プレゼンで差をつける!
 7個のテクニック


1.作る前に、伝えたい内容と順番を整理
 まずは伝えなければいけないことと、
  それが伝わり安い順番を工夫しましょう。
 プレゼンにはいろいろなケースがあると思いますが、
  大まかにこんな順番で進めると説得力が高まるはずです。
20140914 p11



2.文字よりも写真
 人の脳は、
  文字を認識するよりもビジュアルを認識する方が早い!
 なので・・・文字をいっぱい書くよりも、
  ビジュアルでパチンと見せた方がいいということになります。
 ちなみに、
  文字の認識は2秒、
  ビジュアルは0.3~0.5秒で認識するそうです。
201409014 P1



3.文字のメリハリとフォント
 単調にならないように、
  伝えたい文字はうんと大きく、
  補足のような文章は小さくしてメリハリをつけてみてくださいね。
 これだけでもだいぶと見栄えが変わると思います。
 あとは、
  フォントにも工夫できるといいと思います。
 ちなみにですが、
  僕は「HGP創英角ゴシックUB/A-OTF 新ゴ/HGP明朝E」
  なんていうフォントを使って作ります。
201409014 p3



4.複雑なことほど、図表で
 スライドがテキストばっかりになった時こそ図形を使います。
 図形の使い方に自身がない、
  うまくいかないという方は
  オートシェイプから慣れるのがいいと思います。
20140914 p4



5.テキストをアイコンにしていく
 テキストで書いたことをアイコンに置き換えていくだけで
  プロのような資料になっていきます。
20140914 p5



6.枠線ベタ塗り♪
 作っていく途中で、変な空間が空いてしまった・・・
 そんな時は枠線とベタ塗りです。
20140914 p6



7.ここぞという時のデータ
 データは説得力を増すために使うものですよね。
 そして、どんな会社にも自分よりも経験が豊富な人がいるかなと思います。
 そんな時に
  「私の経験ではこれが正しい!」なんて言っても、
  年長者は納得してくれません・・・

 データがうまく使えると、
  経験や勤続年数というハンディキャップが帳消しになります。
 これぞ社会の荒波を活きるテクニックです!
20140914p7.jpg
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: