尸 (3画) しかばね、しかばねかんむり
  音読み   「シ」
  訓読み   「しかばね」「かたしろ」
  意味   しかばね。死体。 かたしろ。祭りのとき神の身代わりとなる者。
      
※尸は、お尻という意味もある

尻 訓読み  「しり」
  意味 しり。臀部。


尿 音読み  「ニョウ」
  意味   いばり。ゆばり。小便。
  ※お尻から出てくる水だから尿となって

屁 音読み  「ヒ」
  訓読み  「へ」
  意味   へ。おなら。
  ※比は人が二人並んでいるという字です。
   尸の付いた比とは山と山の間を意味する。
   そこからもれてくるから屁です


尾 音読み  「ビ」
  訓読み  「お」
  意味   お。しっぽ。後ろ。すえ。終わり。
  ※お尻にはえている毛ですから尾です

居 音読み  「キョ」
  訓読み  「いる」
  意味  いる。すわる。その場所に落ち着く。 おく。すえる。
  ※古は固定させるから居となった。尻を固定させるところから居となる
   隠居 住居

屈 音読み  「クツ」
  意味  かがむ。まがる。 くじく。くじける。
  ※身体を曲げてお尻を出すから屈になる

屍  音読み  「シ」
   訓読み  「しかばね」
   意味  しかばね。死体。亡骸。

屎  音読み  「シ」
   訓読み  「くそ」
   意味  くそ。大便。
   ※屎は、その主成分が米だから、この字になった
   ※糞とも書くがこれは、米が異なる形になって出てくるからこの字になった

糞   音読み  「フン」
    訓読み  「くそ」
    意味 くそ。大便。 汚れをのぞく。 汚いもの。
スポンサーサイト

1.偏(へん)

偏(へん)は
 漢字の左側に位置する部首です。

 これは全ての部首の中で最も種類が多いです。


さんずい 氵 
 水部
 水の流れを表したもので、
  水に関する漢字に用いられる。

  池、沖、河、沼、油、洗、浴、洋、浸、混、深


にんべん イ
 人部
 人間に関する漢字に用いられる。
  仏、休、作、住、伸、体、使、係、信、借、像


きへん 木
 木部
 植物や木に関する漢字に用いられる。
  机、札、材、松、杉、檜、柱、栓、株、桃、梅


てへん 扌
 手部
 手や手の動作に関する漢字に用いられる。
  投、抜、押、推、探、捜、指、持、拾、捨、振


いとへん 糸
 糸部
 糸や織物に関する漢字に用いられる。
  紙、納、終、組、絵、経、絶、絞、絹、網、綿


ごんべん 言
 言部
 言葉や話す動作に関する漢字に用いられる。
  誘、証、詞、誇、詩、語、説、詠、読、請、許


かねへん 金
 金部
 金属に関する漢字に用いられる。
  銀、鉄、鋼、鉛、銃、鉱、釣、針、釘、錆、鎧


こざとへん 阝
 阜部
 阜の字を崩したものである。
  阻、院、降、陣、陳、階、陶、険、陸、隆、隊


りっしんべん 忄
 心部
 気持ちや感情を表す漢字に用いられる。
  情、悔、怪、性、忙、快、怖、悟、惨、慎、愉


つちへん 土
 土部
 土に関する漢字に用いられる。
  地、城、埋、堀、場、塀、塩、塊、壊、壌、坂


にくづき 月
 肉部
 体に関する漢字に用いられる。
  肌、腸、肺、臓、胎、胞、脈、腹、腰、膜、胸


おんなへん 女
 女部
 女性に関する漢字に用いられる。
  妃、妊、姉、妹、娘、婚、婿、嫁、嬢、嬌、好


のぎへん 禾
 禾部
 穀物に関する漢字に用いられる。
  秋、種、稲、穂、積、穫、科、私、秘、税、移


ぎょうにんべん 彳
 彳部 (てきぶ)
 彳は少しずつ歩くという意味。
  往、復、征、徒、徴、徹、微、役、彼、後、従


くちへん ロ
 口部
 口の動作などに関する漢字に用いられる。
  呼、吸、叫、唱、喉、咽、叶、噴、味、吟、吐


いしへん 石
 石部
 石に関する漢字に用いられる。
  研、砲、砂、砕、硬、硝、確、礎、硯、磯、礫


けものへん 犭
 犬部
 獣に関する漢字に用いられる。
  狂、猿、猫、狼、狩、猛、猪、狭、獲、猟、独


にちへん 日
日部
太陽や気象に関する漢字に用いられる。
 晴、明、晩、暇、暖、曜、昨、晒、曖、映、暁


しめすへん ネ
示部
神事に関する漢字に用いられる。
 祖、福、礼、祥、社、祝、神、禅、祈、祐、祉


とりへん 酉 
 酉部
 酒に関する漢字に用いられる。
  酌、酔、酪、醗、酵、酢、酢、酸、配、醜、醸

漢字の部首

部首の分類
漢字の部首は
 大きく次の七種類に分けることができる

 偏(へん)
 旁(つくり)
 冠(かんむり)
 脚(あし)
 構(かまえ)
 垂(たれ)
 繞(にょう)

偏(へん)は
 漢字の左側に位置する部首です。

 これは全ての部首の中で最も種類が多いです。


旁(つくり)は
 漢字の右側に位置する部首です。


冠(かんむり)は
 漢字の上側に位置する部首です。


偏(へん)は
 漢字の下側に位置する部首です。


構(かまえ)は
 漢字全体を包むように位置する部首です。


垂(たれ)は
 漢字の上側からした側に垂れ下がるように位置する部首です。


繞(にょう)は
 漢字の左側から下側に沿うように位置する部首です。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: