医龍4 KARTE #3

あらすじ
2014.01.23 (Thu)

1) 拡張型心筋症の女児は、緊急手術を要したが、
  HITで人工心肺装置が使えないことが判明する。
 そこで桜井医師は、
  日本では未認可のヒルジンを米軍のコネを使って手に入れ、
  使用することを決める。
2) 医療特区に指定されたL & P病院では、
  ヒルジンの使用が可能だった。
 岡村は、手術を許可する。
 手術は開始されるが、途中で感染性心内膜炎を併発していたことが判明。
 時間が足りず、左室形成術は施行できなかった。
3) 野口の働きにより、L & P病院はスーパー医療特区に指定された。
 そのため、心筋シートが使用可能となったのだ。
 だが、その代わりに藤吉医師は、
  L & Pの研究員となる必要があった。


:手術開始
 朝田龍太郎(坂口憲二)、
 加藤晶(稲森いずみ)、
 伊集院登(小池徹平)、
 荒瀬門次(阿部サダヲ)がL&P病院の施設を借りて手術を予定していた
 拡張型心筋症の小児患者・富田加奈(玉野るな)だが、
 HIT(Heparin-Induced Thrombocytopenia;ヘパリン起因性血小板減少症)が発覚し、
 手術に必要となるヘパリンが使えないことが判明した。
藤吉圭介(佐々木蔵之介)が研究中の心筋シートを使えば手術は可能だが、
 まだ認可がおりていなかった。

そんな中、
 L&P病院に入院中の加奈の様態が急変する。
僧帽弁の腱索断裂を認め、
 僧帽弁逆流を起こしていたのだ。
腱索断裂は手術でしか治療できない。
緊急手術が必要となり、
 朝田は苦渋の決断で最小限のヘパリンを使用して、
 救命のための最小限の手術を行うことを提案するが、
 藤吉はあまりにもリスクが高すぎると反対する。

打つ手をなくして黙り込むチームドラゴン。
そこへ桜井修三(平幹二朗)がやってきて
 ヒルジン(唾液腺から分泌されるポリペプチドで、
 トロンビンを阻害することにより血液凝固を妨害する)を使うようにと指示を出す。
ヒルジンは、
 加奈が使用できない薬の代用にはなるが、
 日本では未認可の薬だった。
桜井が米軍基地から取り寄せたのだった。

「患者のためにベストを尽くすのが医者だ。
 責任は俺が持つ」

 という桜井の言葉を聞き、
 ヒルジンを使う決意をする朝田たち。

カンファレンスルームでの朝田たちの会話を
 廊下で立ち聞きしていた木原毅彦(池田鉄洋)は、
 慌てて岡村征(高橋克典)に報告に向かう。

朝田たちが手術に向かおうとカンファレンスルームを出ると、
 目の前に岡村が立ちはだかる。
L & P病院は医療特区に指定されているため、
 岡村は「ヒルジンは使えます」と使用許可を出す。


:感染性心内膜炎の併発
朝田たちによる加奈の緊急手術が始まった。
60分で
 1) 三尖弁形成術、
 2) 僧帽弁形成術、
 3) オーバーラッピング法による左室形成術という
3つの手術を同時に行う必要があった。
見学室には
 藤吉、岡村のほかL & P病院の医師や研修医たちが集まってくる。
チーム一丸となった手術に魅せられ、
 固唾を呑んで見守っていた。

ヒルジンを投与しつつ、
 人工心肺装置を回す。
9分で三尖弁形成術が終了し、
 僧帽弁形成術に移行したところで、
 朝田の手が止まった。疣贅があったのを確認したのだ。
感染性心内膜炎を併発していたのだ。
乳頭筋筋切除が追加され、
 さらに難度の上がった手術だが、
 朝田は手術を続ける。

オーバーラッピング法による左室形成術を残したところで、
 残り時間 3 分。
これ以上は患者の体が持たない、と判断し、
 加藤たちは手術終了すべきだ、と主張する。
朝田も同調し、「手術終了だ」と宣言する。

:スーパー医療特区
手術から 1 時間が経過したところで、
 岡村は「まだ手術は終わっていません」と告げる。
そして、
 藤吉医師が患者の筋芽細胞から培養した心筋シートを運び入れる。
その心筋シートを貼り付け、手術は終了した。

岡村に促され、
 退席する藤吉。
心筋シート使用に、
 なんらかの条件をつけられたのではないか、と朝田は考え、
 不安そうに藤吉の背中を見送った。

心配するチーム・ドラゴンたちだったが、
 その最中、L & P病院で取材会見が行われ、
 医療特区および医療国際化推進委員として
 「スーパー医療特区」なるものを説明する野口の姿をニュース番組で見て愕然とする。


:取り込まれた藤吉
「スーパー医療特区で、
 拡張型心筋症に対する心筋シート治療が行われた」という説明を聞き、
 朝田たちは野口(岸部一徳)の力により心筋シートが使用できたのだと分かるのだった。

心筋シートの開発者として、
 "L & Pメディカルラボの研究員"である藤吉が紹介される。
L & Pの研究員でなければ心筋シートは使えない、
 と岡村に言われ、
 その条件を藤吉は飲んだのだ。

「最先端医療も権利ビジネスの一端だ」と岡村は言う。
そして、
 海外にチーム・ドラゴンを派遣する構想を岡村は描いていた。
スポンサーサイト

医龍4 #2 あらすじ

2014.01.16 (Thu)

1) 患者は6歳、拡張型心筋症であった。
  彼女を救うため、
  循環器内科医・藤吉は心筋シート開発を目指していたが、
  その前に心機能低下がみられ、待機的な手術をする必要があった。

2) 藤吉は、朝田に手術を依頼する。
  だが、患者は術前検査でHIT(ヘパリン起因性血小板減少症)であることが明らかとなり、
  手術できないことが判明する。

3) 心筋シートの認可を急ぐ藤吉だったが、
  その前に患者は急変し、朝田は決断を迫られる。




拡張型心筋症の少女

朝田龍太郎(坂口憲二)の呼びかけにより、
 桜井総合病院に加藤晶(稲森いずみ)、
 伊集院登(小池徹平)、
 荒瀬門次(阿部サダヲ)が集結した。

朝田はもう一人のチームドラゴンのメンバーである
 藤吉圭介(佐々木蔵之介)を訪ねてある国立病院へ向かう。

しかし、
 藤吉は最先端医療である心筋シートの研究を行いながら
 拡張型心筋症を患っている6歳の富田加奈(玉野るな)の治療にあたっているため、
 桜井総合病院で働くのは困難な状態だった。

一方、
 L & P病院では、
 ER部長に鬼頭笙子(夏木マリ)が就任したことで患者の受け入れ率が30 % 上昇していた。
それらの実績などにともない、
 L&P病院の顧問である野口賢雄(岸部一徳)と経営コンサルタントの岡村征(高橋克典)は、
 目論んでいる医療特区構想が着々と進行していることに満足する。

医龍?Team Medical Dragon





藤吉の依頼

加奈の心機能がさらに低下(EF 27%)し、
 BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)は907 ng/ml と上昇。
肝うっ血・肺うっ血がみられていた。
藤吉は桜井総合病院を訪ね、
 心筋シートが使えるようになるまでの間、
 待機的な手術を朝田たちに依頼する。
朝田たちは、左室形成術を行うことを考える。

藤吉は、
 困難な手術ではあるが、
 チームドラゴンでなら成し遂げられると考えるが、
 いざ手術を行うことになると、
 荒瀬は桜井総合病院では設備が不十分であることを指摘する。
打ち合わせに参加していた桜井修三(平幹二朗)は、
 L & P病院へ協力を要請することを決める。
チームドラゴンがL & P病院に来ると聞いて、
 ほくそ笑む野口と岡村。



手術不可能

加奈はL & P病院に転院し、
 朝田は手術のためにL & P病院を訪れる。
岡村は朝田に廊下で出会い、
 「朝田先生の技術のために、当院の施設を存分にお使いください」と伝える。
朝田は「目の前の患者にベストを尽くすだけです」と素っ気なく答えるのだった。

朝田は、
 3時間で手術を終わらせる、と宣言する。
それが手術に耐えられる限界だった。
前立ちの加藤、第二助手の伊集院たちと協力し、
 「なんとしても患者を救う」と朝田は決意する。

だが、
 術前検査の結果、
 HIT(Heparin-Induced Thrombocytopenia;ヘパリン起因性血小板減少症)が判明し、
 「ヘパリンが使えないため、人工心肺装置の使用ができず手術できない」と藤吉は愕然とする。
肝うっ血がみられ、
 肝代謝であるためアルガトロバンも使用できない。
しかしながら朝田、伊集院、加藤らは諦めず、
 文献検索や過去のカルテから、
 必死に手術できる道を探し続ける。




加奈の急変

朝田は、
 加奈の母親に
 「今の状態では手術はできません。すみません」と謝罪する。
藤吉は心筋シートの治験承認のため、
 厚労省の役人に直談判をしに行く。
だが、にべもなく断られてしまう。

藤吉は渡米し、
 心筋シートの認可を得ることを考えるが、
 加奈が急変する。
僧帽弁の腱索断裂を認め、
 僧帽弁逆流を起こしていたのだ。
腱索断裂は手術でしか治療できない。
朝田は決断を迫られていた。

医龍4 あらすじ

2014.01.09 (Thu)

 

朝田の現在

朝田龍太郎(坂口憲二)は、
 とある国の紛争地帯でMSAP(万人のための医師団)の一員として活動をしていた。
ある日、
 治療拠点にやってきた朝田の背後で爆発が起こり、
 1人の少年が大けがを負う。
治療道具が十分でない中、朝田はオペに挑む。

インドにきていた経営コンサルタントの岡村征(高橋克典)は、
 大きな商談を成立させると、
 日本の各省庁の役人や様々な企業のトップが集まった「医療国際委員会」に出席している“ある男”に電話をする。

大病院「L & P病院」では、
 外科部長の木原毅彦(池田鉄洋)が早川昭吾(柄本佑)たち大勢の研修医に院内の解説を行っていた。
目を見張る最先端医療設備を誇らしげに紹介する木原。
一方、
 同じ地区にありながら古びた「桜井総合病院」は、
 研修医も来ず、
 医師は院長である桜井修三(平幹二朗)のみという状況だった。
患者の流出も避けられず、
 経営難を不安視する看護師たち。
また、
 入院中の肺アスペルギルス症患者・森本は、
 成功率の低い手術をこの病院で受けるのは不安だからと手術を拒んでいた。




朝田の執刀

「L & P病院」ERに救急患者・中原が搬送されてくる。
検査室を通すことで様々な検査が自動的に行われ、
 その結果は治療にあたる木原や、
 日本に帰国した岡村のタブレットに転送されていく。
準備を終えた木原たちがオペ室に入った直後、室内の電話が鳴った。

電話は岡村からで、
 電話を切った木原は救急隊員を呼び戻すように指示。
胃潰瘍術後で腹腔内の癒着が手術を困難にし、
 さらには血液検査の結果から、
 腎機能低下などの問題も判明。
L & P病院に受け入れ拒否を言い渡された中原は再び救急車に戻される事態となった。

途方にくれる救急隊員に中原は「桜井総合病院」に運んでほしいと話す。
連絡を受けた桜井は、
 看護師たちの反対を押し切り受け入れ指示を出す。
中原が到着すると、
 すぐにオペ室に運ばれるが、
 症状が悪化していてできる処置がないとの判断がくだされる。
一同が諦めかけたその時、
 ドアが開き、朝田龍太郎が入ってきた。

すでに大動脈瘤は破裂していると考えられた。
通常の正中切開での開腹手術では患者は死亡する可能性が高かった。
そこで、
 朝田は側臥位(横にして)で後腹膜からのアプローチで大動脈置換術を施行することとなった。

ブラインド(目視確認ができず)下で右手を差し込み、
 5分足らずで破裂部位を同定し、
 朝田は大動脈をクランプする。
その後、
 速やかに人工大動脈に置換を試みるが、
 VT(心室細動)を起こし、
 除細動および心臓マッサージを行いながら手術を継続した。

心筋梗塞を起こしたと考えられ、
 朝田は人工心肺装置を行わずon beat(心臓を停止させずに)で
 心筋梗塞を起こした冠動脈のバイパス手術も同時に行うことを試み、
 無事に手術は終了する。



チーム・ドラゴン集結

救急患者・中原は、L & P病院の整形外科に受診していたが、
 腹部大動脈瘤を見落とされていた。
桜井院長は、
 「単一の疾患を診ているだけのL & P病院だけではダメだ。
全人的に診る医療が必要なんだ。
この病院を潰すわけにはいかない…朝田にこの病院を託したい」と告げるのだった。
桜井院長は、L & P病院との提携を反故にし、
 朝田とともに病院経営を継続することとした。

桜井医師の提案を受け入れ、
 朝田はそれぞれ別の病院で働いているチームドラゴンのメンバー、
 明真大学付属病院・胸部外科教授の地位を追われた加藤晶(稲森いずみ)、
 心臓外科医・伊集院登(小池徹平)、
 麻酔医・荒瀬門次(阿部サダヲ)、
 循環器内科医・藤吉圭介(佐々木蔵之介)を訪ね、
 スカウトする。




肺アスペルギルス症・心破裂 同時手術

肺アスペルギルス症患者・森本は桜井院長の説得に応じ、
 手術を受けることを承諾する。
患者は、
 胸部大動脈にまで病変が浸潤し、
 朝田たちは人工心肺装置を使用し、
 同部位の直接的な切除、
 右上葉切除を行うことを決定する。

動脈穿孔を起こし、
 患者が夜間に吐血したため、
 緊急手術となる。
麻酔医・荒瀬も駆けつけ、
 手術は開始される。
荒瀬はすみやかに麻酔導入、
 気管内挿管、片肺換気を行い、
 朝田は出血部位のクランプを行い、
 人工心肺が開始された。
肺アスペルギルス症の患者・森谷は、
 無事に上葉切除が行われ、
 リーク(空気漏れ)が無いことが確認された。

手術中に外傷患者の救急要請の連絡が入る。
L & P病院に搬送依頼を行おうとするが、
 その場に駆けつけた加藤、伊集院らがやってきて受け入れ可能となる。
胸部打撲による外傷性気胸を起こしており、
 すみやかに脱気およびドレーン挿入を行った。
さらに、
 心タンポナーデを起こしているため、
 伊集院・加藤による開胸手術を行うこととなった。
開胸を行ったところ、
 心破裂が起きていることが明らかとなる。
手術を行うためには、人工心肺装置が必要となる。
ところが、
 人工心肺装置は1台しかない。逡巡する伊集院たち。

一方、
 手術を行っている最中、停電となる。
冷え込んでいるため暖房が使用され、
 さらには同時手術により電力が足らずに停電となってしまったのだ。
補助電力に切り替わるが、
 そこで朝田は人工心肺装置から離脱し、
 on beatでの手術に切り替え、
 補助電力が落ちる30分の間に手術を終えることを決意する。

加藤は、
 人工心肺装置ではなく、
 自身が開発していたバッテリー式の人工心臓を人工心肺装置の代わりに利用することを考えるのだった。
暗闇の中、
 懐中電灯が照らす明かりのみを利用して伊集院は奮闘するのだった。
そして、
 「朝田先生の手術に集中してください」と荒瀬に伝えるのだった。

荒瀬の全身管理のもと、
 朝田は100 %の力で手術を行い、30分以内に終了した。
そして、
 加藤たちの手術も無事に終了するのだった。
チーム・ドラゴンは集結し、
 潰れかけた病院を再建させようと決意するのだった。

だが、
 彼らが集するのを影で糸引く人物がいた。
岡村コンサルタントの顧問をつとめる野口賢雄(岸部一徳)だった。
野口は、
 チーム・ドラゴンをインドに派遣し、
 儲けようと考えていたのだった。

『医龍2』

ちょっと感動してしまった

どこが感動したかというと

外科医、麻酔医、内科医などの
 各領域のプロフェッショナルが、
お互いのスペシャリティを認め合い
 チームとして動いている姿、
そこにある信頼関係、
 そんなところだったりします。

医龍 名言

荒瀬門次


お前なら...
お前なら金のために人を殺した医者に看取ってもらいたいか?
そんな医者に最期の言葉聞いてもらいたいか?
俺にその資格がないのは、
 お前が一番よく知ってんだろ?
ここから先の道はお前みたいな綺麗な医者しか歩けねぇんだよ。
伊集院頼む、
 聞いてやってくれ。


俺はヤブかもしれない。
だけどここには世界一の内科医もいる。
だから...
だからすぐ良くなって、
 またあの出汁巻き卵食べさせてくれ。
俺、
 あれがないと生きていけねぇんだ。



ゼロどころかマイナスだぜぇ。
でもさぁ、
 マイナスとマイナス掛けたらプラスになるぜ。
それもけっこうでかいプラスにな。


今から揃うよ、
 最強のチームが。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: