武士道は桜、騎士道は薔薇

桜の花が
 日本の武士道を象徴する
薔薇が
 西欧の騎士道ないし哲学を象徴する



騎士道とは

 ヨーロッパの貴族階級の人達が築き上げたものです。
 馬に乗って盾とサーベルなどを使い華麗に果敢に戦うイメージがあります。
 颯爽としていて高貴な精神がそこにはあると思います。
 その盾には
  薔薇が描かれているそうです。
 気品漂う香りの薔薇。
 自ら強い香りを放ち、
  周りを引き込みます。
 つまり、
  騎士道は薔薇なのです。

一方、
武士道とは

 日本固有の精神文化として、
  今も尚日本人の心に受け継がれていると聞きます。

 勇、
 仁、
 礼、
 誠、
 名誉、
 忠義


 などの武士が守るべき道徳的徳目の作法という事らしい。

新渡戸稲造著、
 武士道の第一行には

 「武士道は日本の象徴である桜花にまさるとも劣らない、
  日本の土壌に固有の華である」とあります。

 つまり、
  武士道は桜なのです。


そこで、
 ふと気付くのですが、

薔薇
  
 鮮やかな色合い。
 薫り高い綺麗な花です。
 人々を引き付けてやみません。

 しかし、
  その裏にたくさんの
  棘を持っている。


一方
は、

 色合いも控えめでほのかな香りを漂わせる。
 
 散際も美しい。

 これと言った強力な自己主張は
  ほとんどない花です。



でも、
 日本人は桜が咲く季節は
 誰もが桜の木の下に集まります。
スポンサーサイト

花は桜木、人は武士

花は桜木
 人は武士


花の中では
 桜がもっともすぐれており、
 人の中では武士が第一であるということ。

花では
 桜の花が最も美しく、
人は
 ぱっと咲いてぱっと散る桜のように、
 死に際の潔く美しい武士が最もすぐれていることをいったことば。

※いさぎよ・い【潔】-日本国語大辞典
 風景などがひじょうに清らかである。
 よごれていない。
 清浄だ。
 また、清らかですがすがしい。



一休宗純が遺した言葉

花は桜木、
 人は武士、
  柱は桧、
   魚は鯛、
    小袖 はもみじ、
     花はみよしの


花といえば桜。
 人ならば武士。
  柱といえば桧。
   魚といえば鯛。
    小袖にはもみじが一番。
     そして、桜といえば吉野

一休宗純の生きていた室町前期に、
 花といえば桜という認識があったことに意識がむかう。
この言葉、
 一休宗純さんの言葉だともいわれているが、
 巷間口の端に上っていたような言葉を上手に彼が編集したのかも知れず、
 
今に通じる
 日本人の美意識が
 この頃から連綿と受け継がれていることに嬉しさも感じるのである。

同時に彼は
 「世の中は起きて稼いで寝て食って後は死ぬを待つばかりなり」という言葉も遺していて、
 彼の深い思索の一部を凡夫の私でも少しだけ垣間見ることができる。

そんな彼が
 「花といえば桜だろ? 人といえば武士だろ?」と言い切ってくれたことに
 日本人に生まれてよかったという爽快感すらも感じてしまうわけだ。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: