼう)または
  折敷(おしき)に載せてお供えします。

 綴じ目を手前にして置きます。

 折敷と胴の部分が別々になっている
  三方の場合に注意していただきたいのですが、
  穴のあいていない方を御神前に向け、
  その上に綴じ目が手前にくるように折敷を載せます。



三方(さんぼう) 折敷(おしき)
 神棚に用いる器などについては、
 神棚専用とします。


お供えの順序・決まりについて
 神饌には順番があります。
 上位から米・酒・餅・魚・海菜・野菜・果物・菓子・塩・水の順となります。
 米が最上位なのは
  神々が自ら栽培されていた作物であるためですが、
  稲作を中心にしてきた我が国の歴史から考えると全く当然の事と思われます。
 
 また、
  ①神前に近い方を上位、
  ②正中(神様の真正面)に近い方を上位、
  ③正中を最上位、

  次いで左(神様からみて)、
  次いで右 
  という場所についての決まりによって、
  お供え物を上位のものから並べていきます。

 
 奇数の場合、
  正中、
  次いで左(神様からみて)、
  次いで右という順番でお供えします。  

 偶数の場合、
  正中をはさんで左(神様からみて)、
  次いで右という順番でお供えします。
 
 上の場合については、
  「米・酒・塩・水」以外の物をお供えする場合や、
  やむを得ず器を一列に並べてお供えする際の参考としてください。
 
 日常の神饌(米・酒・塩・水)を
 三方や折敷に載せると下のようになります。


 米・酒・塩・水をお供えした場合
 米・塩・水をお供えした場合
 
 お米は炊いたご飯でも大丈夫ですが、
  人間が食べる前にお供えします。
 
 魚をお供えする場合は、
  頭を正中に向け、
  腹を神前に向けてお供えします。

 正中にお供えする場合は、
  頭を左(神様からみて)にします。
 
 野菜をお供えする場合、
  ネギやニンニクの類はお供えしません。

 野菜に限らず余り強いにおいのある物は避けましょう。
 
 

拝礼について

神棚拝礼の次第と作法
 神棚のおまつりは毎日継続する事が大切です。

作法については、
 神棚に向かう前に手と口を清める

 一拝(いっぱい) 神棚の前に進み一度深くおじぎをする。

 献饌(けんせん) 神饌をお供えする。
  あらかじめお供えしておいて、
  器のふたを取ってもよい。

  灯明があるときは、点灯する。

 
 祝詞を奏上する場合(祝詞を省略する場合は拝礼をご覧ください)
  祝詞奏上(のりとそうじょう)
   二度深くおじぎをし、
   祝詞を奏上する。
  
   終わって二度深くおじぎをし、
    次に二度柏手を打つ。
    次いで一度深くおじぎをする。
  
  祝詞を奏上しない場合
   拝礼(はいれい) 二度深くおじぎをし、
    次に二度柏手を打つ。
   祈念を込めたのち、一度深くおじぎをする。

  撤饌(てっせん)
   神饌をお下げする。
   器のふたを閉じてもよい。
   灯明があるときは消灯する。

  一拝(いっぱい)
   神棚の前に進み一度深くおじぎをする。



長続きする神棚のおまつり
 普段から立派なお供えをして、
  しっかりと拝礼すればいいのですが、
  なかなか長続きしそうにない方へ。

 普段は「米・塩・水」をお供えして、
  月に1度か2度、
  お酒もお供えするというのはいかがでしょう。

 神社では
  毎月1日に月始祭、15日前後
   普段よりも立派な神饌をお供えして祭典が行われます。
  みなさんが神棚をおまつりする際も、
   毎月の神社の祭典日に準じて行ったらどうでしょうか。
  1か月に2度はちょっとという方は
   1度だけでも良いと思います。
 
 また、
  野菜・果物など普段と異なる物をお供えする場合は特に日を決めたりせず、
  珍しい物が手に入った時など、
  その時々にお供えすれば良いでしょう。
 
 最初は
  やり易いところから
  始められる事をおすすめします。


スポンサーサイト

お供えしたものはどう処理すればいいですか?

神棚のお供えの方法

米(ごはん)
 召し上がってください。
 お米の場合、普通のお米に混ぜて炊いてかまいません。


 庭や玄関先などに撒く。(魔除けの意味がある)流しには流さない。


 同上


 召し上がってください。
 飲めない方は水・塩と同様に処理して可。

榊(さかき) 
 枯れたら取り替える。
 普通の方法で捨てて可。



その他、
 お供えした食物は大事に飲食してください。

 カビを生やして
  神社の古札等納所に納めるのはもってのほか。
 
お供えは
 ご神霊の力を体の中に取り込むという意味があります。




枯れた榊は
 神社の古札等納所に納めたくなりますが、
 普通の方法で処理してかまいません。

枯れてしまうということは、
 ケガレ=気枯れ(生気がなくなってしまう)に通じますから、
 ケガレの嫌いな神様から、一刻も早く離しましょう。

お供えしたものはいつお下げするのですか?

拝礼終了直後で可。

神社に於ける祭典では、
 祭儀が始ったのちにお供えをし(献饌・けんせん)、
 終了前にお下げ(撤饌・てっせん)します。

この間、
 祝詞奏上(のりとそうじょう)や玉串拝礼(たまぐしはいれい)が行われますが、
 この事を神棚の拝礼にあてはめると、
 拝礼が終わったら
 さっさとお下げしてかまわない事になります。


理由は
 さっさとお下げしてしまうのは、
 神様にお供えしたものを飲食して、
 神様の霊力を身につけるという
 「直会(なおらい)」が
 一連の祭儀の最後に行われるためです。

 (他にも理由はありますが・・・) 

 
精進潔斎によって神前に立つ心身の状態になり、
 直会によって日常の状態に戻ります。

 直会を行ってはじめて祭儀が終了します。

 そして、
 直会は直り会い(なおりあい)の意であるとされます。


この事から、
 神棚に於けるお供えについても、
 拝礼の後は飲食するべきです。


 ただ、
 車で出かける前にお神酒をちょっとというのは
 さすがに問題がありますから、
 そのへんは考えてください・・・・・。


しかしながら、
 あんまり早くお供えをお下げしたら、
 神様が召し上がる時間が無いのではないかとか、
 大変失礼な事になってしまうのでないかと思ってしまうのも人情です。

では、
 すぐにお下げしない時は、
 いつまでお供えして良いのでしょうか。

まあ、
 お供え物が傷まない程度の時間です
 
お供え物が傷んだりホコリがかぶったりしたら、
 「ケガレた物」をお供えしている事になりますし、
 飲食して神様の霊力を身につける事も出来なくなります。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: