スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語のの表現

表現技法とは

強調したり、
 感動を高めたり、
 余韻を残したり、
 調子をととのえたりするために、
 特別に もちいられる文章表現の技(わざ)・工夫のことをといいます
(修辞法ともいいます)。

おもな表現技法には次のものがあります。

 倒置・比喩・対句・体言止め・反復・省略・押韻がある

1.倒置法(とうちほう)
 定義
  通常の言い方とは言葉の順序を逆にする

 例文
  「もうやめろ、そんな幼稚なことは。」
  「そんな幼稚なことはもうやめろ。」が通常の語順)

 効果
  強調する

2.比喩(ひゆ)
 (他のものにたとえる表現。直喩・隠喩・擬人法に分かれる。)

 (1)直喩(ちょくゆ)(明諭:めいゆ)

 定義
  「~のように」などを使い、たとえであることを明示した比喩

 例文
  「人生は羅針盤のない旅のようなものだ。」

 効果
  印象を強める

 (2)隠喩(いんゆ)(暗喩:あんゆ)

 定義
  「~のような」などの、たとえを明示する語を使わない比喩

 例文
  「人生は羅針盤のない旅だ。」

 効果
  印象を強める

 (3)擬人法(ぎじんほう)(活諭:かつゆ)

 定義
  人間ではないものの様子を人間の動作のように表現する

 例文
  「ひまわりは太陽に恋をしている。」

 効果
  印象を強める

3.対句法(ついくほう)

 定義
  対照的な二つの言葉を同じ形で並べる

 例文
  「春、君に出会い、秋、君と別れる。」

 効果
  調子をととのえ、印象を強める

4.体言止め(たいげんどめ)
 
 定義
  文の終わりを体言(=名詞)で止める

 例文
  「見上げると満天の星。」

 効果
  余韻を残す。

5.反復法(はんぷくほう)

 定義
  同じ語をくり返す

 例文
  「もう一度会いたい。もう一度会いたい。」

 効果
  調子をととのえ、感動を強める

6.省略法(しょうりゃくほう)

 定義
  言葉を省く

 例文
  「坂を越えたら、また坂が・・・。」

 効果
  余韻を残す

7.呼びかけ(よびかけ)

 定義
  人などに具体的に呼びかける

 例文
  「おおい、雲よ。」

 効果
  強く訴える

8.押韻(おういん)

 定義
  文の初め(頭韻)や文の終わり(脚韻)に同じ音を並べる

 例文
  「今日は興奮、妙な気分。」

 効果
  調子をととのえる
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: