スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話すスピード

好感度をアップさせる
 話すスピード


 相手が聞きやすく、理解しやすいスピードの基準は、
  文字数にすると
  1分間に約300文字
  といわれています。

 落ち着いた感じで
  相手を説得するときのスピードの基準は
  1分間に約250文字。

  話に勢いをつけるなら1分間に約400文字。
スポンサーサイト

話す速度

NHKのアナウンサーの
 話す速度はどれくらいですか。


時代の流れと共に変わってきました。
かつては、
 漢字かな混じりで
 1分間に300語前後が一般的でした


しかし、最近では速くなる傾向があり、
 1分間に300~350語くらいの
 アナウンサーが多くなりました。

もちろん個人差もあり、
 400語近く話すアナウンサーもいます。

ニュース・ナレーション・司会・中継等、
 伝える番組によっても異なります。

もし人前で話すときに、
 事前に原稿を用意される事がおありの場合は、
 目安として、
 1分間に話せる文字数は400字詰め原稿用紙1枚弱と
 お考えいただければ良いかと思います。

話すスピード

話すスピード

心地よく伝わるといわれている
 ビジネススピーチは、
 1分間で300文字
 読む早さです。
    
1分間で250文字読む早さは、
 おちついた感じで口説く時。

1分間で400文字読む早さは、
 スピードがあり、勢いのある
 話し方となります。

あなたの話すスピードはいかがですか。

自分が普段どのくらいの早さで話をしているのか確認をして、
 話す場や相手、
 内容によって、
 話すスピードが使い分けられるといいですね。

☆歓送迎会、
 あなたはどのように話をしていますか?

話す時の型をふまえ、
 具体的なエピソードを入れるといきいきとしたスピーチになります

例えば、
 
送別会で送る側

 1)感謝のことば
 (定年退職、結婚退社等の時はお祝いの言葉)
 2)人柄や今までの実績をほめたたえるエピソード
 3)今後の活躍を祈る言葉

 
送別会で送られる側

 1)会の開催のお礼
 2)感謝の言葉
 3)在任中のエピソード
 4)今後の自分の決意や抱負
 5)今後の会社の発展を祈る言葉

主役になる人にとっては
 「人生の節目」
 よい思い出となるような会にしたいものですね。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: