スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1話 「人こそすべて、人が企業」

東川鷹年の「中小企業の人育て」

私は40年間、
 一貫してずっと会社経営における「人の問題」に関わってきました。

日本経営合理化協会では、
 これまで13年にわたり、セミナーや塾を通じて、
 社員数わずか5名の会社から
 店頭上場の中堅企業まで数百社の会社を
 強くするために、尽力して参りました。

 
ご相談される経営者の課題
 「会社を引っ張っていくマネジメントの出来る人が育っていない。」
 「自分の言った事が社員のすみずみまで届かず、
  会社の方針が中々伝わらない。
  そのために、事業計画が計画通りにい かない。」


ほとんどは
 「ヒトの仕組み」
 がないための嘆きです。 

ここ数年は、
 「ヒトの仕組み」がないまま経営を続けてこられた経営者が、
 ヒ トの問題で会社が活性化せず、
 その結果、世の中の変化に対応できず、
 売上が伸びず困っておられるケースが非常に多いものです。


私は、かつて西尾レントオール株式会社という会社に33年間勤務し、
 社員数53人の中小企業から1200人の大証一部上場企業に成長させる
  「仕組み」を西尾晃先代社長と二人三脚でつくりあげました。

(西尾晃社長は
 西尾レントオールの創業者で93年に他界され、
 現在はご子息が立派に後継され躍進しており、
 文章中は先代社長と記させていただき ます。)


1970年に私が入社した当時、
 道路工事などの建設機械を主としたレンタル業を営んでいた
 西尾レントオールは、
 先代社長が公認会計士で税理 士、司法書士、中小企業診断士などの資格を有し、
 経営には絶対の自信を持っておられました。

しかし、
 1973年のオイルショックという外部環境の変化が起こった時、
 自社の機械を切り売りして生き延びるという瀕死の状態に陥りました。

社長は
 毎日毎日、一生懸命考え抜かれたあげく、
 ある日、当時 人事部長であった私を呼びだされ、


わしは、
 経営には絶対の自信を持っておった。
しかし、
 外部環境の変化で会社がこんなにもガタガタになるなんて言語道断や。

今回何とか乗り越えたとしてもまたいつか来るぞ!

どんなことがあろうが
 ビクともしない
 “強い会社”をつくらなあかん。


それには、人 や。
 人こそすべてや!
 
“任すから任せるに足りる人”
 を育ててくれるか?」



と言われました。
今まで先代社長はワンマンで、
 人に仕事を任すような人ではなかったので、
 驚き、「本当に任されますか?」と聞き返したとこ ろ、

「任せるに足りる人やったら任すで。
 まだ任せるに足りないから、
 俺がやいやい言うんや。」

「なるほど。
 では、社長の考える任せるに足りる人とは
 どんな人ですか?」

 と聞くと、即座に

「今日いついかなる時に、
 何らかの形で当社を辞めなければいけないことがあったとしても
 明日から独り立ちしていける人や。
 そういう人を創ってく れ。」


「そんなことしたら
 その人は会社を辞めますよ。」


「いや、そうなったとしても、
 やめんような仕組みを創ってくれ。」


この大命題が下されて以来、
 私の苦闘が始まったのです。

これから数回にわたり、
 私がこの「人づくりの仕組み」に取り組む中で、
 
先代社長から学んだことを、
 お伝えすることにより、
 皆様の今後の経営の参 考となればなによりも幸いです。
スポンサーサイト

「東大卒に勝てる戦場」は存在する

こういう話をすると、
 こんな不安を口にする人がいる。

「そうは言っても、
 私、考えるのも苦手なんですよ」
そんな人は自問してほしい。

これまでどおり、
 知識や学習の領域で勝負を続けたとして、
 自分にチャンスはあるだろうか、と。

「学ぶ」の戦場にとどまっている限り、
 その頂点には
 東大卒のような
 学歴エリートが必ず立ちはだかっている。

もちろん、
 がんばって勉強すれば、
 彼らに追いつけるかもしれない。

しかし、
 それには膨大なリソースが必要だし、
 そこまでして勝利したとしても、
 世の中はさほどあなたを評価しないだろう。

また、
いわゆる学歴エリートである人も考えてみてほしい。

いくらあなたの学ぶ力が優れていても
 もはやその優位は
 「考える野蛮人」に
 いつひっくり返されるかわからない。


そうであれば、
 知識の領域だけで満足せずに、
 ぜひ考える力を磨いておくべきではないか。

これまでの僕の経験からすれば、
 いわゆる偏差値の高い大学を出ている人でも、
 思考力においては凡人と変わらない
 というケースは少なくない。

ただ、
本人が「自分は頭がいい」と思っているせいで、
 いつまで経ってもそれに気づかないだけだ。


さらには、
考える力が本当はあるのにもかかわらず、
 なまじ勉強での成功体験があるせいで
 何か失敗したときでも
 「勉強不足だった」
 という思い込み
から抜け出せない。

実際には
 「思考不足」
であっても、だ。

「頭がいい人」の条件が変わった!!

大半の人は、
 思考力の領域で勝負するほうが賢明だ。


それは芸人のような特殊な職種だけでなく、
 ビジネスパーソン全体に言える。

実際、
 あなたのまわりにも、
 見事に知的下剋上を果たしている人はいるはずだ。

逆に、
 高学歴で勉強熱心であるにもかかわらず、
 仕事面で少なからず問題がある人
もいるだろう。

ひと昔前なら社内でもてはやされた人材が、
 いまでは、「あの人、頭はいいんだけどね……」などと
 影で言われているケースも増えていると聞く。

結局のところ、
 いまのビジネス環境で生まれる差は、
 「考えているかどうか」の差だ。


だからこそ、
 ライバルよりも優位に立ちたいという気持ちがあるのなら、
 中途半端なお勉強を始めるよりも、
 考える力を磨いたほうがよほどいいのである。

「考える野蛮人」が跋扈する知的下剋上の時代が始まった

戦国の世では
 知識はほとんど役に立たない。


もちろん武力があるに越したことはないが、
 それだけでも生き残れない。

「考える力」で勝った者が生き残る。

学力や科挙のヒエラルキーを絶対視していた
 朝鮮の役人たちからすれば、
 なぜ学識のない人間が
 日本を支配できているのかを
 まったく理解できなかったのである。

下剋上の世というのは、
 そういうものだ。


生まれによって固定されていた身分も、
 ひとたび戦乱の世に入れば、
 急速に流動化する。

そこで基準となるのは、
 徹底した思考に裏打ちされた武力だけであり、
 逆にそれさえあれば、
 秀吉のような田舎の下層民でも、
 天下人にまで成り上がることができるのである。

いまの日本もこれと似たような状況にある。
かつて
 個人やその家族の一生を決定づけるほどの
 重みを持っていた学歴

― その壁は、
 もはや思考力によって容易に乗り越えられる。

いわば知的下剋上の時代だ。

東大卒に勝てる戦場は「芥川賞芸人」に聞いたほうがいい!?

津田 久資 - ダイヤモンド・オンライン - 2015年9月24日

時代の変わり目には
 「学ぶ」から「考える」に価値がシフトする。

たとえば
 戦国時代などというのはその典型だ。
いかにして相手に勝つか、
 考えに考えて考え抜いた者だけが生き残る。

豊臣秀吉は
 朝鮮出兵をした際に、
 朝鮮の高級官僚を捕虜として連れてきた。

科挙を通過した超エリートである彼らは、
 秀吉の家臣らに謁見した際に、
 こんな感想を抱いたという。

「こんな学識のない野蛮人どもがのさばり、
 天下をとっているとは……なんという国だ!」

「考える野蛮人」が跋扈する知的下剋上の時代が始まった
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: