屋久島

2013年7月26日

鹿児島県


年間30万人以上が訪れる世界自然遺産、屋久島。奥深い山と巨大な屋久杉の森は、多くの登山者の心を惹きつけています。原始の森が残ると名高い屋久島ですが、かつては大規模な林業が行われ、島の人々の生活を支える大切な場所でした。そしてその山の文化は、今も脈々と受け継がれています。
山の神を敬い山頂まで詣でる岳参り(たけまいり)。山中につくられた神の世界と人間の世界の境界線。そして林業の村として山中で栄え、今は閉鎖された集落跡で行われる元住人たちのお花見会-。
世界遺産に登録されて20年目になる屋久島。「観光の島」の陰で、今も山を敬い山と共に暮らす人々をみつめます。

<オムニバス項目(抜粋)>
●3つの梅雨・・・高い山々が育む雨。屋久島には三度の梅雨が来る。島の暮らしと共にある雨。
●水路の里・・・山の水を引いた生活水路。野菜を洗ったり農具を洗ったり。ウナギも顔を出す。
●山のお花見会・・・昭和45年に廃村となった山中の林業集落。元住民が行うお花見会。
●山の神の日・・・1年に3度ある「山の神の日」。この日に山に入ると恐ろしいことが…。
●岳参り・・・山の神を敬い山頂の祠に1泊2日で参詣。巨木の森を抜け、神々しいご来光へ。

スポンサーサイト

九十九里

2013年9月13日

千葉県


果てしなく続く白い砂浜と海、そして、打ち寄せる波・・・。東京から1時間ほどで訪れることができるのが、全長約60キロメートルの九十九里。九十九里は、やはり夏が似合います。
日本最大の水揚げを誇るイワシ漁。その魚群を呼吸を合わせて追い詰める、固い絆の海の男たち。かつて「おっぺし」と呼ばれた浜の女性たちは、いつの時代も笑いを絶やさず、漁に出る夫を支えてきました。
豪快な自然に育まれた、あけっぴろげで、情に篤く、エネルギッシュな人たち。そんな九十九里の暮らしを訪ねる、ひと夏の物語です。

<オムニバス項目(抜粋)>
●イワシを追って・・・集団で力を合わせる、九十九里のイワシ漁。漁師たちの強い絆。
●父と子のハマグリ・・・夏だけ解禁されるハマグリ漁、伝統の漁具で競い合う名人と息子。
●陽気な浜の女たち・・・かつては夫の船を海に押し出していた女たちは、今も浜の主役
●石を積む・・・荒波が削った石を重ねる伝統の塀。震災で崩れた先祖伝来の石垣を積み直す。
●海と陸の絆・・・大漁と安全を祈願する農村の祭り。海辺へ移り住んだ兄弟たちへの祈り。

大阪 通天閣と新世界

2013年9月20日

大阪府


大阪のシンボル「通天閣」とその下に広がる「新世界」― この地域の開発が始まったのは、今から100年前。内国勧業博覧会の跡地に、エッフェル塔を模した通天閣が建てられたのを機に新世界の街は生まれ、“大衆の楽園”として賑わってきました。
近年は串カツブームで、他府県から観光客が押し寄せる一方、昔ながらの立ち飲み屋さんでは、人情味あふれる接客でのれんを守り続けています。
娯楽では、「ふたりっ子」の舞台ともなった通天閣歌謡劇場に、年配層のファンが詰めかけ、“通天閣の女王”“平成の歌姫”などの愛称を持つ濃い歌手たちがステージを彩ってきました。しかし、今年6月末で劇場が閉鎖されることとなり、新世界から名物が一つ消えようとしています。
お高くとまらず、どこか懐かしく。誰もが安く熱狂して楽しめる“大衆の楽園”。新世界をこよなく愛し往来する人々の情景を描き、“ディープ大阪”の世界へとあなたを誘います。

●ジャンジャン町・・・個性で勝負!串カツ戦争。立ち飲み屋の名物オカン。安くておいしくて、心温まる新世界の街角。
●通天閣歌謡劇場・・・6月で閉館、女王や歌姫たちの最終公演までを密着取材。
●浪速の恋・・・昔から通天閣はデートスポット。ここで結ばれた額縁店夫婦の恋物語。
ほか

南国土佐

2013年10月4日

高知県


平均気温は17度以上。強い日差しと年3000ミリという全国一の雨量を同時に誇る南国、土佐。晴れか、雨か、はっきりとした気候の中で土佐の人は、独特の気性を育んできました。
いまも土佐の男は「イゴッソウ(頑固者)」、女は「ハチキン(男勝り)」。思い込んだら一直線の個性豊かな男女が分け隔てなく楽しむ土佐の宴席。知らない人とも盃を酌み交わし、すぐに意気投合。南国土佐ならではのユニークなしきたりが脈々と息づいています。
そして、土佐の人たちが全精力を傾ける、「よさこい祭り」。8月上旬の祭りにむけて梅雨が明けると街は祭り一色に。南国土佐の人々の夏の営みを描きます。

<オムニバス項目(抜粋)>
●酒文化…昼の11時から営業、土佐の飲兵衛の「聖地」とされる居酒屋
●日曜市…歴史は日本最古の300年。土佐のハチキンに出会える青空マーケット
●かつおソムリエ…甘味と酸味の絶妙なバランス、カツオの奥深い世界を探求する男性
●土佐金…土佐のイゴッソウでないと育てられないとされる、金魚の女王。
●よさこい祭り…南国土佐の一番熱い日。観客も踊り子も一体に、祭りを楽しむ。

鯖街道

2013年10月11日

京都府 福井県


若狭の海と、京の都を結んできた「鯖街道」。リアス式海岸が続く福井県若狭地方は、海産物の宝庫と言われています。その一つである小浜は、飛鳥・奈良時代から朝廷に塩漬けした魚介類を献上してきた浜として有名です。若狭から運ばれた鯖が、京へ到着する頃には、ちょうど良い塩梅になったことから、その道はいつしか「鯖街道」と呼ばれるようになりました。小浜から京都まで十八里、およそ70キロの険しい道、鯖街道を若狭から運ばれた鯖は、京へ着くと鯖寿司や京懐石に姿を変え華開きます。海が遠い京都の人にとって若狭からの魚介類は何よりの御馳走でした。
「鯖街道」が運んだものは海の幸だけではありません。美しい里山を抜ける街道は、人々の往来と共に、さまざまな文化や習わしを伝え、人と人、縁を結んだ道でもありました。
海と山、そして都、人と人をつないだ街道の物語です。

<オムニバス項目(抜粋)>
●鯖街道を走る ~全行程76キロ、標高800メートルの山を三つの峰を越えるハードなマラソン。特別な想いを持ちながら走るランナーたちの挑戦
●おっさんたちのロマン ~かつて清流で知られた宿場町熊川。その恵み「蛍」を再び、と願う地域の人々の熱い思い
●そば屋の嫁入り ~福島県から滋賀の山里にあるそば屋に嫁いだ女性の奮闘
●七衛門とお地蔵さん ~京都の山里、広河原にかつて魚を売りに来ていた行商 七衛門と地元の人達との物語

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: