接続詞

接続詞は、
 自立語で、独立した接続の文節として使われます。

活用がなく、
 文の最初か、文節と文節の間に置かれます。

自立語で、それだけで文節をつくる点が接続助詞と異なります。
・参考書を読んだ。 けれども、 まだわからない。(接続詞)
・参考書を読んだ  けれども、 まだわからない。(接続助詞)

独立した接続の文節をつくる点が、連用修飾語になる副詞と異なります。
・風が強まり、 また、 雨も激しくなってきた。(接続詞)
・また、 雨が強くなってきた。(副詞)


接続詞の分類

接続詞には、
 A→B(AがあってB)タイプ
 (Aが起こってからBが起こる。順接、逆接がこのタイプ)

 A・B(AとB)タイプ
 (2つのものが対等に並ぶ。並立、添加、選択、説明、転換がこのタイプ)

 2つの種類があります。


順接…前の出来事から当然の結果が起こったことを示す

○一般的な順接(それから、すると、そこで、・・・)

・起きた。     それから 、 顔を洗った(時間の順)
・起きた。     すると、   外は雨だった。(時間の順)
・物音がした。   そこで、   外に出てみた。(前提と行動)
・時間ですね。   では、    帰ります。(前提と行動)
・時間ですね。   それでは、  失礼します。(前提と行動)
・宿題をしていない。それなら、  残ってください。(前提と行動)

○原因・理由(だから、それで、その結果、したがって、・・・)

・勉強をした。だから、よい点がとれた。
・勉強をした。それで、よい点がとれた。
・勉強をしなかった。そのために、成績が下がった。
・勉強をしなかった。その結果、成績が下がった。
・実験で立証できなかった。したがって、その仮説は誤りだといえる。

逆接…前の出来事から普通生ずることとは反対の結果が起こったことを示す

○一般的な逆接(しかし、けれども、だが、・・・)

・勉強はした。しかし、テストの結果は悪かった。
・ゲームを買った。けれども、する時間がない。
・試験会場に出かけた。だが、受験はしなかった。
・テストの日が迫ってきた。だけど(でも)、まったく自信がない。

○予想に反する結果(ところが、・・・)

・時間内に全問解くことができた。ところが、点数はよくなかった。

○原因に反する結果(それなのに、それにもかかわらず、・・・)

・寝不足だ。それなのに、頭はさえている。
・寝不足だ。それにもかかわらず、元気一杯だ。
・寝不足だ。それにしては、眠くない。

○条件に反する結果(それでも、・・・)

・外は激しい雨だ。それでも、出かけないといけない。
・雨の予想はしていた。それにしても、これほどの豪雨とは思わなかった。

並立…同等なものを平等に並べる(そして、および、ならびに、また、かつ、・・・)

・健康的で、そして、明るい。
・試験科目は数学および英語である。
・東京、名古屋、ならびに大阪で開催します。
・よい教師であり、また、よい学者でもある。
・東京は政治の中心地であり、かつ経済の中心地でもある。

添加…主なものに何かをつけ加える(しかも、さらに、それに、そのうえ、・・・)

・男らしく、しかもやさしい。
・彼は成績がよい。さらに、人柄もすばらしい。
・値段は安いし、それに長持ちする。
・頭がよい、そのうえスポーツもできる。
・シャツを買いたい、それからシャツに合うネクタイも欲しい。

選択…AかBの、どちらかを選ぶ(それとも、あるいは、または、もしくは、・・・)

・コーヒーがいいですか、それともお茶がいいですか。
・卒業生は4年制大学か、あるいは短期大学に進学します。
・ペン、またはボールペンでご記入ください。
・ライス、もしくはパンをご注文ください。

説明…後で説明をつけ加える

○補足の説明を加える(ただし、もっとも、なお、ちなみに、つまり、例えば、・・・)

・18歳以上の方は入場できます。ただし、高校生は入れません。
・失敗の原因は努力不足だ。もっとも、体調不良も影響している。
・これで説明を終わります。なお、資料は自由にお持ち帰りください。
・彼の好物は肉です。ちなみに、私は野菜が好きです。
・料理は食材で決まる。つまり、材料の新鮮さが命なのだ。
・数学は基礎が大切だ。例えば、計算力がないと応用問題も解けない。

○理由の説明をつけ加える(なぜなら、というのは、・・・)

・彼は出席できない。なぜなら、その資格がないからだ。
・彼は無理に出席した。というのは、
  会議の内容が彼の利害に影響するからだ。

転換…話題を転換する(ところで、さて、では、それはさておき、それはそうと、・・・)

・もうすぐ卒業だね。ところで、卒業後の進路は決まりましたか。
・授業がやっと終わった。さて、放課後、何をしようか。
・対頂角が等しいことはわかった。では、同位角はどうだろう。
・A君の結婚式にはB君もC君も来たよ。
  それはさておき、君たちはいつ結婚するんだ。
・商売繁盛で何よりだ。それはそうと、東京にはいつ来るのかな。


接続詞の文章中における働き

接続詞は、同じ言葉のくり返しを省くためにうまれました。
(例:
  私はがっかりしました。
  がっかりしたのでそこに座り込んでしまいました。
  →私はがっかりしました。それで、そこに座り込んでしまいました。)

 接続詞を用いることで、くどくない、わかりやすい文章になります。

古文ではあまり接続詞は使われませんでした。
だから、古文の一文は長い。
現代文は一文が短い。
そのため、文との文との関係、
 筋道をはっきりさせるのに接続詞を多用するようになりました。
接続詞を効果的に使うことで、
 論理的に矛盾のない文章を書くことができます。

接続詞には話し手の判断が加わっています。
接続詞にこめられた話し手の判断を推測することで、
 私たちは文章を正しく読み取ることができます。
スポンサーサイト

接続詞の使い方

長い文章を書き慣れていない人に多いのが、
 「書いているうちに自分で何を言いたかったのかわからなくなってしまった」という状態です。

書いていてそういう状態に陥りそうだなと思ったら、
 いったん「他人に考えを伝える」ことは置いておき、
 「自分が考えをまとめる」ために書くことに徹するべきです。

その際に注意すべきことは、
 接続詞の使い方です。

文章を書く際に、たいてい多くの人は、
 思いつくことから順番に書いていくと思います。
そうすると、
 自分の書いた文に刺激されて、
 新しく書きたいことが頭のなかで閃きます。

そしてその新しく閃いたことを、
 また思いつくままに書いていく。
こうして書いていくことで、
 「自分が考えをまとめる」ことができるはずなのですが、
 「何を言いたかったかのかわからなくなってしまう」のは、
 接続詞の使い方が誤っているか、
 不要な接続詞を使ってしまっているせいであることが多いのです。


よく使われる接続詞を分類すると、

順接型  全文の内容を条件とするその帰結を後文に述べる型。
    だから・それで・そこで・そのため・すると・その結果  など

逆接型  前文の内容に反する内容を後文に述べる型。
    しかし・けれども・だが・それなのに・ところが・それが など

添加型  前文の内容に付け加わる内容を後文に述べる型。
   そして・それから・それに・さらに・しかも・また など

対比型  前文の内容に対して対比的な内容を後文に述べる型。
   いっぽう・逆に・それとも・または・あるいは など

転換型  前文の内容から転じて、別個の内容を後文に述べる型。
   ところで・さて・では・ともあれ・それはそうと など

同列型  前文の内容と同等とみなされる内容を後文に重ねて述べる型。
   すなわち・つまり・要するに・せめて・とりわけ など

補足型  前文の内容を補足する内容を後文に述べる型。
   なぜなら、というのは、だって、なお・ちなみに など

連鎖型  連鎖型前文の内容に直接結びつく内容を後文に述べる型。


の8つのグループになります。


さらに別の視点から、

対等の接続  さまざまな意味あいで語句を並べ立てる。
   そして・また・さらに・しかも・つまり・すなわち など

承前の接続  前件を前提ないしは先行条件として、後件に結びつける。
   すると・それから・ならば・でなければ・だから・なぜなら・しかし・でも・
   ところが・たとえば など

転換の接続  それまでの文脈や話線を断ち切って、新しい話題を切り出す。
  とにかく・ともあれ・さて・ところで・それで・では など

さらに、

反予想型  もっとも・ただし・でも・ところが・だが・しかし など

確認型  ようするに・つまり・すなわち・なぜなら・とにかく など

順接型  それで・そこで・だから・そのため・したがって・すると など

新話題型  では・それでは・ところで・さて・たとえば など

累加型  それから・そして・しかも・さらに・また・いっぽう など

対比型  それとも・あるいは

といった機能からの分類もできます。
これらの分類を見ると、
 何となく分かったような気になり、
 接続詞の使い方は簡単なように思えるのですが、
 実際に使うとなると大変難しいのです。


学校の試験で次のような問題が出されたとした、
 どのような接続詞を使うのでしょうか。

メロンは値段が高い。(      )味はいい。

可能性として考えられるのは、
 「だから」、「しかし」でしょう。

「だから」は順接、
「しかし」は逆接の接続詞とされていますので、
 全く反対の性格を持つものです。

しかし
 両者社とも間違いとはいえません。

では、

メロンは値段が高い。(      )味はいい。
メロンは値段が高い。(      )味はわるい。

この問題では「しかし」が使えます。
文章の意味は正反対ですが、
 使える接続詞は同じになります。
もし接続詞が単純に論理的なもので、
 前の文と後の文の文脈で使う接続詞が決まるのであれば、
 このような問題は発生しません。
だからといって接続詞が非論理的なもの、
 ということではありません。
接続詞の前提となる論理は複数あり、
 どの論理を採用するのかは書き手に掛かっているということです。

このように、
 どの接続詞を選択するのか、
 という問題に加え、
 どの位置に接続詞を挿入するのかという問題があります。

接続詞の入る場所によって、
 文章そのものの分かりやすさが変わってくるからです。

「すなわち」が使われている読み手は、
 「直前の文章の要約、あるいは言い換え」と考えるし、

「たとえば」があれば
 「例題がくる」と考えます。

このように接続詞は単に文と文を繋ぐだけでなく、
 先行文脈と後続文脈の関係を明示する関係構成機能を持っているのです。

分かりやすい文章、
 読みやすい文章を書くとき注意しなければならないのは、
 どの接続詞を使うのか、ではなく、
 
 何処に使うのか、
  に視点を置く必要があります。

接続詞


順接・・・・・ 前のことがらが原因・理由となり、その当然の結果が後にくる。

  だから、すると、それで、そこで、よって、それゆえ、したがって、ゆえに


逆接・・・・・ 前のことがらと対立するようなことがらが後にくる。

  しかし、ところが、でも、けれど、だが、だけど、だけれど、
  だけれども、けれども、けど、
  それでも、が、それなのに、しかしながら、だって、だのに、ですが


並列・・・・・ 二つ以上のことがらを対等に並べる。

  また、そして、それから、ならびに、および


添加・・・・・ 前のことがらに新しいことがらをつけ加える。

  そして、また、それから、そのうえ、それに、しかも、さらに、なお、おまけに、かつ


選択・・・・・ 前のことがらと後のことがらのどちらかを選ぶ。

  それとも、あるいは、または、もしくは、ないしは、かつ


説明・・・・・ 理由や説明などを補(おぎな)う。(補う:不足を満たす)

  なぜなら(理由・根拠)、つまり、すなわち、ようするに(換言~言いかえること)、
  たとえば 、言わば(例示・比喩)、ただし、もっとも、なお(補足)


転換・・・・・ 話題を変える。

  さて、ところで、では、ときに、そもそも、それでは


順接

  そして、そうして、それから、そこで、それで、しこうして、
  しかして、もって、続いて、引き続き、  受けて、さらに、つぎに、
  それどころか、それに、しかも、ひいては、なお、ただし、ただ、
  そればかりか、ば、と、すると、が、ところ、てみると、てみれば、しては


並列・追加

  また、または、再び、重ねて、および、あるいは、もしくは、
  それとも、うえに、そのうえ、あまつさえ、おまけに、に限らず、
  のみならず、さらに、同様に、同じく、ながら、たり、とか、や、
  だの、やら、か、なり


限定・確認

  だけで、ばかりで、しか、のみ、きり、ほか、以外、まで、ただし、
  ただ、なお、もっとも、ちなみに、もちろん、元より、当然、まさに


時間・歴史

  まもなく、やがて、それから、そうすると、そうしたら、すると、
  とたんに、瞬間、続いて、引き続き、受けて、前、後、同時、
  様(ざま)、とき、と、やいなや、そばから、かと思うと、
  が早いか、かと思えば、かと思う間もなく、かとみれば、ままで、
  したとたん、して


空間・社会

  その前、前方、手前、後ろ、後方、隣、続いて、接して、奥、
  向こう、彼方、あちら、こちら、上、上部、上側、下、左、右、
  周り、周囲、周辺、あたり


逆接
  が、だが、しかし、ところが、けれども、それでも、しかれども、
  しかしながら、されど、しかるに、でも、さりとて、そのくせ、
  といえども、これに反して、のに、ても、ながら、(なる)とも、
  にしては、わりには、にしても、としても、とはいえ、からといって、
  したところで、にしたって、にしろ、にせよ、とはいっても、
  とはいうものの、ものを、しようが、しようと、しないまでも、
  といわず、するも、むしろ、かえって、いっそ


展開
  やがて、さて、ところで、たとえば、さらに、に限らず、
  のみならず、かと思うと、かと思えば、かと思う間もなく、
  かとみれば、一方、反面、こちらでは、むこうでは、あちらでは、
  どちらかといえば、むしろ、かえって、いっそ、それはさておき、
  それはともかく、閑話休題、翻って、ついては、そもそも、さても、
  思えば、案ずるに、まして、いわんや、さらでだに、ですから、されば

仮定・条件
  もし、かりに、たとえ、よしんば、ば、たら、なら、とすると、
  とすれば、しからば、かぎりは、に拘わらず、といえども、
  ことには、ては、してみると、してみれば、してみたら、
  くせに、のに、ところが、まさか、よもや、ひょっとすると、
  それであれば、それでなければ、しては、しようものなら、しようことなら

収束
  結果、結局、とどのつまり、つまり、だから、したがって、
  よって、ゆえに、それゆえに、すなわち、それでは、それなら、
  要するに、それがため、なぜなら、それにつけても、かくて、
  されば、さすれば、それでは、では、そうしたら、それなら、
  しからば、所詮、詮ずるところ、つまるところ、いわば、
  結論をいえば、中んずく、当然、まさに、とすれば、すえに、
  ところ、あげく、こうして、ので、から、からは、からには、
  うえは、以上は、かぎりは、にせよ

原因・結果・理由
  おかげで、それゆえ、だから、なぜなら、なんとなれば、だって、
  せいで、せいか、ために、ので、から、だけに、だけあって

接続詞一覧

【原因・理由】
だから
午後から雨らしい。だから、傘を持って行った方がいいよ。

それで
昨日は飲み過ぎた。それで、今日は二日酔いだ。

そのために
JRで事故があった。そのために、電車が遅れている。

その結果
毎日練習した。その結果、スキーが上手になった。

したがって(従って)
本日は講師が休みだ。したがって、休講になった。

【時・条件・場面】
それから
お風呂に入った。それから、寝た。

すると
カーテンを開けた。すると、外は雪が降っていた。

そこで
玄関のベルが鳴った。そこで、私はドアを開けた。

では/じゃ
では、私はこれで失礼します。

それでは/それじゃ
「暑いね」「それじゃ、クーラーをつけよう」

それなら
「道路が渋滞だそうだ」「それなら、電車で行こう」

だったら
食べないの?だったら、僕がもらうよ。

【相手の話を聞き出す】
それで
「昨日が合格発表の日だったんだ」「それで、どうだった?」

それから
ね、それから、どうしたの?

【一般的な逆説】
しかし
彼は勉強ができる。しかし、スポーツは全然駄目だ。

けれど(も)
この製品は安い。けれども、品質が悪い。

だけど
パソコンを買いたい。だけど、金がない。

だが
10時に会う約束した。だが、彼は来なかった。

でも
和食は好きです。でも、納豆はまだ食べられません。

【予想外の結果】
ところが
彼は強そうに見えた。ところが簡単に負けてしまった。

それが
午前中は晴れていた。それが午後から急に雨が降り出した。

【原因・理由の逆説】
それなのに
もう四月だ。それなのに、まるで冬のような寒さだ。

それにもかかわらず
彼は肝臓が悪い。それにもかかわらず、毎日酒を飲んでいる。

それにしては
「彼は大学生だそうだ」「それにしては漢字を知らないねえ」

【条件の逆説】
それでも
そこは非常に危険な場所です。それでも、行くんですか。

それにしても
「彼、遅れると言ってたけど」「それにしても、遅すぎるよ」

【並立の接続詞】
そして
とても明るく、そして、美しい女性だった。

および
この劇場内では飲食、および喫煙は禁止されている。

ならびに(並びに)
ここに住所、氏名、ならびに電話番号を記入してください。

また
彼は政治家であり、また小説家でもある。

かつ(且つ)
東京は政治の中心地であり、かつ経済の中心地でもある。

【添加の接続詞】
しかも
この靴は軽くて、しかも、丈夫だ。

それに
この店の料理は安いし、それに、とてもおいしい。

その上
彼は成績もいい。その上、スポーツも万能だ。

それから
パソコンが欲しい。それから、車も欲しい。

【選択の接続詞】
それとも
コーヒーにしますか。それとも、紅茶にしますか。

あるいは(或は)
京都へ行くにはバス、あるいは新幹線が便利です。

または
ボールペンか、または万年筆で記入してください。

もしくは(若しくは)
日本語、もしくは英語でサインしてください。

ないしは
応募資格は大学卒業者、ないしはそれに準ずる者。
書類は持参ないしは郵送のこと。

【補足説明に使う接続詞】
ただし
いくら食べても無料です。ただし、制限時間は一時間です。

もっとも
明日の社会見学には全員参加してください。もっとも病気などの場合は別ですが。

なお(尚)
事件の概略は以上述べたとおりです。なお、詳細は資料を参照してください。

ちなみに
燃えるゴミは月曜日、木曜日に出してください。ちなみに、燃えないゴミの日は水曜日です。

【理由を後で説明する接続詞】
なぜなら
今は公表できない。なぜなら、まだ検討中だからだ。

というのは
今度の旅行には行けないんだ。というのはその日が息子の受験の日なんだ。

だって
「どうして食べないの」「だって、おいしくないんだもの」

【話題転換の接続詞】
ところで
もうすぐ今年も終わるね。ところで、正月は田舎へ帰るの?

さて
これで今日のニュースは終わります。さて、明日の天気ですが、晴れるかな?
さて、どうしよう。

そう言えば
そう言えば、李君、今どうしているんだろう?

それはそうと
今年の冬は寒いですね。それはそうと、娘さんの受験、もうすぐじゃありませんか。

それはさておき
いろいろ話したいこともあるが、それはさておき、本題に入ろう。

【断定の接続詞】
必ず ⇒たしかに【確かに】 ⇒どうしても
どんなことがあっても、必ず行きます。
いつかそういう日が必ず来る。

接続詞の使い方に注意

接続詞の使い方に注意

「そのうえ」
「さらに」
「しかし」

など、接続詞で文章をつなぐと、
 めりはりのない文章になりがちです。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: