スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色が与える心理的な印象


力強さ、積極的、情熱的、直観力、エネルギー、食欲、購買欲、インパクト



クリア、透明感、スマート、英知、整然、冷静沈着、平常心、集中力


黄色(オレンジ)
コミュニケーション、好奇心、楽観的、陽気、明るさ、活力



自然、穏やか、安心感、セキュリティ、信頼、優しさ



潔白、忠誠心、清廉、虚無、ピュア、無垢、真面目な、静寂



威圧感、上品、気品、フォーマル、シンプル、無音



集中して聞いてほしいプレゼンなら
意識を集中して高める色ならば、
 青などの寒色系を使ったプレゼンが最適です。

青は
 クールで知的な印象を与えることができると共に、
 心地の良い緊張感と集中力を高める心理的作用があります。
聞いている方も頭がスッキリする作用があり、
 青には時間を長く感じさせないという心理効果もあります。 

 

同じ寒色系の
緑を使うと、
 リラックス効果の方が心理的に大きくなってしまい
 聞くことに集中する緊張感まで取り払われてしまうこともあります。
自然やリラクゼーション、
 エコに関するプレゼンの場合は安心感を与える心理作用があるので良いかもしれませんね。




注目して欲しい!聴衆の意欲をかきたてるには
プレゼンの中でとにかく注目して欲しい!
 という部分には赤が効果的です。
赤は
 マーケティングでもよく使われるカラーとして有名です。

情熱の赤は
 人の気持ちを掻き立てる心理作用があります。
一般的には食欲や購買欲を掻き立てられるカラーとして、
 飲食店や様々な店舗での商品タグなどにもよく使われています。

プレゼンの中でも
 特に強調したい部分、
 訴えたいフレーズなどは赤を使い、
 聴衆の目を惹きつけましょう。





重厚で上品なプレゼンには
フォーマルな場面では黒のスーツやドレスが着用されるように、
黒には
 上品で重厚感のある印象を与えることができます。

インパクトよりも上品さを全面に出す場合のプレゼンなら、
 黒の背景に白い文字といったシンプルさで、
 アーティスティックに演出するのも効果的です。
但し、
 照明の状況によっては
 黒の背景は非常に見づらくなる場合もあるので、
 その点だけは注意しておきましょう。




このようにそれぞれのカラーが人に与える心理的なイメージや印象は異なり、
 上手に使うことで、
 魅力のあるプレゼンにすることも可能です。

それぞれのカラーが持つ意味と、
 与える心理的な影響、
 それによって人がどう動くのかを知っておくと
 シーン別に効果的なプレゼンを行う事ができるようになります。
スポンサーサイト

心理と色の影響

資料作成において大事な配色について

カラーマーケティングという言葉があるように
 人々の心理と色というのは密接に結びついてます。
心理と色の影響を知っておくと売り上げ向上に繋がったり
 ブランディングの1つとして用いることが出来ます。

例えば、
 ユニクロはただ安い商品を売っているだけでなく、
 カラーマーケティングのエキスパート・カンパニー。

ユーザー心理を汲み取った配色によって、
 自然と買う気になってしまっているのです。

では、
 どの色をどう使えば効果があるのでしょうか?


赤 red

■この色を好む人の傾向
-負けず嫌いの頑張りやで、目立ちたがり
-色がきれいでないとイヤ
-仕事が遅い販売員にイライラしがち

■効果
-明るさと元気を与える
-人を積極的にする
-自己表現したい欲求を満たす



青 blue

■この色を好む人の傾向
-まじめで控えめで頭が良くて優しい人だと思われたい人
-心が疲れていることも
-世間の人はこの商品をどう評価しているのか、ちゃんしたメーカーのものかを気にしている

■効果
-静かで慈悲深い心をつくる
-想像力を発揮させて仕事に集中できるようにする
-人にいえない悩みと不安を和らげる
-高級感



緑 green

■この色を好む人の傾向
-優しく穏やかでおっとりした家庭的な人
-自然なものや緑色のものが欲しいけど、迷ったあげく買わないことが多い

■効果
-人を優しく穏やかにする
-自然と同じ安らぎを与える
-寝不足、肩こり、対人ストレス、仕事のし過ぎからくる疲れを和らげる



茶色 brown

■この色を好む人の傾向
-落ち着きや大人っぽさ、グレード感を重視する人
-便秘気味か満腹。もしくは金欠ぎみか、リッチだけど不満の多い状態

■効果
-リラックスさせる
-心をおだやかにする
-平和と安定を求める欲求を満たす



黄色 yellow

■この色を好む人の傾向
-個性を重んじる人で、子供っぽい一面もある
-胃が弱いか、企画書作りで頭がいっぱいかも

■効果
少し大きい文字-人を明るく、前向きにする
-上手にコミュニケーションが取れるように助ける
-現実的なアイディアを出すのを助ける


黒 black

■この色を好む人の傾向
-親とか上司とか社会にいいたい文句が山のようにある人
-プレッシャーと戦っている芸術家
-販売員が話しかけてくるとムカつくはず

■効果
-強い不安や人にいえない心配をかかえ、辞退が好転するのを待っている人をなぐさめる
-制限や制約に耐え、プレッシャーと戦いながら理想に向かっている人に安心感を与える
-才能がありながら困難を感じている人に自信を与える




グレー gray

■この色を好む人の傾向
-何もかも本当はイヤで、くたびれている優しい人
-気付かれによる肩こり、冷え、腰痛をかかえていることが多い

■効果
-人を助けて 人の心をなだめる
-「そのうち、いいことがあるさ」と思いたい人を安心させる
-様々な不安を抱えている人を癒す


おわりに

いかがだったでしょうか?

資料に使う色によって、その色を好む人やその効果が変わってきます。
「だれに対して」「どのような意図」の資料を作成するのかを明確にすることが、
 効果的に色彩を使うポイントなのではないでしょうか!

プレゼンテーション資料作成の目的

プレゼンテーション資料を作成する目的とは何でしょうか?
プレゼンテーションは、極端にいえば、資料なし、
 つまりトークのみで説明することもできます。
わざわざ工数を割いて資料を作成するのですから、
 そこには、きちんとした目的があるのです。
目的は、大きく分けて以下の3つがあります。



伝えたい重要なポイントをしっかりと相手に理解していただき、
 しかも信頼感、安心感といったよい印象を与えるために
 資料を用意するのです。
そこで、訴求力が高く、
 センスのよいプレゼンテーション資料を作成するテクニックを身につける必要があります。


カラー化テクニック

PowerPoint®を使ったデジタルプレゼンテーションが
 一般的になってきている現在では、
 プレゼン資料はフルカラーが当り前になりました。
そうなると、どのような色使いで資料を作成するかは、
 訴求力UPのために欠かせないテクニックです。

カラー化テクニックの中から、
 最も基本となるポイントとして「統一感のある配色」をご紹介しましょう。
統一感を出すには、
 色合いを統一する「ドミナントカラー」配色と、
 トーン(明るさと鮮やかさを組み合わせた概念)を統一する
 「ドミナントトーン」配色があります。

改善前
2014110501.gif

改善後
2014110502.gif



箇条書きのチャートはわかりやすいが、
 色合いに統一感がないためセンスよく見えない例。
箇条書きの番号と内容の枠は、
 同系色で統一するだけでセンスアップする。
このように同系色でまとめることをドミナントカラー配色と呼ぶ。


改善前
2014110503.gif

改善後
2014110504.gif



鮮やかな色、濃い色、薄い色、明るい色などバラバラ。
アンバランスさがポップな感じともいえるが、
 ビジネスドキュメントとしては今一歩。
6色ともライトグレイッシュトーン
 (ややグレイがかった明るめの色)で統一した例。
落ち着いた印象でセンスよくまとまっている。
このようにトーンを統一することをドミナントトーン配色と呼ぶ。


改善前
2014110506.gif

改善後
2014110506.gif


タイトルの枠を紺で統一していることは悪くないが、
 説明内容の枠のトーンがバラバラ。
タイトルの枠は4つとも濃い色、
 説明内容の枠は4つともグレイがかった色と、
 それぞれ同じトーンで統一しているドミナントトーン配色である。
1つのタイトルと説明内容のセットをみると、
 青系、赤系、黄色系、緑系とそれぞれがドミナントカラー配色である。





デザインレイアウトテクニック

ビジネスプレゼンテーションにおいては、
 すばらしく美しい資料に仕上げることが目的ではありません。
前述したように、
 理解を助け、ポイントを強調し、
 ある程度よいイメージを与えるデザインレイアウトを心がければよいのです。

例えば、次のようなポイントがあります。

【全体のデザインレイアウト】
・ 表紙デザインと2ページ目のデザインは統一感を持たせる。
・ 本文のスライドは、内容が読みやすいようにシンプルに。

【文字情報のデザインレイアウト】
・ タイトルは具体的かつ簡潔に。
・ フォントはゴシック体が基本。
・ キーワードはフォントや色で変化をつける。
・ 1枚のスライドに1つのメッセージ。
・ ポイントは多くても5つ程度にまとめる。

【画像情報のデザインレイアウト】
・ クリップアートを使うなら似たような印象のもので揃える。
・ イラストよりは写真、写真よりは動画で具体的なイメージを伝える。

また、意外とおろそかにされがちなのが、
 スライドの中で「揃える」ということです。
資料を作成する場合、
 文字だけでなく図形を使ってチャート化したりイラストや写真などを配置しますが、
 それらの構成要素の位置をバランスよく「揃える」ことが重要です。
箇条書きの文字の先頭が揃っていなかったり、
 チャートを構成する図形の位置がガタガタでは見栄えも悪く、
 わかりづらくなります。
ぜひ位置揃えに気を配って作成してみましょう。


改善前
2014110507.gif

改善後
2014110508.gif



枠の幅、位置、線の長さなどが揃っていない例。
「揃える」ということに気をつけるだけで、レイアウトがすっきりする。




ビジュアル化テクニック

ビジュアル化とは、
 文字情報や数値情報をいかに聞き手に理解しやすいかたちで表現するか、
 ということです。
どういう方法を使って表現するとよいかは、
 下図のように分類されます。



ビジュアル化テクニックには、
 イラスト・図・写真・動画などのマルチメディア活用、
 チャート化、表やグラフの活用などがあります。
表やグラフについては、
 Excelで作成した表やグラフを活用すれば短時間で作成できるでしょう。
この他に、PowerPoint®を使ったプレゼンテーション資料作成を前提とすれば、
 アニメーション活用もあります。
いずれにしても、ビジュアル化テクニックを駆使するには、
 PowerPoint®の各種機能が大いに役立ちます。

ここでは、ビジュアル化テクニックとして、
 チャート化とグラフ訴求力UPの2つの例をご紹介しましょう。

改善前
2014110509.gif

改善後
2014110510.gif



もっとも簡単なチャート作成は、
 概念を囲って配置する方法である。
しかし、
 ポイントが多いと心に残らないように、
 ユニットの数がこのように多いとわかりにくい。
ユニットが多くなる場合は複数の概念をグループ化して、
 ポイントが明確になるようにする。
この例では11あったユニットを3つにまとめて表現している。



改善前
2014110510.gif

改善後
2014110511.gif



Excelでグラフを作成して、レイアウトや色を整えた例。
これだけでも、
 4月度からは急に不良品発生件数が減っていることはわかるが、
 説明をしないとアピールできない。
グラフに目標値を表す赤線と「目標値」という文字を書き加えて、
 4月度の棒の上に「新製造ライン導入」と噴出しを追加。
これで、誰が見ても「4月度から新製造ラインを導入したので不良品発生件数が
 目標値より大幅に減少した」というメッセージになった。


いかがでしょうか?
今回は、基本ポイントをいくつかピックアップしてご紹介しましたが、
 皆さまの業務に少しでもお役にたてましたら幸いです。

色が与える効果

覚えておくと便利!
プレゼン資料を作成する際に意識したい
 色が与える効果



みなさんの中にはプレゼンのスライドや皆様に配布する資料に、
 色を加えたり
 字の色を変更したりと様々な工夫をされていると思います。

しかし、
多くの方々が間違った色の使い方や
 反対に色によって見辛い資料を作成してしまったりしています。


色の効果を熟知していればお客様に与える印象が変わったり、
 中にはお客様に購入意欲を高めるような効果も期待できます。

ではどのようにすれば
 プレゼンにおける色の効果が発揮されるのでしょうか。


場面に合わせた色の使い分け方

資料の中には商品の説明文から、
 ここはお客様にどうしても伝えたいと言った部分が必ずあると思います。
そのような場合によく利用できる手段が、
 
説明文には落ち着いた色を、
 ここはどうしても伝えたい場合は
 明るい色を配色することです。


例えば、
説明文の重要な点には
 青色や水色を利用してみましょう。
すると重要と言う部分がはっきり分かるだけでなく、
 落ち着いた色を配色させることにより
 お客様も落ち着いた気持ちで重要項目を確認できます。


また、
商品の肝心の部分を
 どうしても伝えたいと言う時に、
 例えば赤色や明るめの赤を使用してみましょう。
 
すると、
お客様もここはこの人の最も伝えたい部分なのだなと
 理解していただけますし、
いちいち考える手間もかかることもございませんので
 お客様もすぐに頭の中に入ってきます。


そのため使い分ければ
 メリハリのあるプレゼンになりますので活用してみましょう。


蛍光色の使い分け

プレゼン資料で使いたいが
 どこで使用するか迷うのが蛍光色です。
蛍光色は
 先に述べた赤色のように確かに目立つ色ではございますが、
 使いすぎると目が疲れてしまいますし、
 また会場やプロジェクタの機器の性能によっては
 文字が潰れてしまう恐れが出てきます。

そのため使おうにもなかなか手が出せない色でもあります。
そこで、
 もし蛍光色を使用するのであれば
 文字の枠色を線がはっきりと見える色を使用してみましょう。

例えば
 枠色を黒にして字の色を蛍光色にしてみると、
 枠がはっきりとしているので例え潰れてしまっても確認できますし、
 何より赤色より目立ちますのでお客様に与えるインパクトは強くなるでしょう。
 
このように有効活用できるのであれば
 どんどん使用していきたい色でもあります。
ただし、
 あまりにも蛍光色が多いと先にも述べたように目が疲れてしまったり、
 お客様が疲れてしまう恐れが出てきます。
そのためよく考えて利用するようにしましょう。


 
最後に、
プレゼンにおける色の効果は
 配色によって大きく異なる効果を発揮いたします。
そのためプレゼンのスライドや資料にも使用していきたい所ですが、
 使用しすぎてしまうと見難い資料になったり、
 何を伝えたいのかが理解できなくなります。
そのため利用する際には自身が伝えたいことと合っているか、
 または自身のスライドに合っているかをよく考慮して使用してみるようにしましょう。

知っておきたい色の使用方法

伝わりやすいプレゼン資料を作成するために
 知っておきたい色の使用方法


プレゼンを行なう場合にはさまざまな資料を用いますが、
 色は文章ほどにものを言うといいます。

プレゼン資料の情報とは、
 文字と図版を中心にその他様々な要素から成り立っているのです。
中でも重要な要素のひとつが色なのです。
色が持つ特性を理解し、
 戦略的に使用することで、プレゼン資料をより伝わりやすい資料となります。

まずは、3色を使って資料を作成する

ではプレゼンで使用する資料の色についてですが、
 まず決めることは「テーマカラー」です。

テーマカラーとは
 資料全体を通じて、
 主に使う色のことです。

キャベツの話しをするなら
 テーマカラーは緑というように、

そのテーマにマッチした
 色を決めるのです。


資料全体での
 統一感が生まれます。

テーマカラーは
 原則3色です。


色を贅沢にたくさん使用する人もいますが、
 色が多いことで資料が見えづらい、
 あるいは分かりにくいものになります。

3色で少ないかというとそうでもありません。
3色でプレゼンを実施しているケースはよくあります。
慣れてきたら色を増やすのもいいとは思いますが、
 初めのうちは3色で資料づくりしましょう。

テーマカラーにする色は
 それぞれベースカラー、
 メインカラーそして
 アクセントカラーとして使用します。

ベースカラーには
 一般的に白を使います。

メインカラーは
 テーマのイメージに合うようなものを選びます。

アクセントカラーは
 テーマカラーを補完するものです。

テーマカラーを
 資料全体で一貫させる
 

色の使い方で一番大切なことは、
 テーマカラーの法則を
 資料全体で一貫して守ることです。

法則は
それが優れた法則だったとしても、
 繰り返されなければ意味がないのです。
繰り返すことによって法則性が強調され、
 読み手にプレゼン作成者の意図が伝わりやすくなるのです。
読み手に自然に思ってもらえるようになること大切です。

そして色を選択する際の注意点として、
 原色を避けるようにすることです。

日常生活の中で
 原色を見ることはごく稀です。
信号機や非常口、
 電源スイッチのランプなど、
 特に注意を払う必要のあるものだけに限って使用されています。

原色を見続けるということは、
 見る人にとってとてもきつい印象が残ります。

ですので、
原色の使用は
 基本的にはやめることをお勧めします。


そして本文には
 濃いグレーを使用することもお勧めします。


ほとんど黒が使われるはずですが、
 白いベースカラーの上に黒だとコントラストが強くなりますので、
 濃いグレーのほうが目の負担にもやさしいものとなります。

結果として目が疲れないので、
 資料もよく見てくれるはずです。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: