うれしい

〔嬉しい〕
  合格できて本当に嬉しい
  君に会えてとても嬉しい
  お手紙嬉しく拝見しました
  嬉しい悲鳴(=悲鳴をあげるほど嬉しいことが殺到するさま)

〔楽しい〕
  キャンプは想像以上に楽しかった
  お話楽しく拝聴しました▽楽しいことを考える

〔喜ばしい〕
  わが社の繁栄は喜ばしい限りだ
  紛争の解決は我々にとっても喜ばしいことだ


[使い分け]
「嬉しい」は、
  物事が自分の望んでいるような状態にあると感じたり、
  欲求どおりになったりして、明るく快い気持ちになるさまをいう。

「楽しい」は、
  心がうきうきするような気分であるさまをいう。
  「嬉しい」や「喜ばしい」のように、
  ある状態に対する快い気分ではなく、
  多く何かをしているときに伴うその人の心の状態をいう。

「喜ばしい」は、
  相手や他の人にとって喜ぶべき状態であることを、
  第三者の立場から歓迎していう場合に使う語。
スポンサーサイト

寂しい

「寂しい」
  満たされない気持ちである、
  ひっそりとして心細いという意だが、

「侘しい」
  心細く頼りない、
  あるいはみじめでやるせないという意。


「寂しい」には、
  「懐がさびしい」
  「口がさびしい」
   などのように、物足りないの意もある。「淋しい」とも書く。

「侘しい」には、
  「わびしい身なり」
  「わびしい村」のように、さびれている、みすぼらしいの意もある。

◆(さみしい)
  「さびしい」の変化した形。「彼女がいなくなってさみしい」

◆(もの寂しい・うら寂しい)
  「もの」「うら」は「なんとなく」「どことなく」の意味を添える接頭語。
  「ものさびしい秋の夕べ」「うらさびしい町」

愛くるしい

「いとおしい」「いとしい」
  頼りなげであったり、もろい感じを受けたりして、
  愛情を注ぎたくなる気持ちを抱かせるさま。

 例
  抱き締めたくなるほどいとおしく思う
  年がいって生まれた子は格別にいとおしい

  いとしいわが子
  彼女をいとしく思う


「愛らしい」
  特に小さなものに対して好感のもてるさま、
  それらに対して実にかわいいと感じるさま。
 
 例
  目もとが愛らしい
  愛らしい少女▽愛らしく清楚なスズランの花


「愛くるしい」
  幼い子や愛玩用の小動物などの動作や表情が非常にかわいらしい意。

 例
  彼女の目もとは愛くるしい
  愛くるしい笑顔
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: