スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「御霊前」「御仏前」

香典の袋に
 「御霊前」と「御仏前」

  の2種類があるのは、ご存じだと思います。

しかし、
 いざ御当家に出す場合に、
 「どっちを出すの?」って経験はありませんか?

「49日の法要までは『御霊前』」

「49日の法要後は 『御仏前』」


 になります。


なぜかというと、
 亡くなった方は、
 亡くなってすぐに「仏」になるのではなく、
 「49日」の間は「霊」としてこの世で生きている


生きている間の「垢【あか】」を落とし
 仏になるための色々な準備をします。

「49日」のご法要が終わって初めて、
 仏の位に入ります。

「49日」のご法要の後は、
 地方の風習によって色々ですが、
 だいたい「1周忌」のご法要だと思います。

その時に初めて「御仏前」の香典袋を使うのです。

香典袋の「霊」と「仏」はその違いからあるのです


香典・香奠とは
 仏式等の葬儀で、
  死者の霊前等に供える金品を
  香典・香奠といいます


古くは農村部を中心に食料を贈って
 それを僧侶や葬儀参加者の食事に宛てることが多かったようです。

現在では、
 香典袋(不祝儀袋)に紙幣を入れて渡すのが一般となっています。

「奠」=“お供物”という意味があり、
「線香の代わりのお供物」というのが香奠です。

通例、香典は、香典袋(不祝儀袋)に入れて、
 葬儀(通夜あるいは告別式)の際に遺族に対して手渡されます。

今では、
 「御香奠」も「御香典」も、どちらも同じ意味で使われています。

【御霊前・御佛前とは】

 御霊前と御佛前の扱い方は、宗教によって違いがあります。

浄土真宗では、
 四十九日まで成仏せず霊魂として存在するという概念は無い。

 したがって、
  香典の表書きを
   ×「御霊前」とはせずに、
  臨終の時より
   ○「御佛前」としています。


 ただし、
  他教・他宗信者及び無宗教者が、
  浄土真宗の信徒の葬儀に参列する際、
  表書きを「御霊前」としても構わない。

また、
 表書きを「御香典」・「御香奠」・「御香料」・「御香儀」などの
 宗旨を問わない表現を用いる場合もある。

他宗では
 四十九日以前は故人が、
 まだ成仏していないとして、
 通夜、葬儀・告別式、四十九日法要の前に弔問して
 仏前に供える場合は
 ○「御霊前」とするのが通例

 四十九日以降の法要に供える場合は
 「御佛前」と表書きをする。

スポンサーサイト

自分の守護本尊を知っていますか?

★自分の守護本尊を知っていますか?

※しゅ‐ご【守護】-日本国語大辞典
 まもること。まもり。警護。守備。
 また、まもりがみ。守護神。
※ほん‐ぞん【本尊】-日本国語大辞典
 寺院・仏壇などで中央にまつられ、
 信仰・祈りの主な対象となる仏像。
 また、個人が特に信仰する仏。本尊仏。


誰にでも守護本尊があります。

守護本尊は自分の生まれた干支で決まっているので、
 一生変わらず守ってもらえるありがたい仏様です。

「マイ仏さま」ともいえるでしょう。

守護本尊の決め方には
 諸説あるのですが、

ここでは単純に
 十二支を八卦に当てはめた
 シンプルな分け方で見ましょう。


自分の守護本尊を知ったら、
 それぞれの御利益を信じて
 すこしだけ特別な思いを向けてみてください。

例えば
勢至菩薩なら、
 滅罪・悪霊退散・延命・
  アンチエイジングなどに御利益あります。
 自分を律したいとき、
  悪いほうにいってしまいそうなときには
  頼りに行きましょう。

「子」の守護本尊
  千手観音菩薩千手千眼観音ともいい、
   衆生救済のために
   手には蓮、法印、宝剣など
   さまざまなパワーの持ち物を携え、
   深い慈悲であらゆる願いを聞き届ける。
   三十三間堂など。

「丑」「寅」の守護本尊
  虚空蔵菩薩知恵と福徳を無限に内蔵している菩薩。
  宇宙のように大きな功徳で衆生を救い、
   能満諸願と信仰される。
  手には宝剣を持つ。
  神護寺・法輪寺など。

「卯」の守護本尊
  文殊菩薩獅子の背にまたがり、
   5つの髷を結う文殊菩薩は、
   智慧を司る菩薩。
  右手に智慧を象徴する宝剣、
  左手に経巻を持つ。
  霊雲院・醍醐寺など。

「辰」「巳」の守護本尊
  普賢菩薩文殊菩薩とともに
  お釈迦様の両脇をつとめる普賢菩薩は、
   6本の牙を持つ白い象の背に座り、
   慈悲や徳を授け、
  また、懺悔をすれば罪を消してくださる。
  岩船寺・大光明寺など。

「午」の守護本尊
  勢至菩薩阿弥陀如来のわきにおられ、
   智慧の光ですべてを照らす。
  宝冠の上には智慧の水が入った水瓶を乗せている。
  減罪・除災・不老長寿の御利益を持つ。
  知恩院・仁和寺など。

「未」「申」の守護本尊
  大日如来宇宙そのものを神格化したものであり、
   あらゆる仏様の中の最高位である。
  災厄苦難を取り除き、
   福徳と長寿を授ける。
  東寺・法観寺など。

「酉」の守護本尊
  不動明王大日如来の化身とされ、
   家内安全・商売繁盛など
   現世での願いが叶うといわれる。
  東寺・浄瑠璃寺・智積院など。

「戊」「亥」の守護本尊
  阿弥陀如来限りない生命を宿し、
   無限の光を放つ。
  特徴は親指と他の指で輪を作る印相。
  念仏を唱えれば極楽浄土に迎え入れてくれる。
  平等院・永観堂・清涼寺など。

四十九日法要での挨拶

四十九日法要での挨拶(施主・妻)


 本日はご多忙のところを、
  夫○○男の四十九日におこしくださいまして、
  まことにありがとうございました。

 葬儀の節には
  皆様に大変お世話になりましたこと、
  
 ここで改めて御礼申し上げます。

 本日は無事に納骨もすませることができました、
  
 本当にありがたく存じます、
  
 この葬儀以来、
  慌ただしさの中で
  自分を省みる時間がありませんでしたが、
  
 ようやく我に返ったようです。

 しかし、
  我に返れば思い出されるのは、
  夫のことです、

  あの人がいたら・・・とばかりを考えてしまいます。

 今さらながら、
  夫の存在の大きさを、しみじみと実感しております。

 おそらく夫○○男もあの世で落ち着いたかもしれません、
  そして私と、
  家族を大空から見守ってくれているかもしれません、

  これからは
   子供たちが大きくなるまで
  私が頑張らなくてはいかないと思いますが、
  
 どうか、
  皆様にも、よろしく御指導のほどをお願いいたします。


粗宴ではありますが、
  用意させていただきましたので、
  ごゆっくりお召し上がり下さい

四十九日(七七日忌)の法要

四十九日(七七日忌)の法要

■ 四十九日は満中陰法要
 
仏教では、
 死後、次の生をうけるまでの状態を中陰(中有)といい、
 この期間が四十九日間とされています。


 そして、
  七日ごとに
  死者の生前の罪が裁かれる
  ということになっており、

 そのため、
  残された者は、
  七日ごとに読経をし、
  死者の罪が軽減され成仏できるように祈るのです。


 四十九日は七回目の裁きを受け、
  死者の運命が定まる日です。


 したがって、
  この日を満中陰として、
  比較的盛大な法要を営むのです。



満中陰法要(四十九日法要)

<現 状>

臨終から忌明け法要までは、
 7日目ごとの法要があります。

初七日(しょなのか)忌、
二七日(ふたなのか)忌、
三七日(みなのか)忌、
四七日(よなのか)忌、
五七日(いつなのか)忌、
六七日(むなのか)忌、
七七日(なななのか)忌の7つです。

初七日は死亡日(あるいは死亡前日)から7日目に行ないますが、
 現在では遠隔地から出向いた近親者を考慮して、
 葬儀の当日、還骨法要と共に行なうことが多くなりました。

なお、
 忌明け法要も早くなって、
 五七日忌(35日)に行なうことが一般的になっています。

初七日などの法要の日数の数え方は、
 関東では死亡日当日から数えますが、
 関西では死亡前日から数えることが多いようです。

●満中陰法要
 忌明けには、忌明け法要を行ないます。
 あらかじめ日取りを決めて僧侶に依頼します。
 日取りは法事に出席しやすい土・日曜日が多いようです。

また
 事前に法事の会場、料理、引物などを手配します。

塗位牌はこの日までに用意して、
 法要のあと仏壇に納めます。

この日に納骨を行なう場合には、
 法要のあと墓地に行き、
 僧侶の立会のもとで納骨を行ないます。

精進落しでは、
 生ものを使った料理で参列者を接待し、
 食事のあと「引物」をわたします。
この日には神棚に貼られていた紙を取ります。

●神式の忌明け
 神式では死後50日目を「五十日祭」として祭ります。

●いわれ
 人の死後49日の間を仏教では中陰の期間といって、
 六道輪廻の間をさまよう期間とされました。

この期間に行なう供養を中陰供養といいます。

『梵網経』には、
 例え生前中に、悪行を重ねた人でも、
  遺族が7日毎に追善供養をすれば、
  死者もその功徳を受けるとあります。

 49日目は、
  審判で死者の運命が決まるとされており、
  満中陰といわれています。


 また
  
 ★鎌倉時代から始まった
  十三仏信仰
  というものは、
  
 初七日から三十三回忌までの13回の重要な法要に、

  13の仏菩薩を本尊として配当するものです。

法要には
 これら十三仏を描いた掛け軸を掛けることがあります。

  初七日 (不動明王)
  二七日 (釈迦如来)
  三七日 (文珠菩薩)
  四七日 (普賢菩薩)
  五七日 (地蔵菩薩)
  六七日 (弥勒菩薩)
  七七日 (薬師如来)

  百カ日 (観音菩薩)

  一周忌 (勢至菩薩)
  三回忌 (阿弥陀如来)
  七回忌 (阿しゅく如来)
  十三回忌 (大日如来)
  三十三回忌 (虚空菩薩)



また「忌」明けとは、
 中陰の期間である死者の六道輪廻が終了して
 六道の何処かに生まれ変わることを意味し、

 それとともに
  忌の汚れが除かれたことを祝う行事です。
 
 そこでこの法要は盛大に行なわれることになります。


『源氏物語』「夕顔」にも

 「かの人の四十九日忍びて、
  比叡の法華堂にて、
  ことそがず装束よりはじめてさるべきものども、
  こまかに誦経などせさせ給う。

  経仏の飾りまでおろかならず」とあります。

四十九日までの心得

四十九日までの心得

忌日法要は
 死後七日ごとに四十九日まで行います。

四十九日は
 来世の行き先が決まるもっとも重要な日で、
 
 故人の成仏を願い
  極楽浄土に行けるように法要を営みます。

葬儀のときの白木の位牌は仮のものですから、
 四十九日法要までに本位牌を準備します。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: