スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『文才がなくても書ける小説講座』

鈴木 信一 氏
 (書籍『文才がなくても書ける小説講座』より)

・書くということは不足を埋める作業です。

 したがって、
  書きながら睨むべきは、
  それまでに書いた文章です。
 何を書いたのか。
 何を書いていないのか。
 そのみきわめをすれば、
  書くべきことはおのずと見えてきます。
 このことを知っている人は、
  書くことに何の恐れも抱きません。


・書くことで、
  見えなかったものが見えてくる。
 予定していなかった世界が開ける。
 書くことの第一の喜びはここにあります。
 すでにあるものを文字化していくことが書くことなら、
  書くことほどつまらない仕事はないのです。

 ところで、
  書くことの第二の喜びはいったい何でしょう。
 そうです。
 書いたものが広く読まれ、
  読まれたうえで読者の共感を得ることです。


・決して無理強いはしない。これが小説の話法です。

・伏線は、文字どおり「伏せて待つ」技法でした。
 読者に説明したり、
  押しつけたりすりことを嫌い、
  探してもらいたくてじっと伏せている。
 仮に探してもらえなくても、
  恨まない、つべこべ言わない。
 まさしく文学の作法であったわけです。


・言葉の三つの働き
a、意志や情報を伝える。
 言葉の働きをこのように考えている人は多いと思いますが、
  言葉の働きで重要なのは、むしろ次の二つです。

b、ものごとを認識する。
c、ものごとをあらしめる。(中略)
 言葉がなければ、
  人間はものごとを認識することができない。(中略)

言葉を通して
 「b、ものごとを認識する」のが読者であるなら、言葉を創り出して
 「c、ものごとをあらしめる」のが作者です。
つまり、
 文学の仕事とは、
 これまでになかった未知の感触を、
 新しい言葉によってこの世にあらしめることにほかならないのです。
では、
 そういった例を具体的に紹介します。
次に挙げるのは、
 「第十七回 伊藤園お~いお茶 新俳句大賞」の入賞作品の一つです。

なめくじは 走っているの かもしれず
 大阪府、近藤和子、77歳(中略)

ここには、まさしく未知の感触があります。


・タブーと言っては大げさですが、小説での使用を勧められないものに、次の三つがあります。

①接続詞
②指示語
③副詞


・書き手を目指すなら、
  己を排して、表現に忠実な読みを心がけるべきです。
 そこには他者理解という苦痛や、
  表現の呪縛という息苦しさが伴うかもしれません。
 しかし、
  真に有益な読書が実現するのは、
  そうした困難に打ち勝ったときだけなのです。


・読むことは書くこと
 読む行為が、
  いつの間にか書く行為になってような「読み」。
 これが「正しい読み方」です。
 具体的には、
  先の展開を予測しながら読んでいくことですが、
  予測ははずれこともあります。


・「感想」も「思い出」も、書くからこそ形が見えてくるのです。
 そして、
  この「見えてくる」という経験からが、
  じつはとても大事なのです。
 その経験がなければ、
  世界の奥行きは感知できないからです。
 奥行きが感知できなければ、
  人生は豊かになりません。


●書籍『文才がなくても書ける小説講座』より
鈴木 信一 著
ソフトバンククリエイティブ (2009年4月初版)
スポンサーサイト

分かりやすい文章のまとめ方

文章を分かりやすくまとめる3つのコツ

企画書、パワーポイント、論文、自己PR・・・
 様々な場面で分かりやすい文章をまとめる必要性があります。

どうすれば分かりやすく相手に伝えることができるだろうか。

どうすれば文章を短くまとめることができるだろうか。

そんな方に文章を分かりやすくまとめるための3つのポイントを紹介します。

1.結論を初めに伝える
2.1つの文を短くする
3.伝えたいことを段落ごとに分ける
この3つのポイントについて説明していきたいと思います。

1.結論を初めに伝える
 どこのサイト、
  どの本を読んでも結論を初めに伝えることが重要だと書かれていると思います。

 なぜ、結論を初めに伝えることが必要なのか。

 それは、
  相手に内容をより簡単に理解してもらうためです。

 結論を最後にもってくる文章の書き方では、
  何を伝えたいのかを読み取ることが難しくなります。

 最初に何を伝えたいのかと、
  話の順序を説明しておくことで、
  相手の理解を容易に得ることができます。

 自分が文章を読む場合に置き換えてみましょう。

 何について書かれているかが分からない説明を読んでいき、
  結論に至ったらすでに知っている情報だった。

 そんな体験をしたことはありませんか?

 結論を最初に述べることで、
  読み手に無駄な時間を遣わせることも防ぐことができます。


2.1つの文を短くする
 1つ1つの文は短いほうが当然読みやすいです。

 文が長くなると、
  その文の意味を理解するために時間がかかります。

 長い文が連なっていると、
  読んでいる途中で挫折する人が多くなると思います。

 短い文のほうが読まされている感は少ないですよね。

 無駄な修飾語や接続詞などは省略して、
  できる限りダイレクトに内容を伝えることをおすすめします。

3.伝えたいことを段落ごとに分ける
 文章の全体の構成を考えてみましょう。

 大きな結論が1つあって、
  その結論のためにいくつかの手段があると思います。

 この記事に例えていうと、
  大きな結論は「文章を分かりやすくまとめること」です。

 その中に3つの手段があり、
  その手段について1つずつ段落分けをしています。

 1つの段落では1つのことを伝えるようにすると、
  文章が読みやすくなります。

 理想は、
  小見出しのみを並べて話を伝えられることです。

 文章を書くということ

 文章を書くのは、
  誰かに伝えたいことがあるからだと思います。

 伝えたいことを、
  素早く、分かりやすく伝えることが大切です。

 文章を読む人は、
  その情報について知りたいと思っている人です。

 読み手の望みを最大限に実現させるためにも、
  分かりやすい文章のまとめ方を心がけましょう。

「読まれる文章の書き方12のコツ」

初心者でも今すぐできる!読まれる文章の書き方12のコツ

高等技術を省き、
 できるだけ文章初心者の方でもすぐ使えるようなコツに絞ってまとめました。

1. 「何を伝えたいのか?」を1つに決める
 文章には必ず「それを書く目的」があります。
 目的をハッキリさせておかないと、
  途中で「あれ、えーと何が言いたかったんだっけ?」と迷路に迷い込んでしまいます。
 そのような文章は読む側も「結局何が言いたいのか分からん!」となります。

 まずは「今回の文章で自分は何を伝えたいのか?」を1つに決めましょう。
 それを伝えるために全力を尽くすのです。


2. 「読む価値ありそう」と思われる見出しを
 多くの読者はまず見出しだけを読み、その後を読むかどうか判断しています。

 見出しを読んで、
  「お、これは読む価値がありそうだな」と思えば続きを読んでくれます。
 「読む価値無さそう」
 「つまんなそう」と思えばスルーします。
 特に今は忙しい人が多いので、
  読む価値があるかどうかも分からない文章を辛抱強く最後まで読んでくれる人はあまりいません。

 「この文章にはこういった価値があるんですよ!」ということが、
  見出しで一発で分かるようにしましょう。
 ツイッターなど見出しが無い場合は、
  文章の出だしが重要です。


3. 書きやすいところから書き始める
 最初から書くことにこだわっていると、うまく書けない場合が多々あります。
 文章には「最初から順番通りに書かねばならない!」なんてルールは存在しません。

 まずは自分が書きやすいところから書いていきましょう。
 後で順番や前後の整合性を整えれば大丈夫です。

4. 最初は思いきり自由に書く
 最初から綺麗に整えて書こうとすると、なかなか進みません。
 まずは思いきり自由に書いてみて、
  一通り全部できてから無駄を削ぎ落とす。
 そうした方がスムーズに文章が書けます。

5. 「主張・理由・結論」で1段落
 1つの段落を

 (1)主張
 (2)理由
 (3)結論

 の3つで構成すると、スッキリして分かりやすくなります。

<例>
 ダイエットの成功は、
  「習慣」にかかっています。[主張]
 人間は普段、習慣に依存して生活しています。
 今理想の体型が維持できていないのなら、
  それはそれにふさわしい習慣で生活をしていないということなのです。[理由]
 習慣を上手に変えることができれば、
  ダイエットは成功したも同然といえるでしょう。[結論]

6. 1文を短めに
 1文を長くすると分かりにくい文章になってしまいます。
 できるだけ短くシンプルになるよう、心がけましょう。

<悪い例>
 綺麗に痩せるためには食事・運動・睡眠全てが必要
 (1つでも欠ければ、健康を損なうから)なので、
  美しく痩せることを目指すならまず健康的な生活を心がける必要があります。

<改善案>
 綺麗に痩せるためには食事・運動・睡眠全てが必要です。
 1つでも欠ければ、健康を損ないますからね。
 美しく痩せることを目指すなら、まず健康的な生活を心がけましょう。

7. 接続詞は意外といらない
 「なぜなら」「なので」「しかし」などの接続詞って、
  意外といらない場合が多いです。

<例>
 美しく痩せるためには食事・運動・睡眠全てが必要です。
 (なぜなら)1つでも欠ければ、健康を損ないますからね。
 (なので)美しく痩せることを目指すなら、まず健康的な生活を心がけましょう。
 この場合は無くても意味が通じますし、あるとリズムが悪くなります。

 無駄な接続詞を減らすために、
  「本当にこの接続詞いるのかな?」と疑うクセをつけましょう。

8. 漢字を使い過ぎない
 漢字を使い過ぎると、
  かた苦しくて読みづらい文章になってしまいます。
 適度にひらがなにすると読みやすくなります。

9. 同じ語尾を続けない
 同じ語尾を続けると、
  単調な感じになってしまいます。
 続けるのはせいぜい2回程度にとどめて、
  できるだけ語尾は変えましょう。

<悪い例>
 そもそも完璧主義者はダイエットに失敗しやすいです。
 全て計画通りに生活できる人なんていないのです。
 時には自分を許してあげることもダイエットには必要です。

<改善案>
 そもそも完璧主義者はダイエットに失敗しやすいでしょう。
 全て計画通りに生活できる人なんていないのですから。
 時には自分を許してあげることもダイエットには必要です。

10. 批判と中傷を区別する
 もし何かを批判するときは、
  批判と中傷を必ず区別しましょう。

 批判ではなく中傷をしてしまった場合、
  読者に大きな不快感を与えます。
 それだけで読むのをやめてしまう人や、
  まともに文章を読んでくれなくなる人が増えるでしょう。

11. 無駄をできるだけ削ぎ落とす
 一通り文章が書けたら、
  無駄な箇所を削ぎ落とす作業をします。
 「これが無くてもちゃんと伝わるな」とか
 「この言い方は回りくどいな」という部分を削っていきましょう。

12. 「流し読み」でも理解できるかどうか確認する
 文章を書く時って、
  つい「読者は自分の文章を1字1句丁寧に読んでくれる」という前提で書いてしまいがちです。
 しかし現実は違います。
 大体の読者は「流し読み」をしているのです。

 自分の文章を確認する時に、
  サーッと流し読みをしてみましょう。
 そして流し読みでも意味が分かりやすいのなら、
  それは読まれやすい文章だと判断できます。

以上、「読まれる文章の書き方12のコツ」でした。

読みやすい文章を書くための技法

『坊っちゃん』自筆原稿

読みやすい文章とは、
 流れるように読める文章だ。

難しい言葉はいらない。
気のきいた言葉もいらない。
文頭から文末まで振り返ることなく読める文章が、最も美しい。

読みやすさの基準は
 客観的なものだ。
読み手には様々な人がいる。
老若男女すべての人に対して読みやすい文章を書くのは難しい。
ただ、
 綺麗な文章を書こうとする意識は持ちたい。



文章を書く上で意識すべき技法を紹介する。

常体と敬体
常体とは
 「だ・である」調の文章であり、

敬体とは
 「です・ます」調の文章を指す。

 それぞれにメリットとデメリットがある。

常体は
 自分の意思を力強く伝える事ができるが、
 我の強い文章になる。

敬体は
 優しい印象で共感を得やすいが、
 まわりくどい文章になる。

常体と敬体を織り交ぜて書く手法もある。
まずは自分で試してみて、
 書きやすい文体を見つければいい。

文章の始まりは短く
 最初の一文は短いほうがいい。
 インパクトがあり、主題が明確になる。


例えば以下の文章。
 速さは重要な要素だ。

 Twitterは個人的感情や社会的情報が滝のように流れる。
 速度のある文字や画像の中から、
  瞬間的に獲物を捕らえる必要がある...

冒頭を引用や画像から始めたり、
 タイトルとは関係ない内容から書き始めるのも面白い。



PREP法
 結論から先に述べる文章術をプレップ法と呼ぶ。
 導入部で主張を明確にする事により、
  読み手は安心する。

POINT(導入結論):○○に関しての結論は○○
REASON(理由):なぜならば○○だから
EXAMPLE(具体例):具体的には○○
POINT(最終結論):よって○○の結論は○○となる

例えば以下の文章。
 Twitterは楽しい。
 そこには非日常の世界があるからだ。
 政治家や芸能人、
  ブロガーや友達。
 雑多な人たちの思いがタイムラインに流れてくる。
 日常の合間に非日常を感じる事ができる。
 だからTwitterはやめられない。

言葉を削ぎ、順序を入れ替える

推敲する時は、
 言葉を継ぎ足すのではなく、
  削ぎ落とす事を意識する。
 簡潔な文章のほうが読みやすい。

同時に主語、目的語、述語の順序も模索する。

例えば以下の文章。
 現実には不可能な手法や結果を実現する力が魔法である。
 現実には不可能な結果を実現する力を持っているのがTouchRetouchだ。

 意図せず写り込んだ人影や、
  外したい余分な物体を簡単に消す事ができる。

 魔法とは、
  現実には不可能な手法や結果を実現する力の事である。

 TouchRetouchは、
  現実には不可能な結果を実現する力を持っている。

 意図せず写り込んだ人影、
  外したい余分な物体、
  それらを簡単に消す事ができる。

 どちらも文法的には間違っていないが、
  後者のほうがリズミカルに読めるはずだ。

 文章の流れを考慮しながら、
  適切な言葉の順序を見つける。



同意語の工夫
 同じ単語を繰り返すと単調な文章になる。

例えば、
 冒頭・文頭・出だし・最初の一文。
 同じ意味でも様々な言い方があり、
  これらを織り交ぜることで、繰り返しを避ける。

 自分で思い浮かばない時は、
  類語辞典を利用すればいい。

マイナス・プラス法
 ある商品にマイナス面とプラス面があるとする。
 その商品を紹介する際、
  最後にマイナス面を書くと、
  読み手にはネガティブな印象が残る。
 だからと言ってマイナス面から書き始めても印象が良くない。

 プラスで書き始め、
  マイナスを挿入し、
  最後にプラスで締めるのがよいだろう。



肯定表現
例えば、
 「我が強い人」は「自分の意見を持っている人」と言い換える事ができる。
 「優柔不断な人」は「慎重な人」と言い換える事ができる。

 読み手を意識し、
  不快な表現はできるだけ避けたほうがいい。



説得技法
 文章を書くという事は、
  相手を説得する事と同じだ。
 相手と交渉するつもりで主張を展開する必要がある。

功利的説得:相手が得をする行動を勧める

規律的説得:相手のモラルに訴える

情緒的説得:相手の感情にアピールする


ある商品を紹介するところを想像して欲しい。

功利的説得
 その商品がセール中であることを説明して、得をする事を伝える。

規律的説得
 相手の立場を利用して、その商品を持つ必要がある事を訴える。

情緒的説得
 その商品を手にすれば感動する事を伝える。


接続語は適度に さて・そして・そこで・また・しかし。
 このような接続語は、
  使いすぎると文章の流れが途切れる。
 使い方に迷った場合は、
  おもいきって削除してみるといい。

例えば、今回の記事の導入部。

読みやすい文章とは
 流れるように読める文章だ。

 (×そこには)難しい言葉はいらない。
 (×また、)気のきいた言葉もいらない。
 文頭から文末まで振り帰る事なく読める文章が、最も美しい。

 (×そして)読みやすさの基準は客観的なものだ。
  読み手には様々な人がいる。
 (×だから)老若男女すべての人に対して読みやすい文章を書くのは難しい。
  ただ、綺麗な文章を書こうとする意識は持ちたい。

 (×ここで)文章を書く上で意識すべき技法を紹介する。



ひらがな、カタカナ、漢字の変換、句読点の挿入
 漢字をあえて平仮名にする事も、
  読みやすい文章を書く上で有効だ。
 全体の雰囲気を考えて、
  平仮名を片仮名にしてみるのもいい。

読点(、)は読む際の息継ぎとなる。
読み返した際に、
 区切りをつけたいところに読点を挿入すればいい。

句点(。)で短く区切ると、
 テンポのよい文章になる。



最後に
 文章を書く力は生まれつきのものではない。
 努力する事により、
  読みやすい文章を書けると信じたい。
 読み手を意識し推敲を重ねれば、
  おのずと綺麗な文章になるはずだ。

私は美しい文章を書けるわけではない。
プライドを持って推敲を重ねているだけだ。

夏目漱石は言う。

死ぬまで進歩するつもりでやればいいではないか。

作に対したら一生懸命に自分のあらんかぎりの力をつくしてやればいいではないか。

後悔は結構だが、
 これは自己の芸術的良心に対しての話で、

 世間の批評家やなにかに対して後悔する必要はあるまい。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: